メンテナンスフリーバッテリーって何?基本構造や特徴を解説!

 
通常バッテリーは定期メンテナンスが必要です。しかし「メンテナンスは面倒」という方には、メンテナンスの必要が無いメンテナンスフリーバッテリーがおすすめです。今回はメンテナンスフリーバッテリーの構造や特徴、オススメモデルなどをご紹介します。

バッテリーとは?

メンテナンスフリーバッテリー

画像出典:flickr

バッテリーは車にとって特に重要なカーパーツの一つです。バッテリーは定期的なメンテナンスが必要ですが、面倒という方にはメンテナンスフリーバッテリーがおすすめです。今回はバッテリーの機能や構造、メンテナンスフリーバッテリーの特徴などについて解説します。

バッテリーの機能

バッテリーとは車全体に電力を供給するカーパーツです。バッテリーから電力が供給されることで、ルームランプやオーディオなどの電子機器が使用できます。また、バッテリーはエンジン始動時にも重要な役割を果たします。車はセルモーターの力でエンジンが回されることによって走行します。バッテリーはセルモーター稼働のための電力も供給しているため、バッテリーが故障した際には車が停止します。車にとってなくてはならないパーツ、それが「バッテリー」なのです。

バッテリーの構造

バッテリーは走行時に充電されます。エンジンが稼働するとオルタネーターという発電機が起動します。このオルタネーターが起動することで電気がバッテリー内へ蓄えられます。

バッテリーはプラス・マイナスに分かれた極板が何層も重なってできています。12Vのバッテリーでは6層に分かれており、それぞれに電解液(希硫酸)が入っています。そして極板の間にはセパレーターというガラスマットが挟み込まれています。セパレーターは内部ショートを防止する役割などを果たします。

バッテリーのメンテナンス

バッテリー内では電解液と極板の化学反応によって電気が起こされるため、バッテリーの使用とともに電解液は減少します。そのため定期的に電解液を補充する必要があります。電解液はバッテリーのケース上に記されたUPPER(上)とLOWER(下)の間に収まっていれば問題ありません。もし不足している場合は、車用品店などで販売されている補充液や精製水を購入しましょう。

また電解液を補充する際には、比重計を使用して水とバッテリー液の比重点検を行うこともおすすめします。比重のバランスが崩れると電極に悪影響を与える可能性があるため、確認しておきましょう。

メンテナンスフリーバッテリーとは?

バッテリー

画像出典:amazon

メンテナンスフリーバッテリーの構造

メンテナンスフリーバッテリーとは電解液の蒸発が起こりにくい構造のバッテリーを指します。電極板にカルシウム合金を使用したバッテリーや、密封性が高められたバッテリーなどが存在します。通常のバッテリーよりもメンテナンスの頻度が減るため、メンテナンスが面倒という方にはおすすめです。また、メンテナンスフリーバッテリーは2つのタイプに分類されます。タイプ毎にそれぞれ性能面などが異なります。

メンテナンスフリーバッテリーは幅広い分野で活躍

メンテナンスフリーバッテリーは、車・バイクはもちろんトラック・バスなどの大型車、さらにはトラクター・草刈り機などの農業機械まで、非常に幅広い分野で採用されています。またそれぞれの用途に合わせた作りとなっており、農業機械向けメンテナンスフリーバッテリーは耐振動性・耐衝撃性に特化している点が特徴的です。

メンテナンスフリーバッテリーは比重点検できない?

メンテナンスフリーバッテリーは基本的に密閉されているため、比重計を使った点検はできません。しかしほとんどのメンテナンスフリーバッテリーには簡易的なインジケーターが取り付けられています。そのインジケーターを使って液量不足や充電不足などを確認します。経年劣化やひび割れなどの可能性もあるため、こまめに確認しましょう。

メンテナンスフリーバッテリーは寒さに弱い

エンジン稼働時に重要な役割を果たすバッテリーは、特に寒さに弱いカーパーツの一つです。気温によっては劣化のスピードが早まることもあります。もし寒冷地などでバッテリーの動作が鈍くなった場合はお湯をかけて温めると良いでしょう。バッテリーの力が高まり、スターターもよく回るようになります。

メンテナンスフリーバッテリーの種類

完全密閉型(ドライバッテリー、シールドバッテリー)

メンテナンスフリーバッテリー

画像出典:amazon

名前の通り、完全に密封されているメンテナンスフリーバッテリーです。通常のバッテリーにあるような補水用液栓やガス排気口などもありません。電解液の蒸発を徹底的に防ぐ作りになっています。また電解液が繊維にあらかじめ染み込ませてあったり、ゲル化されているモデルなども多く存在します。

通常のバッテリーより価格は高いものの、非常に優れた性能を誇ります。特に冬の寒い時期でもスムーズにエンジン始動できる点は嬉しいところ。さらにオーディオ類については音質も向上するようです。

オススメ商品


半密閉型(セミシールドバッテリー)

メンテナンスフリーバッテリー

画像出典:kai-you

完全密閉型とは異なり、半密閉型にはバッテリー内のガスを外へ出す排気口が設けられています。ガス排出時には水分も若干出て行くため保水性は劣りますが、手頃な価格のモデルが多く揃っています。

ちなみに補水用液線が用意されているモデルなどもあります。通常はシートが被せられて塞がれていますが、シートを剥がすことで補水が可能になります。ただ一度剥がしてしまうと密閉性が下がり蒸発しやすくなるため、注意が必要です。

オススメ商品



バッテリーに関する口コミ

まとめ

バッテリーは車を走らせるうえで必要不可欠なカーパーツです。電解液や比重などの定期メンテナンスを欠かさないようにしましょう。もしメンテナンスが面倒という方にはメンテナンスフリーバッテリーがおすすめです。通常のバッテリーより高価ではありますが、メンテナンスが楽に済むという点は非常に魅力的です。またメンテナンスフリーバッテリーを購入する際には、それぞれにあったタイプのバッテリーを選びましょう。

バッテリーに関連するおすすめ記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする