車のカーフィルム・スモークフィルムの貼り方とDIYの注意点まとめ

 
車のカーフィルムやスモークフィルムを、プライバシーの保護やUVカットを期待して貼ってみたいなと考えたことはありませんか?便利な反面貼り方を間違えると整備不良として違法改造になることも。 そんなカーフィルムをDIY施工する方法や注意点などをまとめました。

車のカーフィルム・スモークフィルムを貼りたい!

車内を覗かれたくないというプライバシーの観点や、日焼けや日除け、UVカットの効果を期待してカーフィルム・スモークフィルムを貼りたい!と思う方も多いのではないでしょうか。
カーフィルム・スモークフィルムは、大手量販店・ディーラー・専門店などで入手できます。店舗でも施工可能ですが、費用が多くかかることや、仕上がりに満足できないケースもあります。カーフィルム・スモークフィルムは自分でも貼ることができますので、挑戦してみても良いでしょう。そんなカーフィルム・スモークフィルムの貼り方についてご紹介します。

何が違法改造になるの?

ガラスが黒い車

画像出典:www.tukangkacafilm.com

一昔前、運転席まで窓ガラスがスモークをしている車を見かけたことはありませんか?
濃いフィルムを運転席まで貼ってしまうと、視界が悪くなり事故の危険が高まります。そのため現在の道路交通法では、窓ガラス一面が濃いフィルムで覆われている車は「違法改造」「整備不良」と見なされるようになりました。カーフィルム・スモークフィルムを貼る際、「違法改造」とならないように注意しましょう。

後部座席やリアガラスは問題なし

リアガラス

画像出典:blog.sandersford.com

車の後部座席のサイドガラス、リアガラスにはどんなフィルムを貼り付けても問題ありません。運転席の後ろの座席に関しては、車検で検査されることはありません。これは、運転手が車外の様子を確認できるかどうかの検査のため、運転席より後ろの座席は関係がないということです。この理由から、後部座席のサイドガラスやリアガラスに関しては真っ黒なフィルムを貼り付けても大丈夫です。

フロントガラスや運転席側は要注意

フロントガラス・運転席・助手席側のサイドガラスは、可視光線透過率が70%以上ない場合、車検に通りません。カーフィルムを貼ることは違法ではありませんが、可視光線透過率が検査されます。
元から着色されているガラスにカーフィルムを貼る際は、可視光線透過率70%以上の商品でも透過率が下がってしまいますので注意しましょう。透過率は測定器がないと測れないため、基準値に収まっているか、ある程度計算する必要があります。

可視光線透過率

画像出典:www.ebay.co.uk

カーフィルムは剥がす時に大変…

日焼けなどのUVカット効果や、外側から見えにくくプライバシーの観点からも良い効果を発揮するカーフィルムですが、貼る時よりも剥がす時のほうが大変なようです。貼る時は張り方を参考にするとそれなりにDIY可能ですが、剥がすときにはノリ剥がしまで徹底して行うと大変な作業になります。中古車として買い取ってもらう予定がある場合には、注意しておかなければなりません。

準備するもの

カーフィルム・スモークフィルムを貼るために準備するものをご紹介しましょう。

・持ちやすく細かい作業のやりやすいカッターナイフ
・500mlから1000mlくらいの霧吹き(霧吹きには水500ccに対して洗剤は5~15ccを混ぜて入れておく)
・ダーマトグラフと呼ばれる先の柔らかい白色の鉛筆
・作業道具をいれておくバケツ
・プラスチックのヘラ(ジラコヘラ)
・ゴムベラ
・柄のついているヘラ
・セロテープ
・定規
・メジャー
・ビニール系の板

水に洗剤を混ぜると、貼る際に微調整が利きます。

作業環境

Garage

画像出典:flickr

作業に適している環境は、風がなく雨の降っていない場所。綺麗に掃除された車庫などでの作業が理想的です。

フィルムの貼り方

フィルム貼ってるところ

画像出典:www.ebay.pl

作業に入る前に準備をしましょう。

型取りや確認

カーフィルム・スモークフィルムを貼りたい窓を確認し、型取りするときに邪魔になる外装や、その外装が取り外しても良いパーツで取り外せるのか、内側窓ガラスの隅まで手が届くかなどを確認しましょう。確認した後に、カーフィルム・スモークフィルムをパーツごとに切り分けていきます。

便利なカット済みフィルムも

カーフィルムの型取りは、慣れていないと大変な作業ですので、あらかじめカットされたカーフィルムを購入してもよいでしょう。ネットで車種を選択・注文することで、車にあわせてカットされたフィルムが届きます。あとはそのカーフィルムを貼るだけのため、短時間で仕上げることができます。

掃除

車内に砂埃がないか確認しましょう。これは作業する外の地面が砂利の場合も同じですが、フィルムに埃が入ってしまうと、上手く貼ることができません。前もって、ガラスクリーナーなどでガラスの表面も綺麗にしておきましょう。

濡らしておこう

手を洗ってる

画像出典:www.theatlantic.com

パーツごとに切り分けたカーフィルム・スモークフィルムを貼る前に、フィルムを貼るガラスにスプレーを吹きましょう。この際に指先も濡らしておくと、フィルムに指紋が付きにくくなります。

貼る手順

上から下へ貼るようにしましょう。透明シートを剥がしてフィルムの糊面にスプレーを吹きかけ、フィルムを窓に貼り位置を決めます。このときに、ガラス上部の端から2mmくらいの隙間を開けて位置を決めると良いでしょう。位置を変えるためには指で押せばフィルムが移動します。指で押して微調節を行い、歪んでいないか確認しましょう。

位置が決まったら本貼りに入ります。フィルムの上からスプレー液をかけ、ヘラで空気や水を抜きます。フィルムを中から外へと動かすと綺麗に空気が抜けていきます。なお、一枚のガラスに複数枚のフィルムを貼る場合には、完全に乾ききるまで待ちましょう。

出典:youtube

まとめ

カーフィルム・スモークフィルムの貼り方は、実際にやってみると細かな作業ですが、専門店で施工するよりも費用を抑えられます。便利なカット済みフィルムも購入できますので、カーフィルム・スモークフィルムの施工を検討している方は、DIYに挑戦してみてはいかがでしょうか?

カーフィルムやスモークフィルムの口コミ

カーフィルム・スモークフィルムに関連する記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする