車のメーター内を総まとめ! 種類や役割、警告灯の意味を徹底解説

 
車には様々なメーターが取り付けられています。その一つ一つにはきちんとした意味があり、思わぬトラブルの原因となりそうな部分を事前に教えてくれる役割を担っています。今回はメーターの見方の初歩から、知っているようで実はよく分かっていないところまで、メーターについて詳しく知っていきましょう。

メーターとは?

メーター

画像出典:zh.wikipedia.org

速度計、水温計、燃料計、油圧計など…様々なメーターが運転席には備え付けられています。
このメーターは何のためにとりつけられていて、何を意味しているか実はきちんと知らないという方もいるかもしれませんが、一つも無駄なものはありません。よくわからない記号のようですが、メーターのランプ点灯などのサインで思わぬ事故やトラブルが起きるかもしれないことを事前に教えてくれます。そんなメーターについてご説明します。

メーターの種類

速度計

速度計

画像出典:ja.wikipedia.org

車が走っている速度を示してくれるメーターです。車によって異なってきますが、大体の国産車には180km/hまでの数字が書いてあります。アクセルを踏んだときに、メーターがスムーズな動きをしていれば正常に動いている証です。

ちなみになぜ180km/hまで表示があるのか気になる人はこちらをチェック

オドメーターとトリップメーター

ODOメーター

画像出典:gainesvilletimes.com

オドメーターは車の総走行距離を示しており、リセットすることができません。一般的な距離を示すトリップメーターの方はリセットすることが可能です。

タコメーター

タコメーター

画像出典:ja.wikipedia.org

タコメーターやレブカウンターとも呼ばれる回転計で、一分間あたりのエンジンの回転数を表しています。エンジンの状態を正確に知ることができるため、エンジントラブルを事前に防ぐことができます。

水温計

水温計

画像出典:demon-tweeks.co.uk

水温計は、冷却水の温度を示しています。冷却水はエンジンを冷ます役割があり、冷却水が熱されている状態で走行すると車がオーバーヒートしてしまいます。そのオーバーヒートを防ぐために、冷却水の温度管理は非常に大事です。

油温計

油温計

画像出典:wemausa.com

エンジン内部のオイルの温度を示しています。
こちらもオーバーヒートを防ぐためについているといっても過言ではありません。オイルの温度が高くなりすぎるとオーバーヒートを起こしてしまうため注意しましょう。

油圧計

油圧計

画像出典:dhgate.com

エンジン内部に循環しているオイルの圧力を示しています。エンジンの劣化によってオイルに圧力がかかりにくくなり、そのエンジンの劣化を知るために使う人が多いようです。

燃料計

燃料計

画像出典:ja.wikipedia.org

ガソリンタンクに入っている燃料の量を示しています。車は、燃料が切れてしまったらガス欠をおこし、動かなくなります。燃料が切れる前に燃料計を確認して給油を行うことは重要ですね。

ちなみにガソリンマーク横の▲はそちらに給油口があることを表しています。

ブースト計

ブースト計

画像出典:ja.wikipedia.org

別名で連成計とも呼ばれ、ターボ車に装備されていることが多く、エンジン内部の空気圧を示してくれるものです。エンジン内の空気圧が高くなりすぎている際に、全開で走行しているとエンジンが壊れてしまいます。その指標として確認できるものです。

警告灯

メーターパネルには、警告灯と呼ばれて車の不具合をドライバーに知らせるための重要なランプがあります。サインが点灯していても、それが何を示すのか分かっていなければ、車がトラブルを起こしたり事故を起こしたりしてしまうかもしれません。また、あまり見かけたことがないランプが点灯していたら不安感を覚えるのではないでしょうか?

メーカーによってマークの形状が異なる場合がありますが、今回は危険が伴う可能性があるものから順に一部の警告灯についてご紹介します。一つずつきちんと覚えておくようにしましょう!

充電警告灯

充電警告

画像出典:toyota.jp

充電警告灯が点灯したときには、オルタネータから発電していない状態を示しています。
これが点灯している場合には、安全な場所に停車しエンジンを止めましょう。オルタネータのVベルトが緩んでいたり切断している可能性があります。すぐに自動車整備工場へ連絡するようにしましょう。

油圧警告灯

油圧警告

画像出典:toyota.jp

油圧警告灯が点灯しているときには、エンジンオイルの圧力が低下していることを示します。この場合も充電警告灯同様にエンジンを止めて自動車整備工場へ連絡しましょう。

ブレーキ警告灯

ブレーキ警告

画像出典:toyota.jp

ブレーキ警告灯が点灯しているときには、ブレーキ液が減少している可能性があります。ブレーキ液が漏れていたり、摘発していたりなどの可能性があり、早急な点検や整備が必要となります。気付き次第自動車整備工場へ連絡しましょう。

SRSエアバック警告灯

エアバック警告

画像出典:toyota.jp

SRSエアバック警告灯というのがあります。これはあまり目にしないかもしれませんが、有事の時に出てくるはずのエアバックが機能しないかもしれないという警告です。この場合にも自動車整備工場やディーラーに連絡するようにしましょう。

高水温警告灯

高水温警告

画像出典:www.honda.co.jp

高水温警告灯というものがあります。これは温度計を示しているマークです。この警告を放置しているとオーバーヒートを引き起こし、エンジンが壊れてしまう可能性も。
最近の水冷の車は、すぐにエンジンを止めるようなことはせずに、ゆっくりと走行をやめて車を止めておく方が賢明です。そして、ロードサービスや自動車整備工場に連絡しましょう。

エンジン警告灯

エンジン警告

画像出典:toyota.jp

滅多に見ることはないとは思いますが、エンジン警告灯が点灯している時にはエンジン制御システムに異常があります。また、エンジンオイル系統に何かの異常があるケースも少なくありません。
一刻も早く運転をやめ、自動車整備工場に連絡するようにしましょう。

車のメーターに関する口コミ情報

まとめ

このほかにも警告灯は、半ドアの時の警告やシートベルト未使用を知らせてくれる警告などがあります。警告灯がついているということは、何かしらのトラブルとなる原因があるということです。点灯している際にはその意味を調べて修理依頼をしたりするなど、迅速に対応をして安全なドライブにしてくださいね。

メーターに関連するまとめ記事

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント