クオリティ高さに脱帽!BMW初代「M5」カスタムカーが話題

 
名車としても語られることが多いBMW「初代M5」が、グループAレースカー風にカスタマイズされ大きな注目を集めています。その独特なカラーリングからチューニングまでそのクオリティの高さに驚かされるカスタムカーをご紹介。

グループAレースカーのイメージにカスタマイズされた初代M5

グループAレースカーのイメージにカスタマイズされた初代M5
この車のカラーリングはグループAレースで活躍を収めたE24型635CSiにインスピレーションを得ています。

グループAレースカーのイメージにカスタマイズされた初代M5
車体内部のパーツをスケルトン風に描いたカラーリングは、スポンサーカラーとも異なり独特の存在感を発揮しています。

グループAレースカーのイメージにカスタマイズされた初代M5
E28型M5も実際に、1982年にはエッゲンバーガーの手によりETCC向けに20台のレースカーが作られました。

グループAレースカーのイメージにカスタマイズされた初代M5
この車両、見かけだけではなくリアトランクスペースには120リッターの安全タンクを搭載するなど本格的なカスタマイズが施されています。

グループAレースカーのイメージにカスタマイズされた初代M5
ホイールもBBS製のロナール・レーシングホイールがセットされ、クラシカルな雰囲気を盛り上げています。

グループAレースカーのイメージにカスタマイズされた初代M5
エンジンは北米向けのS38B35型直列6気筒3.5リッターに、ゲトラグのG280型トランスミッションを組み合わせました。

グループAレースカーのイメージにカスタマイズされた初代M5
室内も、ジュラコン製のシフトレバーや、ロールゲージが装着されています。

グループAレースカーのイメージにカスタマイズされた初代M5
更にシートもMOMO製の本格的なレーシングバケットシートに、ウィランズのシートベルトを組み合わせました。

グループAレースカーのイメージにカスタマイズされた初代M5
とにかく、このカラーリングと低く構えた車高、そしてホイールのマッチングが絶妙で、高い存在感を発揮していますね。

グループAレースカーのイメージにカスタマイズされた初代M5
実車として購入するのは無理ですが、これは是非、モデルカー化して欲しいほど素晴らしい仕上がりだと感じました。それほど違和感の無い、絶妙の仕上がりだと感じます。

本家BMW「635CSi」走行動画

記事参照元:STANCE WORKS
Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント