4WDとAWDの違いと意味を徹底解説!「4WD」と呼ぶのは日本だけ?

 
駆動方式を表す「4WD」と「AWD」。日本ではスバルがAWDを使っていることが有名ですが、どちらも四輪駆動なのになぜ呼び方を変える必要があるのか疑問に思ったことはありませんか?今回は意味の違いや導入の背景、特徴の違いなどを徹底解説します!

4WDとは

4WD

画像出典:flickr

4WDとは「four wheel drive」の略称です。日本語訳は「四輪駆動」で「四駆」という言葉はこのことを指します。もともと雪や砂などの悪路を走行する効率性を高めるために開発されたといわれています。
一般的な二輪駆動(2WD)の車に比べると、四輪が駆動するため力を発揮します。走行の安定性や、タイヤの駆動力が4輪に分散されるのでタイヤの空転を抑えられる為、スリップなどもしにくいです。一方、4輪駆動なので二輪駆動車よりも構造が複雑になり、駆動系のパーツが増えます。それによりコストがかかる、燃費が悪くなる、などのデメリットもあります。

メリット ・走行安定性がある
・スリップしづらい
デメリット ・販売コストが高くなりがち
・燃費が悪い

4WD車代表的モデル

各メーカーから4WDモデルは登場しています。

ランドクルーザー
▲トヨタ「ランドクルーザー プラド」

メルセデス・ベンツ Gクラス

記事・画像出典:mercedes-benz

▲メルセデスベンツ「Gクラス」

画像出典:https://www.flickr.com

AWDとは

AWD

画像出典:flickr

一方、AWDとは、「All Wheel Drive」の略称です。日本語訳すると「全輪駆動車」また「総輪駆動車」となります。車のタイヤ全てが駆動する車のことを指します。それって4WDと何が違うの?と疑問に思われるかもしれませんが、結論は変わりがありません。厳密に言え4WDもAWDの中のひとつとして数えられているのです。4WD=AWD表記でも問題なさそうですが、そうではありません。AWDは「全輪駆動車」また「総輪駆動車」です。普通の感覚でいくと4輪で走るものが車と思いがちですが、世の中には4輪以上のホイールを有する車が存在します。6つ8つとホイールがあり、これらも含めた「全輪駆動」「総輪駆動」する車をAWDといいます。

AWD車メリット・デメリット

メリット ・4輪以上の車両でも走行が安定
デメリット ・一般車では4WDと同じ
※デメリットではないですが。。。

AWD車代表的モデル

AWD車は主にスバルが展開をしています。
新型インプレッサ販売開始
▲スバル「インプレッサ」

画像出典:subaru.jp

メルセデス・ベンツ G63 AMG 6×6
▲メルセデス・ベンツ「G63 AMG 6×6」

画像出典:www.mercedes-benz.jp

4WDとAWDの違い

4WDとAWDについて4輪の一般車両の場合は大きな違いはありません。しかし、なぜ名称が分かれているのでしょうか?

4WDは日本基準・AWDは世界基準

4WDとAWDの最大の違いは言葉の違いです。どういうことかというと4WDという言葉は日本特有のものなのです。世界的にはAWDという呼び方が標準です。米国や欧米で4WDと言っても通じません。
この背景には2つ理由があります。ひとつには日本に6輪駆動、8輪駆動の車がそれほど普及していなかったこと、もうひとつは日本ではAWDという言葉が浸透する前に1972年にスバルのバン誕生によって「4WD」という言葉が先に浸透したことにあります。
4WD

画像出典:flickr

4WDの言葉の誕生はスバルではない

前述しましたが、スバルのバン誕生によって4WDという言葉が浸透したとお伝えしました。しかし、4WDという言葉自体がそれまでになかったのかというとそうではありません。実は1960年代にホープ自動車の「ホープスターON型4WD」という軽四輪駆動車で、既に「4WD」という言葉が使われています。この車は後のスズキ「ジムニー」の原型として有名な車です。日本で言葉として初めて4WDを使用したのは「ホープスター」が初と言えるでしょう。

4wd-4
▲スバル「バン」

スバルは4WDではなくAWD

ちなみに、4WDという言葉は富士重工業のメーカーのスバルが1972年(昭和47年)に「レオーネ エステートバン 4WD」を誕生させました。このことがキッカケで日本では4WDという言葉が浸透したこととして取り上げました。しかし、そのスバルは実は20年前から競合他社との差別化を図るために「4WD」ではなく「AWD」表記としています。

4wd-3

AWDにはどんな車があるのか

日本にAWDという言葉が浸透しなかった理由としては、6輪駆動車や8輪駆動車がそれほど普及していなかったためとお伝えしました。主な車種で言うと自衛隊などの軍事用の車や、水陸両用のいわゆるバギーと同じ扱いのもので災害救助用の車があります。乗用車として街を走っている姿はそうありません。
一方世界的に見てみるとどうなのかというと、一般用の車両ではメルセデスベンツのGクラスに6輪駆動があるくらいで、それ以外で市販されているものはそれほどありません。しかし、米国をはじめカスタムカーの盛んな国でクロカンなど4輪駆動車ベースのリムジンを作る際に6輪駆動にすることもあるようです。

AVTOROSシャーマン8×8

▲Avtorosシャーマン8×8

画像出典:flickr

日本初のAWDはラジコンだった!

海外のイメージが強いAWDですが、日本には1980年代に「ブルドックAWDS」などAWDを名乗り始めました。この車は実はラジコンです。それまでのラジコンは4WDでした。AWDに馴染みのない子供たちは「AWD」という言葉だけで勝手にすごい車なんだ!と思っていたそうです。実際の車がどうだったかというと1980年代には「AWD」という言葉は浸透していなかったようです。

AWD

画像出典:flickr

自動車のグローバル化4WD→AWD

プリウス

画像出典:https://www.flickr.com

現在は日本でもスバルをはじめ「4WD」から「AWD」に置き換わってきています。現在の車でいうとハイブリッドカーの先駆者でベストセラーのプリウスもAWD車です。

4WD、AWDに関する口コミ

まとめ

4WDとAWDその違いは日本においてはほぼ言葉の違いなだけです。しかし、ここ最近のトレンドとしては、日本のメーカーでも世界基準に用語を合わせる流れになってきています。今後も「AWD」への表記変換が進むことが予想されますが、「4WD」という言葉自体が耳慣れないようになるのかもしれませんね。

関連記事

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント