パーキングアシストで誰でも駐車を簡単に!駐車支援システムパーキングアシストとは?

 
最近の車に搭載されているパーキングアシストというシステムをご存知ですか? うまく駐車できるか不安な方にはもちろん、狭い場所などに駐車する時にもうってつけな機能なんです。 今回はそんなパーキングアシストについて各メーカーが搭載する優れたパーキングアシスト機能をまとめました。

パーキングアシストとは?

駐車

パーキングアシストやインテリジェントパーキングアシストという機能を聞いたことがありませんか?パーキングアシストとは、駐車するのにちょうどいい位置を音声で教えてくれる駐車を簡単にできるよう補助をしてくれる機能です。また機能によっては、バックで車を駐車スペースに入れる際などに自動でステアリング操作をしてくれるものもあり、誰でも簡単に駐車することがで可能になります。ステアリングが行われている間に、ドライバーは周囲の安全確認に集中することができ、アクセルとブレーキの操作を行うだけとなりました。車庫入れが苦手!という方や車に乗りはじめたばかりの初心者という方に最適な機能です。なお、このパーキングアシスト機能はメーカーによって名前も機能も異なっています。今回はメーカーごとに搭載されているパーキングアシストを一挙紹介をしていきます。

ホンダ「スマートパーキングアシストシステム」

スマートパーキングassistシステム

画像出典:www.honda.co.jp

ホンダのパーキングアシスト機能は「スマートパーキングアシストシステム」という名称です。「オデッセイG EX」などに実装されています。バック駐車と縦列駐車に適応しているシステムになり、センターコンソールのナビの画面上でパーキングアシストのスタート操作を行うことで、車に備わっているカメラが駐車枠を自動認識します。その後にハンドルが自動で回り、ドライバーは音声ガイドに従ってセレクターを動かすだけで簡単に駐車できるシステムになっています。

【搭載モデル】

オデッセイ・ステップワゴン・フィット

【機能解説動画】

トヨタ「インテリジェントパーキングアシスト」

IAP

画像出典:toyota.jp

トヨタのパーキングアシスト機能は「インテリジェントパーキングアシスト」という名称です。昨年モデルチェンジを行った新型「プリウス」や新型「アルファード」などに搭載されています。なお、トヨタのパーキングアシスト機能の特徴としては、インテリジェントパーキングアシスト(IPA)とインテリジェントパーキングアシスト2(IPA2)という2種があり、それぞれ行える機能が異なります。

インテリジェントパーキングアシスト(IPA)

シフトを「R」に入れるだけで車が駐車枠を認識し、あとはアシスト開始ボタンを押すだけでまっすぐに入れるように自動でステアリング操作を行ってくれます。
なお、行き部車種にはイージーセット機能という機能が備わっているモデルがあり、このイージー機能を使うことで、目標駐車位置を自動的に補正され、駐車区画の中央付近に精度良く駐車することが可能となります。

【搭載モデル】

プリウス・プリウスα・クラウンアスリート・クラウンマジェスタ・クラウンロイヤル・ヴォクシー・エスクァイア・ノア

【機能解説動画】

インテリジェントパーキングアシスト2(IPA2)

IPA2では超音波センサーとカメラを使った駐車スペースの検知を行います。検知された区画線を目標駐車位置として自動設定されるため、IPAとは異なり手動による停止位置設定が不要です。また、このIPA2では全身誘導機能を備わっているため、切り返しを必要とする駐車や縦列駐車などにも対応可能となり、IPAをより使い勝手を向上させた最新のパーキングアシスト機能です。

【搭載モデル】

アルファード・ヴェルファイア

【機能解説動画】

日産「インテリジェントパーキングアシスト」

インテリジェントパーキングアシスト

画像出典:www.nissan.co.jp

日産のパーキングアシスト機能の名称は「インテリジェントパーキングアシスト」となり、トヨタと同じ名称になります。このインテリジェントパーキングアシストはアラウンドビューモニターの映像を利用することを特徴とし、車を真上から駐車する位置を指定するだけで、指定した位置に向かって自動的にハンドルの操作が行われます。ドライバーは画面に表示される指示と音声に従ってアクセルとブレーキを操作するだけで運転が苦手な方でも簡単に駐車できるようになる技術となっています。

【搭載モデル】

エクストレイル・セレナ

【機能解説動画】

メルセデス・ベンツ「アクティブパーキングアシスト」

アクティブパーキングアシスト

画像出典:www.yanase.co.jp

パーキングアシスト機能は国産車以外にもついています。メルセデス・ベンツでは「アクティブパーキングアシスト」と呼ばれるパーキングアシスト機能が搭載されています。
アクティブパーキングアシストの特徴としては停車時以外でもセンサーで停車位置を検出できる点。具体的にはおおよそ30km/h以下での走行中に超音波センサーが最適な駐車スペースを自動で検出してくれます。検出後は自動操舵・ブレーキ昨日によってドライバーはシフトとアクセルの操作をするだけで簡単に駐車ができる機能です。なお、メルセデス・ベンツは駐車スペースからでるときでもステアリングとブレーキを自動制御して発進のアシストをしてくれます。更に、自動ブレーキが作動している間はドライバーが誤ってアクセルペダルを踏んでもキャンセルされる安全設計にもなっています。

【搭載モデル】

新型モデルは標準装備。なお、グレードによりオプション設定の場合あり。

【機能解説動画】

フォルクスワーゲン「Park Assist」

フォルクスワーゲンにはサポート機能としてPark Assistを採用しています。狭い場所での駐車が苦手だったり大きな車での駐車が怖く輸入車を購入するのをためらっている方にも安心できる、縦列駐車をサポートなどがあります。
リヤビューカメラで車両後方の映像が確認でき、パークディスタンスコントロールによってリヤバンパーのセンサーが障害物などを感知して警告音で知らせてくれる機能もあります。

【搭載モデル】

ザ・ビートル、ゴルフ、シャラン、パサット

【機能解説動画】

まとめ

初心者や運転が苦手な方にはとても嬉しい、簡単に駐車できるパーキングアシストについて紹介しました。
各メーカー似ているようでそれぞれの特色があります。また、近年では最初から搭載されている車種が多くあるので、次の車選びの際にパーキングアシストがついているものを選ぶのもいいかもしれませんね。

駐車に関連する記事

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント