発炎筒と三角標示板は常備してる?事故対応マニュアルを一挙に紹介

 
発煙筒と三角標示板は、トラブルが起こった際に必要となる大切な道具です。特に事故が起きた際などはパニックになりがちですが、落ち着いて正しく使いましょう。今回は発煙筒と三角標示板の役割と使い方について解説していきます。万が一の事故に備えて覚えておくと良いかもしれません。

発炎筒と三角標示板は常備するべき道具

発煙筒・三角標示板

画像出典:wikipedia.org

発煙筒と三角標示板は、トラブルが起こった際に必要となる大切な道具です。特に事故が起きた際などはパニックになりがちですが、落ち着いて正しく使いましょう。今回は発煙筒と三角標示板の使い方について解説します。

発炎筒と三角標示板の役割

発炎筒は棒状の発火材です。後続車に対して「前方に危険・障害物がありますよ」ということを知らせるために使います。発炎筒は使用すると5分以上燃焼し続けます。そして日中なら600m以上、夜間では2km以上離れた場所から炎と煙を視認することができます。

三角標示板は赤い反射板のついた正三角形の標示板です。後続車に対して「前方に事故車両がありますよ」ということを知らせるために使います。ともに似た用途であるため、同時に使われるケースもよくあります。

車にトラブルが発生した際の流れ

事故

画像出典:flickr

1.ハザードランプを点灯させて路肩に寄せる

車にトラブルが発生した際にはハザードランプを点灯させ、できるだけ路肩に寄せましょう。橋やトンネルなど路肩スペースが無い場合には、可能な限り広い所まで自走します。

2.三角標示板を車両後方に置いて発炎筒を使用する

同乗者を避難させた後に、三角標示板を車から50m以上後方に置いて発炎筒を使用します。燃料漏れの際には引火の危険があるため、発炎筒を使ってはいけません。

3.ガードレールの外側などへ避難

同乗者とともにガードレールの外側へ避難します。橋や高架など外側に避難できない場合には、車から離れてガードレールに身を寄せます。注意点として、もし車が追突された場合に巻き添えにならないよう、車より後方へ避難しましょう。

4.非常電話や携帯電話で救援依頼をする

1kmおきに設置してある非常電話や携帯電話で救援依頼をします。携帯の場合は場所が特定できるように、路肩にあるキロポストの数字を伝えましょう。なお非常電話で連絡した場合も、そのままJAFなどに救援依頼ができます。

発炎筒の使い方

1.設置場所を確認しておく

発煙筒

いざという時にすぐ使用できるよう、発煙筒の保管場所は常日頃から確認しておきましょう。

2.本体をひねりながら抜く

発煙筒

画像にあるように、本体をひねりながら抜きます。

3.キャップを外す

発煙筒

キャップを外します。ここには発火に使うすり薬が付いているため、丁寧に扱いましょう。

4.発火させる

発煙筒

画像出典:jaf

先端の発火部分をすり薬で擦ることで発火します。この時、火が自分にかからないよう持ち方に注意しましょう。

発煙筒は有効期限に注意

発炎筒には有効期限があります。目安として、四年使わなかったものは破棄して新しいものに取り替えましょう。

画像出典:youtube

三角標示板の使い方

三角標示板

画像出典:indiamart

1.パーツを組み立てる

三角標示板はパーツを組み立てるだけで完了です。発煙筒とは異なり手順は簡単です。

三角標示板の条件は道路交通法で定められている

三角標示板は、三角形であれば何でも良いというわけではありません。三角標示板の条件について道路交通法では以下のように定められています。

1.正立正三角形の反射部があること
2.200m離れた所からでも反射していることが分かること
3.反射光の色は赤色であること
4.道路上で垂直に立てることができること

三角標示板を使用する際には、上記の条件を満たすものを使用しましょう。現場で慌てないように一度組み立てる練習をしておくことをおすすめします。

画像出典:youtube

【注意】三角標示板は標準装備されていない

三角標示板は、携帯を義務付けられている発煙筒とは異なり、車両に標準装備されていません。そのため、三角標示板をカー用品店などで購入する必要があります。新車を購入する方は、三角標示板がセットになった「エマージェンシーキット」をオプションで装備しておくと良いでしょう。

発炎筒と三角標示板についての口コミ

まとめ

事故や故障が起こらないよう気を付けて運転しても、道路上では何が起こるか分かりません。特に高速道路上は大変危険です。もし高速道路上でトラブルが起こった際には、決して自分で作業せずに救助隊の到着を待ちましょう。皆さんも、車に発炎筒と三角標示板が装備されているか、また発炎筒の期限は切れていないかなど改めて確認しましょう。

事故に関連するまとめ記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする