今は無き懐かしのエンブレム!初代アコードに採用された「5speed」

 
現代の車では数を減らしている各種エンブレム、その懐かしのエンブレムのひとつとして初代アコードに採用された『5speed』のエンブレムが懐かしいと感じる方も多いのではないでしょうか?今回はこのエンブレム「5speed」の時代を振り返ってみます。

初代アコードに採用された懐かしのエンブレム『5speed』

初代アコード5speedエンブレム

このエンブレムの意味は5速マニュアルミッション装着車、のことで、4速マニュアルミッションが一般的だった当時としては上級装備を表す一種のステイタスシンボルともなっていました。他にもホンダ車では「4W-ALB:4輪アンチロックブレーキ」もあありました。その他日産車ですが、DR30型スカイラインなどには後部エンブレムだけではなくボディーサイドにも大きめのデカールにてDOHC他、高性能ぶりをそれらでアピールしていました。

DR30型スカイライン

画像出典:youtube.com

▲DR30型スカイライン

現在はより多段化が進んだり、新しいメカニズムを搭載してもエンブレムやデカールで誇示することも少なくなりました。サイドミラーが小型カメラに置き換われば、将来はサイドミラー装着車も懐かしいと言われる時代が来るのでしょうか。

初代アコードを動画で確認

記事参照元:ROAD & TRACK
Amzonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント