意外と知らない!?車検時に必ずかかる法定費用の内訳を徹底解説

 
車を所有している人になら誰でも定期的にやってくる車検。車検にかかる費用って意外と高いですよね。そしていざ車検した際に予想してたより高かった、なんてことありませんか?車検の費用は変動しますが、固定している部分もあるのです。それが法定費用と呼ばれるものです。

車検の費用には2種類ある

車検とは、車の安全確保と公害防止のために道路運送車両法に定められた保安基準に適合しているかどうかの検査です。検査は定期的(24か月ごと)に検査するものです。また車検は法律で定められているものなので、車検が切れた状態で公道を走ると法律違反となります。車検の費用はディーラーやカー用品店、また車検する際に代行してもらうかの違いによって変わってきます。

車検の様子

車検基本料と法定費用

車検の費用は車検基本料と法定費用とを合わせたもので構成されています。車検基本料というのは整備料、検査料、車検代行料のことを指します。ディーラーなど整備、検査をどこで行うのか、代行をお願いするかどうかによってこの車検基本料は変動します。一方法定費用というのは自賠責保険料、自動車重量税、印紙代のことを指します。法定費用は国や保険会社へお金の支払いをするものとなり、これらの費用は法律で定められている費用なので金額は一定です。車検でお金の変動があるのは車検基本料によって全体の金額も変わってくるのです。

法定費用とは

では次に絶対に発生する法定費用の内訳がどうなっているか見ていきましょう。店舗に依頼する場合は全て請求をされているかと思いますが、ユーザー車検を行う際には以下の金額の支払いが完了せずには車検は完了できませんので、ご注意ください。

自賠責保険料

自賠責保険に未加入で公道を走行する場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金、または免許停止処分(違反点数6点)の罰則があります。自賠責保険は自動車で事故などを起こして死傷した被害者の保護救済を図ることを目的としているので、物損事故には適用されません。また、支払い基準は定型・定額化されており、公的な要素が強い保険の一つです。自賠責保険にかかる費用については自動車の車種や保険期間(車検期間)に応じて定められています。金額は以下のとおりです。(沖縄のみ別の料金形態となります)
自賠責保険料

画像出典:sjnk.co.jp

自賠責保険の名義変更は忘れずに

新車購入時はもちろん加入するものですが、中古車購入時、また結婚された場合は名義変更をする必要があります。自賠責保険というものは車についている保険です。名義が前のオーナーのものになっていたり以前の苗字が記載されているものだったら、事故が起きた際の手続きが非常に面倒なことになります。中古車購入時や苗字が変わる際は名義変更を行いましょう。

自動車重量税

自動車重量税は車の重量に応じて課税される税金です。かかる費用は乗用車は重量が0.5トン毎に課税される税額が増加します。軽自動車は重量に関わらず定額です。また新車登録時から13年経過すると税額が上がり、18年経過すると更に税額が上がります。自動車重量税は1年ごとにかかるものですが、新車登録時・車検時などと一緒に支払うので先払いするということになります。また自動車重量税はエコカー減税が適用されます。

【自家用乗用車(2年)の場合】

自家用乗用車(2年)

画像出典:shakenkan.co.jp

【軽自動車(2年)の場合】

軽自動車(2年)

画像出典:shakenkan.co.jp

【事業用車両(1年)の場合】

事業用車両(1年)

画像出典:shakenkan.co.jp

廃車時の還付申請を忘れない

自動車重量税は前述のとおり1年毎にかかる費用ですが、次の車検期間分の費用を先払いしていることになります。車検期間中に廃車にする場合は税金を多く支払っている状態になっています。その際に還付申請をすれば車検の残り期間分の税金が還付されます。しかし、自動車リサイクル法に基づき車の廃車が適正に行われたものでなければ還付されません。また申請手続きを行わなければ還付されないので、販売店などに確認し申請を確実に行うことが絶対条件です。

自動車重量税還付申請

画像出典:http://haisya.bz/

印紙代

車検の検査手数料の支払いに使用します。検査手数料は現金で支払うのではなく、印紙を運輸支局に隣接する印紙窓口で購入します。その印紙を必要書類に貼って納付します。車検時の必要書類は自動車検査登録印紙と自動車審査証紙の2種類です。自動車検査登録印紙は国に納める税金で、自動車審査証紙は自動車検査独立行政法人というところに納める税金です。平成20年1月1日より検査手数料の額と納付方法が変更されました。納めるところが違うものの、支払い窓口は同一のところで手続きを行うことができます。自動車審査証紙は車種や車検の状態などによって金額は違いますが、自動車検査登録印紙は一律400円です。

自動車審査証紙は検査状況、構造によって金額が変わる

自動車審査証紙は自動車の検査状況によって変わります。同じ車を引き続き検査する「継続検査」、新車登録時、または一旦使用していた車を再び使用しようと検査をする「新規検査」、自動車の長さ、幅、高さ、最大積載量が変わる改造したときなどに受けなければならない「構造等変更検査」があります。金額は以下のとおりです。

【継続検査の場合】

普通自動車 1400円
小型車 1300円

【新規検査 構造等変更検査の場合】

普通自動車 1700円
小型車 1600円

まとめ

車検は車を所有している人なら誰でも受けなければならないものです。車検を受けていない場合、理由に限らず法律に違反していることになります。車検の有効期限の1ヶ月前から次の車検を受けることが出来ます。また法定費用は定められているものなので事前に自身で計算して計画的にお金を用意しておくようにしましょう。

車検に関連するまとめ記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする