ローンが残っている車でも売れる?車の売却にありがちなトラブルと回避術を紹介!

 
ローンが残っている車であっても、基本的には売却可能です。しかし、最近ではローンが残った車の売買によるトラブルなどが多く発生しているようです。そんな今回は、ローンが残っている車を売る(売却)際の手順や、起こりがちなトラブル回避術などをご紹介!

ローンが残っている車は売れる?

自動車を売却しようとする際、ローンが残っている車については売却できない場合があります。今回は自動車ローンが残っている車を売却するための正しい手順と、トラブルへの対応方法を解説していきます。

車・ローン

画像出典:tuautoseguro

自動車・中古車の所有者は誰か?

自動車の売却に大切な事項は、車の「所有者」が誰になっているか、です。
車の所有は大きく、「自分や家族」もしくは「ローン会社や自動車販売店」の2つに分かれます。

車検証を見れば所有者・使用者がわかる

普段聞き慣れない「所有者」という言葉ですが、自動車には「所有者」と「使用者」といった枠組みがあります。そして、この所有者や使用者は車検証を見ると分かります。
車検証の「所有者の氏名又は名称」という欄を見ると、所有者があなたや家族の名前であれば自分や家族の所有権、もしローン会社やクレジット会社、自動車ディーラーなどの販売店であれば他人の所有権となりますので、正しい手続きのうえ売却する必要があります。

車・ローン

画像出典:wikipedia

所有権者が「自分や家族」名義の場合

車検証の所有権者欄に「自己(自分)」や「家族」が名義になっていれば、仮にクレジット会社や信販会社にローンが残っていても売却や譲渡が可能となります。
ただし注意点として、家族の車を売却する際には本人の委任状が無いとトラブルの元になるだけでなく、仮に売却者が未成年の場合は売買が無効になることもあります。そうならないためにも、委任状をきちんと受け取る必要があります。
また、同時に車の購入時に銀行からマイカーローンなどの借り入れを行っている場合、車検証の所有者欄は自己名義であっても、銀行との契約条件においては、無断での売却などが禁止されている場合もあるので注意しましょう。

所有権者が「自動車販売店やクレジット会社」名義の場合

車検証に記載の所有権者と使用者が異なる状態で、使用者が車を擬似的に所有している契約体系を「所有権留保」と呼びます。
このように、車の所有権者が売却者とイコールでない場合、売却に必要な対応は大きく分けて下記の2点となります。
まず1つ目が「クレジット・信販会社やディーラー・販売店に中古車売却の承諾をもらう」、そして2つ目が「残りのローン期間の残額を完済する」です。

車・ローン

画像出典:thetruthaboutcars

2つ目の「残りのローン期間の残額を完済する」については、完済さえすればクレジット会社が所有権を移転する手続きをとってくれるので問題ありません。
問題は1つ目の承諾をもらう方法です。今回はあえて完済と承諾の2点に分けていますが、実際は1点目の「クレジット・信販会社やディーラー・販売店に中古車売却の承諾をもらう」も結果的に残りのローンの完済につながる方法となります。またローン返済の見込みがなければ、所有者の承認はもちろんのこと、売却も不可能です。
今回は中古車の売却方法としてよく利用される、所有者から承諾を受ける方法をご紹介します。

一般の中古車販売店への売却について

中古車販売店などへ車を売却する際、ローン残高を売却価格で賄うことができるのであれば、中古車販売店や買取店が手続きを進めてくれるところが多いです。売却価格がローン残高に満たない場合は、不足金を払ったうえで所有権の移転処理を行うことが可能です。
本来であれば、ローンを現金で完済してから所有権の移転が必要なところですが、商慣習に従って自動車の「売却」と「所有権移転」を同時に経項して行うことが可能となっています。

オークションや個人売買サイトでの中古車の売却の場合

最近では中古車を高く売買するために、個人売買やオークションが盛んです。ただしローンが残っている車を売却する際には注意が必要です。
オークションや個人売買では売却と所有権の移転を同時並行ですすめることが現在では難しいため、今の時点では残っているローンを別のローンで借り換え・組み換えを行い、所有権を移転するなどの作業が必要となります。

しかし今後、さらに中古車の個人売買やオークションが盛んになっていけば、現在の中古車販売店と同様に、ローンの残っている自動車の所有権移転と売却を同時に行うことができる時代がやってくるかもしれません。

インターネット上の個人売買サービスを比較!

個人売買の豆知識はコチラ!

【補足】自分で所有権移転(解除)する方法

所有権移転(解除)をする際は、印鑑証明書や譲渡証明書、委任状の3点を所有者に用意してもらう必要があります。自分が用意する書類は、車検証(自動車検査証)と印鑑証明書です。この5点セットを陸運局に持ち込む事で、ようやく所有権解除の手続きが行われ、新たな車検証を取得することが可能です(500円程度の印紙代が発生します)。※ただし、この方法はローンが完済されている場合のみとなります。

ローンが残っている車を黙って売却すると犯罪になる!?

ローンが残っている車は、法律上では他人の所有権です。そのため、場合によっては「横領罪」や「遺失物等横領罪」にあたる場合もありますので注意が必要です。
もちろん刑法上の問題だけでなく、民法による賠償責任の対象となる「不法行為」や「善管注意義務」として咎められるケースもありますので、しっかりと車の所有権を確認し、正しい売却を行いましょう。
ローンが残っている状態だと、ほぼ何もできません。

パトカー

画像出典:wikiwand

ローンが残っている車に関するユーザーの声

まとめ

今の日本は、オークションサイトやオークションアプリの流行により、個人売買が盛んに行われている状態にあります。しかしその反面、トラブルなども多く発生している傾向にあります。その中でも、今回のようなローンの残った車の売買などについては特にトラブルが多いようです。皆さんも、ローンが残った車について個人売買をする際には、特に気を付けましょう。

車を売るなら「CARNNYマーケット」がオススメ

リアルタイムの相場情報を確認できるので、車を売る際は参考にしてみるといいでしょう。他にも車種やグレードなど、不明な場合は担当者とチャットですぐに相談できるので安心、そして便利です。

CARNNYマーケット

関連記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする