ロングボードも詰める!サーフィンを楽しむ方にオススメの車【5選】

 
サーフィンを楽しむ方にとって、車は必需品です。ボードは消耗品ですが、なるべく車内に積みたいものです。サーファーは車選びにもこだわる方が多くいるかと思いますが、今回はサーフィンを楽しむ方にオススメの車を5つピックアップしてご紹介します!番外編としてサーファーが憧れる特別な一台も厳選しています。

サーフィンを楽しむ方にオススメの車

サーフィン

画像出典:flickr

サーフィンを楽しむ方にとって、車は必需品です。ボードは消耗品ですが、なるべく車内に積みたいものです。サーファーは車選びにも拘りましょう。今回は、サーフィンを楽しむ方にオススメの車を5つピックアップしてご紹介します。

サーファーに車は必須!

サーフィンは波に乗るスポーツなので、当然海まで出る必要があります。海の近くに住んでいる人ならば、サーフボードを片手に徒歩で海に行くことも可能です。しかし海から遠い場所に住んでいる人の場合、サーフボードを持ったまま電車やバスを使って海へ出るのは難しいですよね。また海の近くに住んでいる人でも、良い波のポイントを探すのにサーフボードを持って移動するのは大変なので、なるべく車で移動したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

サーフボードは中積み!

中積み

サーフボードは、多くの人が車内へ中積みしていると思います。そのまま積むとボードにヒビが入ったり車が汚れてしまうこともあるので、サーフボードをそのまま積むのではなく、専用のケースに入れて積むのが普通です。しかし、ロングボードの長いものでは11フィート(約3.3m)もあるため、車内に乗せることすらできない車などもたくさんあります。

サーフボードを外積みすることもある

外積み

画像出典:www.photoreview.com.au

サーフボード自体が相当長い場合もあるので、自分の乗っているモデルに中積みできない場合は外積みをします。その際にはサーフキャリアを利用します。サーフキャリアを利用する時には、サーフボードが走行中に飛んでいかないようしっかり固定しなければいけません。また、風圧でボードが折れてしまうこともあるので、特に気を付ける必要があります。

サーフィンを楽しむ方にオススメの車種ピックアップ

では上記の点も踏まえ、ロングボードでも中積み可能なオススメ車種を紹介していきます。

三菱「デリカD:5」

デリカD5

ロングボードの中積みが可能な大型車で、キャンプなどのアウトドアにもオススメのモデル「デリカD:5」。大きい車体でありながら小回りも利き、サイドシートを畳んでボード以外の荷物を積むスペースも確保できる等、複数人でサーフィンを楽しむ際にもオススメの1台です。

【室内サイズ】

室内長 2915mm
室内幅 1505mm
室内高 1310mm

ホンダ「ステップワゴン」

ステップワゴン

画像出典:ja.wikipedia.org

ミニバンとして人気が高いホンダの「ステップワゴン」は、買い物やレジャーなどで重宝することからファミリー層の間で特に人気が高い一台です。外観も内装の広さに比べると小さく見えるため、そこまでいかつさも感じません。ドリンクホルダーやフックなどがたくさんついているので、普段のドライブは家族を乗せているサーフィンが趣味の方にはオススメです。エンジン性能や走行性能も悪くなく、上り坂に差し掛かってもアクセルを踏み増やすことなくスムーズに走ってくれます。もちろん、ロングボードも搭載可能です。

【室内サイズ】

室内長 3220mm
室内幅 1500mm
室内高 1425mm

日産「キャラバン」

日産キャラバン

画像出典:ja.wikipedia.org

商用車として扱われることが多いのが、この「キャラバン」です。燃費はあまり期待できませんが、パワーがあります。乗り心地もよく、長時間のドライブでも疲れが出ないような室内設計になっています。また、荷室に穴が設けられており、棚やネットなどを装着することができます。そして荷室もかなり広く、ロングボードを複数本積むことができます。

【室内サイズ】

室内長 3765mm
室内幅 1545mm
室内高 1565mm

メルセデス・ベンツ「Gクラス」

Gクラス

画像出典:ja.wikipedia.org

芸能人がよく乗る車としても有名な高級SUV「Gクラス」。運転の視界もよく、走りも力強さがあります。エンジンも422psのモデルを積んでいるので、速さにも期待できます。ロングボードはものによりますが、スキー板も搭載可能なほどの十分な室内スペースが確保されています。しかし、購入費用や維持費ともに結構な額がかかるため、金銭的に余裕のある方向けの1台です。

【室内サイズ】

室内長 1795mm
室内幅 1495mm
室内高 1190mm

トヨタ「ハイエース」

ハイエース

画像出典:ja.wikipedia.org

サーファーに人気のある、シンプルでスタンダードなミニバンといえばトヨタの「ハイエース」です。営業などで使われることも多く、かなりシンプルで無駄のないデザインです。運送業界でも人気のある車種で、荷物がたくさん入ります。またシートデザインが自由にでき、三列目のシートをたたむことによって広大な荷物スペースが確保できます。ロングボードを何本も積み込むことができ、サーファーにとっては非常に魅力的な一台と言えます。2.7Lエンジンを搭載しており、パワフルで安定した走行も魅力的です。

【室内サイズ】

室内長 3715mm
室内幅 1695mm
室内高 1390mm
出典:toyota.jp

【番外編】サーファーならやっぱりゴツめの車がオススメ!

実用的なミニバンやSUVを愛車として所有しているサーファーの方が多い様ですが、中にはファッション性を求めて一風変わった車に乗る方もいます。サーファーだけでなく、海に行けば注目を浴びること間違いなしの車をご紹介しましょう。

トヨタ「ハイラックス」

およそ13年ぶりに日本に復活したトヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。日本人にとってあまり馴染みのない車種ですが、アメリカや東南アジアなどでは驚異的な人気を誇るモデルです。日本仕様車は4WD(パートタイム)のダブルキャブのみの販売となりますが、一度は荷台にサーフボードを積んで海沿いを走ってみたいところです。

ハイラックス サーフィン

画像出典:toyota

フォルクスワーゲン「タイプ2」

数多くの青春ドラマに登場しているフォルクスワーゲン「タイプ2」。通称「ワーゲンバス」の名で長年愛されている一台ですが、シリーズの中で最も日本人に人気を得ているのがツートンカラーの”T1″とレトロな雰囲気を持つ”T2″(T1〜T5まで存在)です。移動販売車としてよく見かけるタイプですが、もちろん内装も広々としているので大きめのアウトドアグッズも難なく収納可能です。サーファーやキャンパー憧れの車種です。

フォルクスワーゲン タイプ2 サーフィン

画像出典:flickr

ハマー「H2」

シボレー「タホ」をベースに製造されたフルサイズSUV「H2」。アメリカ人好みのゴツい車ですが、誰にも被らないカッコ良さを求める方にオススメです。ただし燃費も悪い上に、故障した場合は部品交換代が高くつく可能性があるため、メンテナンスや運転の仕方には注意が必要です。こちらも間違いなくサーファー憧れの一台ですね。

ハマー H2 サーフィン

画像出典:flickr

プロサーファー達の愛車はコレだ!〜Instagram編〜

湯川正人/トヨタ「ハイラックス」

五十嵐カノア/アウディ「Q7」

大野修聖/メルセデス・ベンツ「GLC250」

サーフィンを楽しむ方の車についての口コミ

まとめ

サーフィンに行く時には、高速道路に乗ったりサーフボードが詰め込める車種が必須となります。また、サーフボードを積み込んだまま車を離れると車上荒らしにあうこともあるので、くれぐれも防犯対策を忘れないようにしましょう。

サーフィン中の盗難事件が相次いでます!詳しくはコチラ

サーフィンを楽しむ方におすすめな記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする