【スバル】次期「WRX STI」と憶測される”VIZIV パフォーマンス STI”が登場!

 
2018年初夏をもってヨーロッパ向けモデルの生産を終了する「WRX STI」。ヨーロッパの排ガス規制の問題が背景にありますが、早くも次期モデルのベースとなるコンセプトカー"VIZIV パフォーマンス STI"が公開されています。次期「WRX STI」にはPHEVが導入されるとの情報が入っていますが、一体どんな一台に仕上がるのでしょうか。

ニュース

次期「WRX STI」と憶測される”VIZIV パフォーマンス STI”が登場!

2018年1月16日

1月12日に開催された東京・オートサロンにて、新たなコンセプトカー「VIZIV(ヴィシブ) パフォーマンス STI」をスバルが発表しました。

この「VIZIV パフォーマンス STI」は、東京・モーターショー2017に登場した”VIZIV パフォーマンス コンセプト”のSTI仕様となり、このデザインを継承する形で次期「WRX STI」になると噂されているモデルとなります。

プラットフォームには”VIZIV パフォーマンス コンセプト”と同様にSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用。何と言っても、前後パンパーや大型リヤスポイラー、サイドシルスポイラーといった部分を、STIらしいスポーティーなスタイリングに仕立て上げている点は魅力と言えるでしょう。スペックの詳細は不明なところですが、ルーフの先端にカメラを2個装着されているため、次期「WRX STI」には最新の”アイサイト”も搭載されることは間違いなさそうです。次期「WRX STI」のデビューは、2018年夏頃を予定しています。

ヴィシブ パフォーマンス STI  

「VIZIV(ヴィシブ) パフォーマンス STI」のスペック

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4650mm×1950mm×1430mm
ホイールベース 2730mm
タイヤサイズ 245/40R20
画像出典:paultan
記事出典:subaru
買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする