“一日自動車保険”はどんな人に必要?保険会社の契約内容や費用を比較

 
"一日自動車保険"はあまり知られていませんが、実は賢く使うと非常に便利なサービスなのです。では、一体どのような場合に利用するべきなのでしょうか?今回は一日自動車保険の契約内容や費用等も含めて徹底的に解説していきます。

一日自動車保険とは?

どんな人に必要?

車の貸し借り

画像出典:consumerreports

例えば、親の車を子供に一時的に貸すときに、その車の保険が子供を対象にしていなかったら不安ですね。そんな時に一日自動車保険に入れば全て解決です。
こんなことも考えられます。友達と友達の車で長距離ドライブに出かけた時、その友達が突然運転ができない状態になってしまったらどうしましょう?そんなときに一日だけ入れる保険があれば助かりますね。つまり、人の車を借りる際などに便利であるということです。

補償期間

一日自動車保険は名前の通り、補償期間がたったの1日間と短い期間のみの契約です。最大7日間連続で契約することも可能です。

契約方法

契約期間の短さこそが、一日自動車保険の特徴であり、最大のメリットであります。運転手に関する事前登録が必要ですが、基本的には全ての契約手順をスマートフォンで行うことができます。つまり、いつでもどこでも契約することができるということです。先ほどのように、緊急事態にも利用できるということを考えると、登録しておくに越したことはないのかもしれません。

料金

低価格

画像出典:startupguys

補償期間が1日だけということもあり、保険料が非常に安いのが特徴的です。保険会社によっては変動があったりするのですが、だいたいの場合500円から利用することができます。

どんな保険会社がある?

1日自動車保険

画像出典:gahag

さて、そんな特徴をもつ一日自動車保険ですが、具体的にどのような保険会社が、どのような内容の一日自動車保険を実施しているのでしょうか?今回は、二つの代表的な保険会社をみて比べてみようと思います。

東京海上日動

東京海上日動で特徴的なのは、ドライバー保険が存在せず、一日自動車保険だけを展開しているということです。東京海上日動はどんな一日自動車保険を展開しているのでしょう?

料金・補償プラン

「車両保険なしプラン」(500円)と「車両保険ありプラン」(1500円)があります。二つの違いはもちろん、借りている車が盗難に遭ったりキズがついてしまった時の補償があるかないかの違いとなるのですが、それ以外の補償は全てどちらのプランでも適応されます。具体的には、他人にケガをさせてしまったり他人のものを壊してしまったときの「賠償に関する補償」や、自分や同乗者がケガをしたときの「自身・同乗者に関する補償」、さらにいざというときに助けてくれる「ロードアシスト」等です。

料金割引

無事故を継続すると、5日目の利用から割引が利用できます。最大で20%割引されます。

評判

最近まで、東京海上日動の一日自動車保険が最も人気だったのですが、それが変わりつつあります。それはなぜなら、「1DAY保険」という一日自動車保険を改良した保険が出てきたからなのです。

三井住友海上

その「1DAY保険」を展開している代表的な保険会社が”三井住友海上”です。

料金・補償プラン

三井住友海上には三つの料金プランがあります。まず、相手のケガや損害・自身のケガに関する最小限の補償をする「Aプラン」(500円)。そして、Aプランの内容に加えて、借りている車両に関する補償もする「Bプラン」(1500円)。さらにBプランの内容に加えて、事故によって借りている車に積んでいる荷物が壊れてしまった時の補償もしてくれる「Cプラン」(1800円)です。これだけで東京海上日動とはずいぶん違うことがわかります。

料金割引

東京海上日動と同じ無事故割引もありますが、そのほかに2つの割引があります。「2回目から割引」と「2人目から割引」です。どちらもその名の通り、三井住友海上を利用し続けたり、友達などと一緒に利用したりすると適応される割引です。

評判

三井住友海上の1DAY保険が波に乗っている大きな理由の一つに「コンビニ手続き」という方法があることが挙げられます。東京海上日動では携帯・スマートフォンでの手続きだけなのですが、三井住友海上ではそれに加えてコンビニ手続きが可能になります。スマートフォンを使えない状態にあったり、そもそも携帯電話を持っていない方にとっては非常に便利なものです。

以上簡単ではありますが、二つの保険会社の一日自動車保険を比べてみました。これだけでも、著しく車両保険競争がおこっていて、どんどん保険が改良されているのが実感できるかと思います。

一日自動車保険についての口コミ

一日自動車保険を活用する方は多くいますが、内容によっては賛否両論の声が上がっています。

まとめ

さて、一日自動車保険を選ぶポイントはたくさんありますが、今回注目したのは「料金・補償プラン」と「料金割引」でした。そして多くの方も、この二点に注目するのではないでしょうか。しかし、今回紹介した保険会社は代表的であるから比較対象に挙げただけで、もっとたくさんの保険会社が日本には存在します。ぜひとも、自分にとってベストなプランを提供してくれる保険会社を見つけ出してください。

関連記事

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント