エコカー減税ってどんな車が適用されるの?意外と知らない減税額と安くなるタイミングを解説

 
環境への負担が軽い自動車を対象に減税を施してくれる優遇制度であるエコカー減税。しかし、エコカー減税が適応されるのはどのタイミングなのか?どの程度減税されるのか?知らないという方もいるかもしれません。今回はエコカー減税について解説をしていきます。

エコカー減税とは?

エコカー

画像出典:www.digitaltrends.com

エコカー減税という言葉を聞いたことがある人がほとんどだと思います。CMや広告などでよく目にする言葉ですが、エコカー減税というとどのような物を思い浮かべますか?「自動車の税金が安くなる」と思っている方が大半だと思います。でもどんな車がエコ対象になるのかわからない方も多いのではないでしょうか?エコカー減税対象になるのは以下のような車となります。

次世代自動車

エコカー減税が適応される車には大きく分けて2種類のものがあります。まず一つ目は最近登場する多くのモデルでラインナップされている電気自動車、グリーンディーゼル車、天然ガス自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド自動車などといった「次世代自動車」と呼ばれるものです。

環境に優しくエコな車

二つ目は「国土交通省」が定める排出ガスと燃費の基準をクリアしている環境に優しくエコなガソリン車やハイブリッド車です。環境に優しい車に対して税金を優遇するのがエコカー減税の目的ななので、車の車種やグレードなど、場合によって全額〜半額程度減税する、ということもありとてもお得に感じられる制度の一つです。

エコカー減税が対象となる税金

金と車

画像出典:www.zastavki.com

エコカー減税で減税される自動車の税金には一体どのような税金があるのでしょうか?エコカー減税に適用されるものには以下の三つの税金となります。

自動車取得税

購入時にかかる税金の一つとして「自動車取得税」があります。自動車を購入した時にしか課せられることのない税金で、自動車取得税の税率はの3%(軽自動車以外)、2%(軽自動車)が課せられています。エコカー減税ではガソリン車(ハイブリッド)が20〜40%の減税、その他の電気自動車やプラグインハイブリッド車などは非課税となります。

電気自動車(EV)
燃料電池自動車(FCV)
プラグインハイブリッド車(PHV)
クリーンディーゼル車
天然ガス自動車
非課税
ガソリン車(ハイブリッド車含む) 平成27年燃費基準+5%超過:20%軽減
平成27年燃費基準+10%超過:40%軽減
平成32年燃費基準+10%超過:80%軽減
平成32年燃費基準+20%超過:非課税
※普通車の場合

自動車重量税

購入時と車検時にかかる「自動車重量税」です。これは自動車の重さに比例して課せられます。自動車が重ければ重いほどこの税金がかかってしまうことになります。大きく重量のあるものやオプションにサンルーフなどをつけてしまった場合によっても金額が左右されてしまいます。エコカー減税ではガソリン車(ハイブリッド)が25%の減税、その他の電気自動車やプラグインハイブリッド車などは免除となります。

電気自動車(EV)
燃料電池自動車(FCV)
プラグインハイブリッド車(PHV)
クリーンディーゼル車
天然ガス自動車
免除
ガソリン車(ハイブリッド車含む) 平成27年燃費基準+5%・10%超過:25%軽減
平成32年燃費基準達成:50%軽減
平成32年燃費基準+10%超過:75%軽減
平成32年燃費基準+20%超過:免除
※普通車の場合

自動車税

最後に毎年かかってしまう「自動車税」があります。なお、軽自動車の場合には「軽自動車税」となります。
毎年4月1日時点における所有者全員に全額化されるもので、ゴールデンウィーク明けに納付書が送付されてくる方が多いと思われます。こ自動車税も排気量に応じて値段が変わります。エコカー減税では以下の通り減税がされます。

電気自動車(EV)
燃料電池自動車(FCV)
プラグインハイブリッド車(PHV)
クリーンディーゼル車
天然ガス自動車
概ね75%減税
平成17年排ガス規制75%低減かつ
平成32年度燃費基準プラス10%達成車
概ね75%減税
平成17年排ガス規制75%低減かつ
平成27年度燃費基準プラス20%達成車
概ね50%減税
※普通車の場合

どのタイミングで減税するの?

金と車2

エコカー減税ではこれら三つの税金が減税となり優遇されていますが、これらの税金はどのタイミングで減税されるのでしょうか?
「自動車所得税」と「自動車重量税」は新車購入時に納入することになるので、その際に減税または免税となります。「自動車税」は毎年5月に課税されるので、その5月に支払う時に減税が適応されます。

ずっと減税されるの?

エコカー減税はずっと減税になるのか?と疑問に思う方もいるかもしれません。
残念ながらエコカー減税は購入してから自動車の登録・届け出をした翌年度一年間限り減税の対象となります。そもそも「自動車取得税」は購入時にしかかからない税金なので関係ないかもしれませんが、車検の時にかかる税金である「自動車重量税」や毎年課税されてしまう「自動車税」に関しては初回の一回限りでの減税となります。

2年目以降もエコカー減税適用を求める声も

中古車は対象になるの?

中古車

画像出典:www.autotrader.com

ちなみに、中古車で購入してもエコカー減税の対象になるかもしれないということはご存知でしたか?自動車を購入したあとに支払う自動車取得税と自動車重量税は最初の一回に限り車種ごとに決められた額の免税、全額免除となります。中古車購入の場合には自動車の購入価格・消費税はともにかかってしまいますが、仮に車検が残っている車だった場合には車検の時に減税や免税となります。また、車検が切れていた場合にはその時点で税金を一緒に払うのでその時に減税となります。なお、新品の時同様に、減税されるのは一回限りとなっています。

まとめ

燃費や排出ガスなどの基準をクリアした環境に優しいエコな車のための優遇制度であるエコカー減税。変勢の割合が車種やグレードなどによって異なってくるため、エコカー減税対象車を購入する時にはちゃんと計算した上での購入検討をオススメします。また、エコカー減税は一度だけ受けられる減税制度なのでその点は注意しておきましょう。くれぐれも次の支払いから高くなった!と驚かないようにしましょう。

新車時に適用される減額は他にも

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする