キックダウンは使い時を間違えると危険!適切な使用方法や事故防止策を紹介

 
キックダウンはすぐにスピード走行ができる便利機能です。しかし使用方法を間違えると、重大な事故を引き起こす危険性があります。今回はキックダウンの適切な使用場面や、キックダウン事故の防止策などについて解説します。

キックダウンとは

計器

画像出典:leftlanenews

キックダウンとは、AT車でアクセルペダルを強く踏み込むことによって急加速する行為を指します。AT車のギアチェンジは自動です。そのため、アクセルペダルが底につくまで踏み込むと自動的に低速ギアへ切り替わります。低速ギアへ切り替わることによってエンジンの回転数が急激に上がり、急加速が可能となります。

キックダウンには気付く?

キックダウンは普通の加速とは異なります。明らかに急激にスピードが上がるため、誰でも気付くでしょう。またキックダウン時には、乗車感覚に加えてエンジン音もまるでレースカーのように響くので大きく変化します。

キックダウンの適切な使用場面

山道

画像出典:windingroad

キックダウンは平坦な一般道を走行している際には使用しません。キックダウンを使用する場面はある程度限られています。

キックダウンは高速道路で使用する

高速道路の合流時にキックダウンを使用すると、すぐに速度が上がりスムーズに合流できます。そして高速道路の追い越し時にも、キックダウンを使用するとスムーズに追い越しできます。ただし、必ずキックダウンをしなければいけないというわけではありません。状況によっては、急加速をしなくても合流や追い越しが可能な場合もあります。その場面でしっかり判断しましょう。

キックダウンは坂道などでも使用する

急な上り坂や山道等の車がパワーダウンしやすい場面でも、キックダウンの使用が最適です。

キックダウンは燃費に影響する?

「キックダウンはガソリンを大きく消費しそう」と思う方は多いのではないでしょうか?

確かにガソリンは大きく消費してしまいます。キックダウン時にアクセルペダルを深く踏み込むと、ギアが何段階も落ちてエンジン回転数が上がります。この時にガソリンが大きく消費されます。そのため急加速が必要な場面以外、むやみにキックダウンを使用することは避けた方が良いでしょう。またCVT車の場合もギアは下がりませんがエンジンの回転数が上がるので自然と燃費も悪くなります。

キックダウンによる事故は多い

事故

画像出典:forumpakistan

キックダウンは便利ではありますが、キックダウンによる事故が多発するのも事実で、特に高齢者ドライバーのペダル踏み間違いによる事故も多いようです。よくニュースで報じられる「ブレーキとアクセルを間違えて突っ込んでしまった」という事故は、まさしくこのキックダウンが原因です。さらに屋上駐車場に駐車する際、誤ってペダルを踏み間違えて駐車場から落下する事故などもあるようです。

ペダルの踏み間違いによって起こるキックダウン事故ですが、防ぐ方法はいくつかあります。

キックダウン事故防止策1:「SDAS」を使用する

SDAS

画像出典:3-3959

キックダウンによる事故は「SDAS(Safety Driving Assist System)」を搭載することで未然に防ぐことができます。「SDAS」は、アクセルを強く踏みこんだ際にエンジンを即停止させる安全補助装置です。
アクセルを強く踏みこまない限り「SDAS」は作動しないことから、普段の運転に支障をきたすことはありません。キックダウンが必要な場面では、「SDAS」のスイッチを切るだけで解除されます。万が一のために取付をしておくと良いかもしれません。最近の車には、誤発進抑制システムも装備されており、エンジンは停止しませんが仕組みとしては似たようなものが付いています。ただし、これも車の目の前に障害物となる壁などがないと作動しないので注意が必要です。

キックダウン事故防止策2:シフトレバーを使用する

シフトレバー

画像出典:jaguarforums

キックダウンによる事故はシフトレバーを使用することでも防ぐことができます。シフトレバー操作でも低速ギアにチェンジでき、キックダウン時と同じ効果を得ることができます。
キックダウンは多用するとガソリンを消費し、車にも負担がかかります。さらに事故を起こす可能性も高くなります。少しでも運転操作に心配のある方は無理せずに、キックダウンではなくシフトレバーでギアチェンジしましょう。

キックダウンについての口コミ

まとめ

キックダウンはすぐに加速できる便利な機能です。しかしエンジン回転数が急激に上がるため、燃費悪化などのデメリットがあります。また、アクセルとブレーキの踏み間違い事故が起きる可能性もあります。キックダウンを使用する際には、きちんと適切な場面で使用し、高速の合流時などスピードを出す目的以外では使用しないように注意しましょう。

関連記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする