レンタカーでも好きな音楽を聴こう!車でスマホの音楽を聴く方法まとめ

 
レンタカーでお気に入りの音楽を聴く方法を一挙にご紹介!レンタカーの中には、カーオディオが古くスマホを接続できないものも存在します。折角のドライブでお気に入りの音楽を聴けないのは辛いですよね...。ですが、音楽を聴く手段はいくつか存在します!今回は、レンタカーでも音楽を車で聴く最新の方法を解説していきます。

スマホの音楽を聴きたい!

スマホ

画像出典:www.androidcentral.com

最近は、スマートフォンやMP3プレイヤーで音楽を聴く人を街のいたるところで見かけます。CDなどから取り込む、WEBストアで購入する、アプリで視聴するなど、今や音楽を手軽に便利に楽しむ手段が広がってきました。

しかし、車の中でもそれは同じでしょうか?
愛車であればカーステレオも備えつけることができ、HDDナビで音楽を取り込んだりCDを車載しておいたりなどで不自由はありませんが、レンタカーや社用車を乗っている際にはそうはいかないこともしばしばです。折角スマホに音楽があるのに聴けない、なんていう経験もあるのではないでしょうか。そんなことにならないよう、スマホの音楽を車のスピーカーで聴く方法を紹介します。

AUX経由で音楽を聴く

aux

画像出典:ja.aliexpress.com

音声入力のAUXや外部入力のRCAがあれば、スマホと直接ケーブルを繋いで車内で音楽を楽しめます。また、接続ケーブルによっては充電も可能です。スマホの充電を気にすることなく扱えるのは良いことですよね。
AUX端子自体も安価のため入手しやすく、大きくもないため遠出の際にカバンに入れておけば便利かもしれません。カーナビやカーステレオが装備されている場合には1番シンプルな方法です。
なお、有線のため配線が若干邪魔になることや、カーナビやカーステレオによっては接続端子がないものもあり使用できない点には注意が必要です。

オウルテック「AUX端子接続用オーディオケーブル」

AUX用のミュージックケーブルで、巻き取り可能なリール式のためコンパクトに持ち運びができます。CDのコンポなどにも適応しており家庭でも利用ができます。
ケーブルは数段階で調節でき、好きな位置から巻き取りが可能です。また、ケーブルが白色のタイプは夜の車内でも見つけやすく、簡単に壊れることはなさそうなそこそこしっかりした作りで操作もしやすいです。

i-phoneのライトニングコネクタに対応するものも登場しています。

USBポートに接続

usb

画像出典:www.appbank.net

最近の車では、USBポートが車に備え付けられている場合が多くあります。スマートフォンの充電はUSBケーブルで行うため、多くの車にUSBポートの準備がされています。このUSBポートにケーブルを接続することで音楽を楽しむことができ、充電も兼ねてくれることがほとんどです。

有線で繋いでいるために、音の劣化がなく高音質を保っていますが、線が絡まって邪魔になりやすいのが難点です。旅行の際には充電ケーブルを持参している方も多いと思いますので、特別な用意なく使えるのは魅力的ですね。

槌屋ヤック株式会社「VP106」

オーディオ中継用のUSBポートと充電用のUSBポートに分かれています。各ポート1つずつついており、オーディオ側のポートを使えばカーオディオに接続し、スマホなどの音楽を楽しむことができます。充電用のポートを使えば携帯電話や携帯ゲーム機など規格が合う電子機器の充電を行うことができます。

Bluetooth対応

Bluetooth

画像出典:ebay

昨今では、Bluetooth対応の車載カーナビが増えてきています。Bluetooth対応カーナビやカーステレオが装備されている場合には、スマホでBluetoothの接続設定を行えば音楽を聴くことが可能です。ワイヤレスだと音の劣化が激しいと言われていますが、Bluetoothでの音の劣化は少なく高音質を保って聴くことができます。

また、機器同士でペアリングを行うため、混線が多いと言われる都心部での混線も少なくて済みます。しかし、カーナビやカーステレオの設定をしてペアリングさせるのは、若干手間と感じることもあるかもしれません。

エレコム「LBT-ACR01K」

エレコムが発売しているBluetoothを使って、カーステレオで再生できるオーディオレシーバーです。シガーソケットにセットし、カーステレオのAUX端子に付属のケーブルを接続して使用でき、Bluetooth 4.0にも対応しています。
混線が少ないBluetoothでの音声やりとりですので、高音質でノイズが少なく聴きやすく、さらには充電用のUSBもついており、再生しながら充電することも可能です。

AGPtEK「CARG7」

Bluetoothを搭載したFMトランスミッターです。Bluetooth以外にUSBポートやMicroSDカードのポートまで完備され、これ1つで様々シーンに対応可能な優れものです。

FMトランスミッター

fmトランスミッター

画像出典:www.seiwa-c.co.jp

もしかしたら、カーナビもカーステレオもなければUSBポートなんかもないよ!という方もいるかもしれません。前述のアイテムを取り付けられればいいのですが、レンタカー・社用車などではそうもいきませんよね。しかし、FMラジオとシガーソケットさえついていればスマホから音楽を楽しめる「FMトランスミッター」という道具があります。FMラジオとシガーソケットが付いている車であればどんな車でも使用でき、レンタカーやトラック、社用車にも簡単に使えます。

FMトランスミッターは、FM放送と同じ周波数・偏重方式の電波に乗せて発信する機器で、スマホや音楽プレイヤーの音楽を発信することができます。つまり、自分のお気に入りの音楽をラジオのように聴くことができます。このFMトランスミッターは、スマホが登場する以前から利用している人も多く、カーショップはもちろんのこと、ドンキホーテなど大型用品店でも簡単に手に入ります。

基本はFMラジオと同じ

高音質とは言い難いものの、FMラジオと同じくらいの音質は確保されるため、聞けないほどの低音質というわけではありません。簡単に接続することができ、特殊な設定をする必要がないため誰でも使えることができます。

電波には気をつけて!

しかし、電波が拾えない場合や、近くで同じチャンネルの電波での発信があった場合には混線してしまうこともあります。ラジオで発信しているため、仕方がないといえば仕方がないことですね。

BESTEK「BTBC06BK」

音源をケーブルでつなぐのも、Bluetoothでの接続も両立できるタイプのFMトランスミッターです。大きさもコンパクトで邪魔にならず、半分はシガーソケットに埋まるためほとんど気になりません。

音質やノイズもないわけではありませんが、他の商品に比べると非常に少なく音質も悪くないようです。USB充電にも対応しており、USBポートが2口ついています。また、簡単な操作でハンズフリーも可能という高機能な商品です。

JAPAN AVE「FMトランスミッター」

「APT-Xシステム」という、ワイヤレスなのにCD同等の再生機能を持つと言われるシステムが搭載をされています。スマホから接続する際には、専用アプリが搭載されているためそれをダウンロードすると、スマホで簡単に周波数の操作や音楽再生、一時停止や曲の移動などができるという便利な機能があります。また、USBポートが3口あり充電にも利用できます。

小型ワイヤレススピーカー

FMトランスミッターはあまり好まない方もいるかもしれません。周波数の調整などといった小難しい操作が出てくるため、機械が苦手な方はそこに苦手意識を感じてしまうかもしれません。

そういった方のためにオススメの商品は、小型ワイヤレススピーカーです。Bluetoothの接続により、スマートフォンの音楽などをスピーカーで再生する機能を持つ商品です。車内のみならず、アウトドアのシーンでも役に立つこと間違いなしです!さらに、カーナビのBluetoothやFMトランスミッターなどを利用して音楽を聴いていると、エンジンを止めてしまうと音楽も切れて聞けなくなってしまいます。その点、ワイヤレススピーカーはエンジンを止めても音楽は流れたままになるので音楽を切りのいいところまで聞くことが可能です。

omodofo Bluetooth ワイヤレススピーカー

Bluetooth対応のスマホに使用でき、スマホに保存されている曲はもちろん、動画サイトなどの音声もスピーカーで聴くことが可能です。小型のマイクが搭載されており、ハンズフリーの通話も楽しむことができます。本体底部に滑り止めが付いているため、ダッシュボードでも安定して置くことができます。何ともかわいい見た目も車内のアクセントとしておすすめです。

SONY「SRS-X11」

ソニーから出ている小型スピーカーです。可愛らしいデザインにウォークマンと同じ色展開が特徴的で、女性に人気の高いスピーカーです。コンパクトながらパワフルなサウンドで、音量も大きく楽しむことができます。

Bluetoothに対応しており、ウォークマンやスマホはもちろんPlayStation(R)Vitaともペアリングできるため、ゲームの音声などもワイヤレスで再生が可能です。NFC搭載のスマートフォン、おサイフケータイ対応機種などとのペアリングから接続・切断・接続切り替えがワンタッチで行えます。また、ハンズフリー通話も可能です。

【番外編】重低音を楽しみたい方必見!

「+C チューンナップウーハー ポピュラーエディション」

アンプとスピーカーが一体型のサブウーハー「+C チューンナップウーハー ポピュラーエディション」。円形状のデザインが美しいサブウーハーの口径は6.5インチ(165mm)と、邪魔にならないちょうど良いコンパクト感が特徴的です。既存のカーオーディオに追加できるほか、出力は160Wであるため迫力ある重低音を楽しむことができます。販売価格は42,000円(税別)。

車内 スピーカー

画像出典:prtimes

BOSE「SoundLink Revolve Bluetooth speaker」

やはり音楽を聴くならBOSEでしょ!という方も多くいるはず。このBluetooth対応スピーカー「SoundLink Revolve」は、2基のパッシブラジエーター、トランスデューサー、音響デフレクターを内臓しており、360度どの角度でもしっかりとした重低音を楽しむことができます。また、スマホからの着信を受けることも可能であり、搭載されているマルチファンクションボタンを押すことで音楽が自動停止され、着信相手と通話することができます。販売価格は、27,000円(税込)。

画像出典:youtube

あると便利な車載用Bluetoothリモコン

エレコム Bluetooth リモコン

画像出典:elecom

AUX端子やUSBポート、FMトランスミッター、ワイヤレススピーカー等、レンタカーでも音楽を楽しむ方法は数多く存在しますが、運転中に”曲を飛ばして違う音楽が聴きたい”という方もいるはずです。そんな時はハンドルに取り付け可能な小型リモコンを一台所有しておくといいでしょう。

車載用Bluetoothリモコンとなるエレコム「LAT-RC01」は、ハンドルホルダーを付けることで運転中でもスマホの操作(音楽の再生や停止、音量調整など)ができます。ハンドルホルダーからリモコンを外せば持ち運びも可能になるため、あらゆるシーンで大活躍することでしょう。

まとめ

スマホの音楽を車で聴くためのカーアイテムについてご紹介しました。有線は見栄えが悪かったり絡まったりしますが、音質の良さが保たれるものも多いです。音質にこだわる方にはAUXがオススメです。Bluetoothは無線ですが音の劣化も少なく、混線も少ない利点があります。他にもFMラジオとシガーソケットしか車についていない方でも安心してスマホの音楽を頼めるFMトランスミッターもあります。または、カーナビからBluetoothの接続や、FMトランスミッターも音質が悪くて嫌だという方は、ワイヤレススピーカーを購入することをお勧めします。

レンタカーなどに乗る際にはいくつか装備を持ち合わせ、合うものを設置するというのが最も望ましいかもしれませんね。

関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする