キックダウンとは?燃費への影響と危険性を再確認

 
AT車に乗っている方はキックダウンというものが搭載されているのを知っていますか?教習所で習ったなって方も意外と多いのではないでしょうか?今回はそんなキックダウンについて一体どんなものなのか?どんな時に使うのかをまとめていきます。

キックダウンとは

計器

画像出典:/www.leftlanenews.com

キックダウンとはAT車でアクセルペダルを急に踏み込んだり、大きく踏み込むことによって急加速する行為の事をさします。AT車はMT車と異なり、ギア変更を自身で行えないため、アクセルペダルを底につく程度まで踏み込みギアを自動的に低速のギアへと切り替わります。低速のギアへと切り替わることによってエンジンの回転数が急激にあがり急加速が可能となります。

キックダウンに気づくの?

普通の加速とは異なり、明らかに分かるほど急にスピードがあがります。急にスピードが上がるのでエンジンの音が変わることによりキックダウンしたことは簡単に把握できます。

キックダウンを利用する場面

山道

画像出典:www.windingroad.com

普通に平坦な道を運転している上ではあまり利用する機会はそれほどありません。ではどのようなシーンでキックダウンを行うことが多いのでしょうか?

高速道路での使用

高速道路の合流の際、加速車線でキックダウンを行うと速度が簡単に上がるために合流しやすくなります。また、同じく高速道路の追い越しの時に追い越し車線で利用する方も多いです。

急な坂などにも使用

他にも急な上り坂や、傾斜のある山道など、パワーがダウンしてスピードが落ちてくる際の活用は有効的です。

キックダウンは燃費に影響はあるのか?

キックダウンって燃料を消費しそうと思っている人も多いのではないでしょうか?
その答えとしては、キックダウンペダルを行おうと深く踏み込むと、ギアが何段か落ちてエンジンの回転数が上がってしまい、ガソリンがたしかに急激に消費してしまいます。キックダウン時はエンジンの回転数も上がるので燃費消耗はいたしかないところです。そのため、キックダウンを必要な時は仕方がありませんが、あまり多用はしない方がいいかもしれませんね。

キックダウンは事故になりやすい

事故

この便利なキックダウンですが、正しく使用しないと事故が多い機能の1つです。そもそもAT車の事故で最も多いのが高齢者の運転でも話題になっているアクセルとブレーキの踏み間違いです。

急ブレーキをかけようとして思いっきりアクセルペダルを踏んでしまうと車は発進します。車が止まらないことにパニックを起こしてよりアクセルペダルを踏み込んでしまうと、ここまでの説明の通り、キックダウンの状態でアクセルを踏むことになり、急発進してしまうのです。ニュースでよく見かける「ブレーキとアクセルを間違えて踏んで店舗に突っ込んでしまった」という事故は、まさしくこのキックダウンが原因の場合が多いようです。また、屋上駐車場に車を止めようとした際に、誤って踏み間違えてしまい駐車場から落ちてしまうなどの事故などもあり、便利な反面、誤った操作によって非常に危険な事故に繋がってしまう可能性もあるので、くれぐれも注意をするようにしてください。

事故を防ぐために

ブレーキとアクセルの踏み間違いによって起きてしまうキックダウンの事故は防げる方法はいくつかあるんです。

■SDASを使う

ブレーキとアクセルペダルの踏み間違いを感知して即座にエンジンを停止させる『SDAS(エスダス)』という安全補助装置を搭載することで事故を未然に防ぐことができます。
アクセルを踏むこまない限りSDASは発動しないので普通の運転に支障をきたすことはなく、通常の運転をする分には不安はありません。キックダウンを行いたい高速道路や急激な坂道などを運転したい時にはあらかじめSDASのスイッチを切っておけばキックダウンを行うこともできるすぐれものです。万が一に備えて設置しておくといいかもしれません。

出典:sdas.jp

■シフトレバーを使う

シフトレバー

画像出典:www.jaguarforums.com

また、シフトレバーを操作することによってもギアチェンジは行えます。キックダウンを多用していると燃費に悪く、車にも負担がかかってしまいます。さらに事故を起こしてしまう可能性も高くなります。シフトレバーでの操作で低速ギアにチェンジを行ってもキックダウンと同じ効果が得られるので、なるべくシフトレバーで操作をするように心がけましょう。

まとめ

キックダウンはとても便利に加速ができる機能ですが、エンジンの回転数を急激にあげることによる燃費悪化や、車に負担をかけてしまう可能性が高くなってしまいます。
また、アクセルとブレーキを踏み間違えることによって事故が起きてしまう可能性もあります。愛車の事を考えるとなるべく急加速せずに、キックダウンは多用せずに安全に運転していきたいものですね。

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント