エンジンルームは水洗いできる?エンジンルームの洗浄方法と注意点を徹底解説

 
エンジンルームは水洗いできるって知ってた?エンジンルームの洗浄は忘れがちですが、放っておくと故障の原因となるため、適度に洗浄する必要があります。業者に依頼することもできますが、極力費用を抑えたい方は自分でエンジンルームを洗浄しましょう。今回はエンジンルームの洗浄方法と注意点について解説します。

エンジンルームの洗浄は忘れがち

汚れたエンジンルーム

画像出典:thegarage.jalopnik.com

エンジンルームの洗浄は忘れがちです。放っておくと故障の原因となるため、適度に洗浄する必要があります。業者に依頼することもできますが、極力費用を抑えたい方は自分でエンジンルームを洗浄しましょう。今回はエンジンルームの洗浄方法と注意点について解説します。

エンジンルームを洗浄するメリット

・見た目が美しくなる
・トラブル発生時にすぐに原因が特定できる

綺麗なエンジンルームを見るだけでも愛車に一層愛着が湧きますよね。また常に綺麗にしておくことで、オイル漏れなどのトラブル発生時にも原因をすぐに特定することができます。ちなみにF1などのレースカーも、異常箇所がすぐ特定できるよう常に綺麗な状態が保たれているそうです。

エンジンルームを洗浄する際の注意点

エンジンルーム

画像出典:hitmind

エンジンルームは水に弱い

エンジンルームには水に弱い部品が収納されています。特に最近の車は電気系統の配線が沢山組み込まれています。エンジンルームの防水加工は裏側までされていないところも多いため、エンジンルームの配線には防水保護をしましょう。なお汚れが軽度の場合は乾拭きで、ひどい場合のみ水拭きやクリーナーを使います。

エンジンルームに浸水しても焦らない

エンジンルームの防止保護が甘いと、エンジンルームを洗浄した際にエンジンが始動しないことがあります。しかし主要部まで浸水していなければ、完全に乾燥させることでエンジンは始動します。エンジンルームは複雑な作りになっているため完全に浸水を防ぐことは困難です。注意して作業する必要はありますが、神経質になりすぎる必要はありません。

エンジンルームの洗浄方法

手順1:下準備をする

車・エンジンルーム

画像出典:nycitytowingservices

まずはバッテリーを外して各パーツをビニールなどで覆います。また配線などの電気系統には防水保護をしておきます。電気系統を洗浄する際には、乾拭きや専用ウェットシートなどを使って綺麗にします。

手順2:専用洗剤を塗布する

エンジンルーム

画像出典:whenbuy

カバーした箇所以外で油汚れがひどいところには、専用洗剤を散布して馴染ませます。おすすめはスプレータイプの泡状クリーナーです。散布して10分ほど放置しているだけで汚れが浮いてくる優れものです。

手順3:水洗いをする

画像出典:carcleaningguru

専用ブラシやスポンジで軽くこすり洗いした後に水で洗剤を落とします。この時、高圧洗浄機やエンジンクリーナーガンなどを使うと楽に作業できます。もし無い場合は普通のホースでも問題ありません。

手順4:乾燥させる

エンジンルーム 水洗い

画像出典:ddvscotland

エンジン内に大量の水分が残っていると腐食の原因となるため、完全に乾かします。ブロワーなどを使って水滴を飛ばしても良いでしょう。もし無い場合は、エンジンをかけてアイドリングすると5〜10分程度で乾燥させることができます。

実践動画

画像出典:youtube

エンジンルームを洗浄する際には動画を見ながら行うと良いでしょう。しっかりカバーしていれば、動画のように大胆に洗浄剤を吹き付けて流しても問題ありません。

エンジンルームのメンテナンスも同時に済ませよう

エンジンルームをチェックする機会は中々ありません。エンジンルームを洗浄する際には、同時にエンジンルームのメンテナンスも済ませましょう。なお、エンジンルームをメンテナンスする際のチェックポイントは以下の5箇所です。

エンジンルームのチェックポイント

・ウィンドウォッシャー
・ブレーキ液
・バッテリー
・冷却水
・エンジンオイル

実践動画

画像出典:youtube

エンジンルームの洗浄を業者に依頼する場合

エンジンルームの洗浄が面倒という方は業者に依頼しても良いでしょう。しかし相場は5000円〜20000円と、自分で洗浄するより費用がかかってしまいます。普段は自分でエンジンルームを洗浄して年に一度はプロに任せる、と使い分けても良いかもしれません。

エンジンルームの洗浄についての口コミ

エンジンルームを思いっきり洗浄すると、気持ち的にいい気分になるとの意見が多数寄せられています。

まとめ

エンジンルームには水に弱い部品が収納されているため、ある程度注意して洗浄する必要があります。しかしエンジンルームが綺麗になると、その分愛車に愛着が湧いてトラブル時も原因が早期発見できます。長く愛車と連れ添うためにも、日頃の洗車と一緒にエンジンルームも洗浄してみてはいかがでしょうか。

カーメンテナンス・洗車に関連する記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする