【保存版】中古車購入や交換するときの名義変更に必要な書類まとめ

 
中古車を購入した際の名義変更に必要な書類って何があるのでしょうか? 今回は、名義変更に必要な書類は何か、その書類はいつどこで手に入るのかまとめてみました。代行業者さんに任せるより自分で名義変更した方が金銭的にはお得ですし是非参考にしてください。

名義変更の必要書類は?

自動車の名義変更は、簡単に説明すると自動車の所有者を変更する際に行う手続きです。車の売買や相続などを行う際に行います。名義変更の手続きを行う場所は、新所有者の住所を管轄する運輸支局です。自動車の名義変更に必要書類は自分で名義変更する場合と、代行業者さんなどのお店に任せる場合とで必要書類が変わってきます。名義変更に必要な書類は以下のとおりです。

【自分で申請する場合】

譲渡証明書(旧所有者の実印の押印があるもの)
旧所有者の印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内のもの)
新所有者の印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内のもの)
旧所有者の委任状(旧所有者の実印の押印があるもの)
新所有者の委任状(新所有者の実印の押印があるもの)
自動車検査証(車検証)
新使用者の車庫証明書(発行日から概ね1ヵ月以内のもの)
手数料納付書
自動車税・自動車取得税申告書
申請書

【お店に依頼する場合】

譲渡証明書(旧所有者の実印の押印があるもの)
旧所有者の印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内のもの)
新所有者の印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内のもの)
旧所有者の委任状(旧所有者の実印の押印があるもの)
新所有者の委任状(新所有者の実印の押印があるもの)
自動車検査証(車検証)
新使用者の車庫証明書(発行日から概ね1ヵ月以内のもの)

名義変更に関わる書類の説明

車を買うには各種必要書類がありますが、一体どんなものなのか、どこから入手をしたらよいかがわからないはずです。以下より、書類ごとの説明をまとめました。

譲渡証明書

自動車の所有者が変わった際、いつ、誰に譲渡されたかを証明する書類です。書式が定められており、インターネットから無料でダウンロードできます。
譲渡証明書

画像出典:http://baioku.com

印鑑証明書

ご存知な方がほとんどかも知れませんが、印鑑の実印を証明するための書類です。市区町村役場で印鑑登録を行っている場合に発行できます。印鑑登録が済んでいない場合は印鑑証明書は発行されないので、印鑑登録をまずは済ませておきましょう。

委任状

通常、車の購入の際には委任状という車の販売店に売買した車の新規登録や名義変更の手続きを代行してもらいます。その際に必要な書類です。事前に準備の必要はなく販売店に置いてあるので、記載します。ただし実印の押印が必要なので印鑑を忘れずに持参しましょう。
委任状

画像出典:http://neutralx0.net

自動車検査証(車検証)

その車の詳細、所有者、使用者など、いわば車の身分証明書のようなものです。自動車に関する手続きには非常に重要で、常に車内に常備しておかなければなりません。不携帯で公動を走っていると違反になり罰金も支払わないといけません。車検を受けた際に発行されるものです。車検を受けたら車に常備しておきましょう。
shorui-4

画像出典:https://www.flickr.com

車庫証明書

自動車の所有者の保管場所を証明する書類です。所有者の管轄の警察署に申請をし保険場所の確認をとってもらうことが必要です。記載内容は地域によって若干異なる場合があります。申請書は管轄の警察署の窓口で受け取るか、警察署によっては用紙をダウンロードすることも出来ます。

手数料納付書(自身で名義変更する場合)

名義変更の際に手数料を納める書類です。手数料納付書に手数料に相当する印紙を貼り付け申請をします。申請する当日に運輸支局で用紙の配布を受け記入します。記入には所有者氏名のほか自動車の「登録番号」「車体番号」が必要なのでメモして行くと良いでしょう。
手数料納付書

画像出典:http://www.car-post.jp

自動車税・自動車取得税申告書(自身で名義変更する場合)

名義変更の際に各都道府県の税事務所にその内容を申告する為の書類です。申告書は手続きの当日に運輸支局に隣接する税事務所から用紙の配布を受けます。新所有者または使用者の氏名、自動車登録番号などを記入します。
自動車税・自動車取得税申告書

画像出典:http://www.kurunavi.jp

申請書(自身で名義変更する場合)

新しい車検証をコンピュータで発行する為に必要なOCR用紙です。OCR用紙とは別名で光学式文字読み取り装置といい、文字などを直接機械に読み取らせるものです。手続き当日に運輸支局や隣接されている用紙販売窓口で購入します。用紙代は地域別に若干差がありますが、100円程度です。車検証記載の内容や、新所有者・使用者の氏名、住所などを記入します。
申請書

画像出典:http://www.kurunavi.jp

追加で書類必要な場合

以下のような場合、書類が別途追加となります。

新所有者・新使用者を異なる名義で登録する場合

新使用車の住民票(発行から3カ月以内のもの)
新使用車の委任状(新使用車の認印の押印のあるもの)

車検証記載の旧所有者の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合

【住所が異なる場合】
旧所有者の住民票(発行から3カ月以内のもの)

【氏名が異なる場合】
旧所有者の戸籍謄本(発行から3カ月以内のもの)

新旧所有者に未成年が含まれている場合

未成年本人の戸籍謄本(発行から3カ月以内のもの)
両親どちらかの印鑑証明書(発行から3カ月以内のもの)
同意書(両親の実印の押印のあるもの)

追加書類についての詳細説明

住民票

住所変更や自動車の使用車に関わる書類です。住所変更の場合、車検証記載の住所から現住所までの繋がりが分かるものが必要です。複数回の転入している場合は繋がりが確認出来る複数枚の住民票が必要です。住所登録をしている市区町村役場で発行してもらいます。本人確認書類と認印が必要です。
住民票

戸籍謄本

結婚、離婚など戸籍上の変更があった場合に必要な書類です。本籍のある市区町村役場で発行でき、現住所とは無関係です。
戸籍謄本

同意書

未成年者が法律行為を行うことに対し、未成年者の親権者もしくわ未成年後見人(親権者がいない場合)が同意したことを証明する書類です。親権者の印の欄に、親権者の印鑑証明書と同一の実印を押印することが必要です。申請書はダウンロードすることが可能です。
同意書

世間の声

まとめ

書類が多いように感じますが、事前の準備を備えていれば問題ないものばかりです。車購入検討されている方や自分で名義変更やってみようと思っている方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

名義変更に関連したおすすめ記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする