トヨタが生んだ伝説の名車も!時代に名を刻んだ歴代スポーツカーまとめ【トヨタ編】

 
日本の自動車メーカーが販売するスポーツカーは世界から名声を得ているも多数モデルが多く存在しますが、今回はその中トヨタ自動車が販売をした世界に名前を轟かせた歴代スポーツカーを一挙まとめてみました。

日本が世界に誇るハイブリッドカー「プリウス」を始め、国内でもファミリー層向けのコンパクトカーやミニバンといったモデルが不動の人気を誇るトヨタ自動車。最近ではどちらかと言えばポップなイメージが強いこともあり、他社に引けを取らない性能を持つスポーツカーを誕生させてきたことを実はあまり知らないという世代も多いようです。そんな今回は、トヨタが生んだ歴代のスポーツカーを一挙にご紹介していきます。

トヨタ スポーツカー

画像出典:japanbullet

トヨタ「スポーツ800」

スポーツ800

画像出典:wikipedia

1965年にデビューしたトヨタ初の市販スポーツカー「スポーツ800」は、タルガトップのような着脱式のルーフを装備し、オープンタイプとクローズドクーペの2パターンを1台で楽しむことが出来るのが特徴です。加えて、コンパクトかつ愛くるしいボディスタイルが人気を呼び、後に「ヨタハチ」という名称で多くの人に愛されてきました。開発当初は「パブリカ・スポーツ」という名で製造され、パブリカ用エンジンを高性能にするためにボディパネルやボンネットなどにアルミ素材を使用し、車体重量わずか580kgの軽量化を実現。販売当時の価格は59.5万円と小型スポーツカーとしては安い価格となり、販売台数は3,131台(累計)となっています。

参考動画

トヨタ「2000GT」

2000GT

画像出典:wikipedia

「2000GT」は、オートバイメーカーであるヤマハ発動機が生産と開発を主に行い、トヨタブランドとして販売したスポーツカーです。日産「フェアレディ」やホンダ「Sシリーズ」といったライバル車と対抗する形で1967年にデビューし、スポーツカーブームの遅れを巻き返すために投入したと言っても過言ではありませんでした。また、完全なる自社開発ではないためトヨタブランドとして投入されることも批判を浴びましたが、ローズウッド製のインストルメントパネル及びステアリングといった個性的な内装が特徴的であり、トヨタのスポーツカーとして今でも人気の高いモデルとして君臨しています。

参考動画

トヨタ「セリカ」

セリカ

画像出典:wikipedia

1970年に登場した「セリカ」は日本初のスペシャリティカーとして人気を博した一台です。ダルマのような丸みを帯びたボディスタイルが印象的であることから「ダルマセリカ」、「ダルマ」といった名称で愛されていました。この「セリカ」はエンジンやトランスミッションのほか、インテリア、エクステリアを顧客の好みでカスタマイズ可能であるフルチョイスシステムを導入。このカスタマイズが話題を呼び、2000CCクラスのスペシャリティーカーとして一時代を築き上げました。2006年に生産終了した「セリカ」ですが、噂では11年ぶりに「86」ベースで2017年に復活するのではないかとの情報も入ってきています。これが本当ならばファンにとっては嬉しいニュースです。

参考動画

「カローラ・レビン」

カローラ レビン

画像出典:wikipedia

「カローラ・レビン」は、兄弟車となる「スプリンタートレノ」と同時に1,600ccクラスのライトウェイトスポーツカーとして1972年にデビュー。スペシャリティカーの「セリカ」よりも大衆的なモデルとして位置づけされ、クーペタイプの「SL」、「SR」よりスポーティーな一台として人気を誇っていました。また、排ガス規制の煽りがある中で「カローラ・レビン」は、DOHCエンジンを採用し続けるほか、低価格で購入可能なSOHCエンジン搭載モデルも投入させていました。

参考動画

「スプリンター・トレノ」

スプリンター トレノ

画像出典:wikipedia

「スプリンター・トレノ」は、リトラクタブル型のヘッドライトが印象的であり、「カローラ・レビン」の兄弟車として「スプリンター」をベースに製造されたライトウェイトスポーツカーです。初代モデル(E27型)は、「セリカ1600GT」と同様の2T-G型エンジンが搭載されており、「ニーナナのトレノ」という愛称で評価の高いモデルとなりました。2000年に生産終了しています。

参考動画

トヨタ「MR-2」

MR2

画像出典:wikipedia

走りを重視したモデルとしてF1でも採用されているミッドシップを導入した「MR2」は、1984年にデビューしました。走行性に長けた一台であり、同年には日本カーオブザイヤーを授賞。生産終了後も中古車市場で取引されており、今でも人気が高いモデルとなっています。現在では廃盤部品が多くなり、部品取り車やリサイクルパーツが高騰するという状況であるとのことです。

参考動画

トヨタ「MR-S」

MRS

画像出典:wikipedia

「MR2」の後継モデルとなる「MRS」は2シーターのオープンスポーツカー。リアミッドシップ式となる一台の特徴は、国産車としては初となるシーケンシャル6MTを採用しており、AT限定のドライバーでもMT操作が可能。まさにAT限定では味わえない走行を楽しむことができます。また、軽量化が施されているため、燃費性能も14km/Lと小型スポーツカーとして低燃費も実現。エクステリアにはトヨタのエンブレムがないことも印象的です。

参考動画

トヨタ「86」

トヨタ 86

画像出典:wikipedia

「ハチロク」の愛称で2012年に誕生したFRレイアウトのスポーツカー「86」は、スバルとの共同開発となる一台であり、姉妹モデルとしてスバル「BRZ」が存在します。また「86」は、トヨタのスポーツカーとして2007年に生産終了した「MR-S」以来5年ぶりに復活したモデルであり、ライバル車である日産「GT-R」やレクサス「LFA」といった1000万円を超える高級スポーツカーとは違い、199万円から購入出来る低価格なスポーツカーとして話題となりました。

参考動画

「スープラ」

スープラ

画像出典:wikipedia

1978年にデビューした「スープラ」は、2代目まで「セリカ」の高級モデル「セリカXX(ダブルエックス)」として販売されていた一台。「ソアラ」と同じプラットフォームを使用するほか、初代モデルでは当時最小となる2.5リッター直列6気筒エンジンを搭載しながら280馬力を引き出すハイパフォーマンスなモデルとして人気を集めていました。また、2002年に生産終了した「スープラ」ですが、噂ではBMWと提携したことによりスープラが2018年に復活するのではないかとの情報もあります。

参考動画

まとめ

今回はトヨタが生んだ歴代のスポーツカーをピックアップしましたが、生産終了したモデルも長年愛され続けており、名車の復活を心待ちにしている方も多くいらっしゃるかと思います。新たなモデルを含めトヨタのスポーツカーがどんな進化を遂げるのか今後も楽しみなところです。

Amzonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント