2018年から燃費の表示方法が変わる!より実燃費に近い基準に変更へ

 
自動車の燃費表示が2018年度から変わることをご存知でしょうか? 一体どのように燃費表示が変わるのでしょうか。そもそも今の燃費表示がわからない、という方のためにも、今回は車の燃費表示が2018年からどのように変わるか詳しくご紹介しようと思います。

自動車を購入する上で1リットルの燃料で何キロメートル走行できるか?という燃費は、車種選択の際に重要なポイントです。この燃費の表示が2018年度の10月から変わることはご存知でしょうか?

これまでの燃表示方法

10・15モード

1991年から2011年まで「10・15モード燃費」という燃費測定方法を使っていました。この方式は市街地および郊外を想定した状況においての燃料1リットルあたりでの走行距離を測定する方式でした。
しかしこれは加速にかける時間が長い、行動よりも測定スピードが低いなどといった実際に運用する上での数字と大きく乖離しているとの指摘も多い方式でした。

JC08モード

そうした結果、2011年4月からは現行の「JC08モード」に変更されています。これは日本独自の燃費表示となっています。
「実際の走行パターンに近い測定方法」として編み出された方法で、燃費表示と実際の走行の数字の乖離を是正することを目標とし、定められてきました。「ガソリン1リットルの燃料で何キロメートル走行できるか?」ということを表示しています。この表示は消費者側の為ではなく、企業側が目標とする低燃費性能を出す為に、まっすぐで平らな道をエアコンなど走行以外の機能を使わずに走った場合の想定の数値となっています。
しかし、通常の運転をしている際にエアコンを使わない、オーディオを使わないなどということは滅多にありませんよね。そのため、実際の燃費との差異が生じることとなります。

ハイブリッド車はズレが大きい

主に最近各自動車メーカーが開発に力を入れているハイブリッド車や軽自動車など、低燃費といわれている車種はこの「JC08モード」を用いた計算だと実際に走れる距離は数値より少なくなり、ズレが大きくなってきました。
燃費のデータ偽装問題が三菱自動車やスズキ自動車から出てきたことを受け、また実際に走行した場合と差異が出ている、という非難の声が上がったこともあり国土交通省は見直しを行うことにしました。

カタログ燃費と実燃費が何故ズレるのか?

2018年に採用される予定の新燃費表示とは?

2018年の10月からは「WLTP」が燃費表示の基準になります。この「WLTP」とはどのような燃費表示になるのでしょうか?

国連基準の表示

「JC08モード」が日本独自の国内での表示だったのに対して「WLTP」は国際連合によって取りまとめられている国際基準となります。「WLTP」はWorldwide harmonized Light-duty Test Procedureの頭文字をとった略称です。日本語では「乗用車などの国際調和排出ガス・燃費試験法」と訳されます。表記は市街地走行でkm/L、郊外走行でkm/L、高速道路走行でkm/L、平均値はkm/Lという表記にも変更されます。

「WLTP」とはそもそも何か?

世界共通の排出ガス試験方法を作成する活動をしており、走行パターンを検討する試験サイクル開発グループ(DHC)と試験法開発グループ(DTP)によって成り立っています。参加国の協力により、各国の実際の運転状況を調査・統計処理を行い、世界中の実運転状況をカバーする走行パターンの作成などを行っています。世界統一試験法の作成がメインとなっており、今回の日本の排出ガス・燃費試験の基準を移行する場所となっています。

計測方法は?

高速道路

画像出典:www.dailymail.co.uk

では、実際にどのように計測するのでしょうか?「WLTP方式」では燃費の値を「低速」から「超高速」の四段階の速度域に分けて計測します。なお、日本では超高速をのぞいた三段階の速度域から成り立ちます。「市街地」や「高速道路」などといった実際に通る道路の違いに合わせて燃費の値を表示してくれるので、従来の「JC08モード」に比べれば正確な値が算出されることになります。試験車に積んでいる重量も重くした測定ルールとなっているため、現行の「JC08モード」よりも燃費が悪い表示がされる傾向になります。「WLTP方式」になればより確実な燃費表示が得られるということですね。

まとめ

現行の「JC08モード」から世界基準である「WLTP方式」に変更になりることで、より一層実際の走行に近い表記になり、特にハイブリッド車kで実際に走ってカタログの燃費とのギャップに戸惑いを感じることも少なくなるのではないでしょうか。私達ユーザーとしては日常のドライブなど、実感できる燃費を知ることができることから、今後の車選びにも多いに役立つことが期待されますね。

画像出典:pcwallart.com
Amzonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント