シフトレバーに「N(ニュートラル)」がある理由とは?利用シーンと燃費との関連性まとめ

 
MT車のニュートラルは頻繁に使うことが多いけれども、なぜ車になぜニュートラルがあるのでしょうか?特にAT車から乗りはじめた初心者の方は、この「N」の存在に混乱してしまうかもしれません。今回はシフトレバーの「N」について詳しく解説をしていきます。 

AT車のシフトレバー「N」がある理由が分からない人は意外に多い

shiftペダル

画像出典:www.aliexpress.com

MT車(マニュアル車)と比べギアチェンジを必要としないAT車(オートマ車)は運転が簡単にできることから、1990年代頃からMT車を超える人気があり今では多くの方がAT車に乗っているかと思います。そんなAT車のシフトレバーには様々なタイプのギアが存在しています。例えば停車時には「P(パーキング)」に、走行時には「D(ドライブ)」にシフトレバーを動かしますよね。そのシフトレバーの中で「N(ニュートラル)」のギアがあります。この「N」のギアはどのような場合に使うのか理解していない方も意外と多いのではないでしょうか?

ニュートラルとは?

ペダル

画像出典:www.wowwoodys.com

いつ使うという点を整理する前に、そもそもギアの「N」とは何であるか整理をしていきましょう。ニュートラルの意味は「中立的」という意味合いがあり、車のギアの「N」の場合には前進でも後退でもない中立的な状態のギアのことを示し、エンジンの動力が伝わらない状態のことを示します。教習所でMT車を運転したことがある方ならわかる方も多いかと思います。

なぜ駐車の時には使わない?

エンジンの動力が伝わらない状態駐車の時に使えるでしょ?と思う方もいるかもしれません。しかし、駐車の時はシフトレバーの中で「P」のギアに切り替えます。その理由は「P」のギアは車輪にロックがかかり、車が動かなくなるギアとなります。一方「N」で停止している時には車を押したり、坂道などに停車していると車は動き出してしまいます。完璧な駐車には向かないギアのため、停車時にニュートラルは使いません。

ニュートラル走行は燃費がいい?

ニュートラル

画像出典:flickr

「下り坂をニュートラルで走ると燃費がよくなる」という話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?
その答えとしては、ニュートラルでもエンジンはアイドリングを維持するために回転し続けています。むしろアイドリングをさせるための燃料を使ってしまうので燃費だけの面を考えると損をしてしまいます。そのため、『ニュートラルで走っても燃費がよくなる』なんてことでもないです。それどころか、ニュートラルのまま走行を続けていると車には大きな負担がかかってしまいます。車に大きな負担がかかってしまうと故障の原因になってしまうこともあるのでニュートラルの利用シーンをきっちり理解をしておきましょう。

ブレーキが効かなくなることも!

また、ニュートラルではギアを切り離しているのでエンジンブレーキが全く効かなくなってしまいます。そのため、車のスピード調整を行うためのフットブレーキを多用することになってしまいます。
そうするとブレーキの連続使用によって効きが低下するフェード現象や、ブレーキの熱が原因でブレーキが効きにくくなるベーパーロック現象を起こしてしまう場合もあります。重大な事故を引き起こしてしまう可能性もあるので、エンジンブレーキを利用する運転を心がけるように意識しましょう。

エンジンブレーキの使い方とは?

どんな場面で利用するの?

前述の通りニュートラルを仕様した走行は行わないと方がよいとなると、「N」はどんな時に利用するのが正しい使い方なのでしょうか?

緊急事態の時

牽引

「N」を使う場面が多いのは緊急事態の時です。前述の通り「N」に入れておけば車は押せば動きます。そのためガス欠を起こしたりした際にロープでの牽引してもらう場合、クレーン車で牽引してもらう場合に大いに役に立ちます。例えば「P」の位置などにギアがある場合には、ギアが噛んでしまって車を押して動かすことができなくなってしまいます。スムーズに牽引できるように、ガス欠などを起こした時にはギアは「N」に合わせておきましょう。

ニュートラルに関するクチコミ情報


▲海外では少し変わった形でニュートラルを使用することがあるようです。でも、少し危険な気もしますね…。


▲このように間違えてニュートラルにしてしまった状態で駐車することもあるそうです。駐車時はしっかり「P(パーキング)」にしておきましょう。

まとめ

今回はAT車のシフトレバーにある「N(ニュートラル)」についてご説明してきました。
基本的には「P」と「D」しか使わないと思われるシフトレバーのギアですが、緊急時に備えて、「N」の特性と役割について覚えておきましょう。そして、ブレーキが効かなくなって事故につながってしまう可能性もあることから、なるべく「N」にしたままの走行はやめましょう。

シフトレバーに関連するまとめ記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする