新古車(未使用車)ってどんな車?メリット・デメリットを総まとめ

 
”新古車(未使用車)”は中古市場で「ほぼ新車と同じなのに安く買える!」と話題になることも多い一台。しかし、どんなメリット・デメリットがあるのか把握していない人も多いのではないでしょうか? 今回は「新古車」のメリット・デメリットについてご紹介します!

新古車って?

新古車 トヨタプリウス

画像出典:www.automotive.com

「新車とほとんど変わらないのに安く買える!」などの文句で「新古車」や「未使用車」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。
では、この「新古車」とはどのような状態の車の事を言うのでしょうか?

新品中古車

「新古車」とは正式は「新品中古車」であり、誰かが一度名義登録やナンバー登録したのにもかかわらず、誰も乗っていない車のことを指します。簡単に言えば「未使用車」ということになります。主に、「販売店へ移動しただけだけの車」などが新古車に該当するケースが多いです。
そのため「誰かが運転した車」という訳ではないので、「新車」と変わらない綺麗な状態がほとんどです。しかし、登録が一回されたものなので、一応「中古車」と同じ扱いになります。
そのために「新古車(未使用車)」という名前をつけられています。

どうして「新古車(未使用車)」がこんなにも流通してるの?

中古車

画像出典:www.pohanka-nissan.com

どうして「新古車(未使用車)」が市場に並ぶのでしょうか?
その理由には、新車の販売店(ディーラー)のノルマ達成が大きく関わっているとされており、販売台数獲得のため一度ナンバー登録をして、その後中古車として車両販売業車に卸したことによって新古車流通が多くなっているという背景があります。
なぜそんな事をしているのかと疑問に思う方もいるかもしれません、新車販売店(ディーラー)には、ノルマを達成することで特別報奨金などがもらえるなどの特典があり、そのため新車販売店が隠れて登録だけ行うなど、自動車業界の裏事情が実際にはあるようです。
そのほかにも、ディーラー自体のノルマを達成する以外にも、営業マンがノルマを達成するために自分で購入し、すぐに売りに出すということも行われているみたいです。

そのほかにも「新古車」が流通する要因も…

新古車になってしまうケースでよくあるのが、ローンを組む問題などで新車の引渡しができない場合にもキャンセル扱いとなってしまい、止むを得ず「新古車」として中古車市場に出すことも中にもあるようです。また、名義登録をしたのに客が唐突なキャンセルをしてきた稀なケースもあるいたいで、新古車はイレギュラーで流通されるケースが多いようです。

「新古車(未使用車)」のメリットとは?

中古車

画像出典:www.autotrader.com

さて、次に「新古車」を購入する上でのメリットを整理していきましょう。

価格が安い

まず、なによりも良い点としては、新車同様の状態なのに中古車価格で購入できるところだと思います。
「新車」で購入するとかなりの金額がかかると思いますが、「新古車」は中古車扱いなので、購入するときは「中古車」価格となります。
あまり使われていないのに「中古車」価格で買えるのは嬉しいですよね。

自動車税が免除される

また、これは「中古車」全般のメリットにもなりえますが、店舗によっては4月1日以降に購入したら自動車税が免除される場所もあります。
これは店舗によって変わるので、場所によっては残りの月で自動車税を月割りでディーラーに払う場合もあります。

自動車重量税が免除

自動車重量税という車を新規に登録するときに支払う国税が免除されます。これは「新車」を購入するときに払うものなので、「中古車」扱いの「新古車」に関してはかかることはありません!

また、「新古車(未使用車)」はほとんど新品同様なので、車検が長く残っていることが多いです。
車両本体だけではなく諸経費まで安くなるのはとてもお得ですよね!

「新古車(未使用車)」デメリットは?

中古車査定

では「新古車(未使用車)」を選ぶ上で不都合になったりする箇所はあるでしょうか?

グレードやオプションがついていない

まずは、「中古車」扱いなので当たり前ですが、グレードが自分の希望のグレードでなかったり、欲しいオプション装備されていない事が挙げられます。
「新車」であれば自分で好きなオプションがつけられたりしますが、もちろん「中古車」として売られたものなので、在庫車の中から選ばないといけません。

在庫車の中から選ぶことしかできない

先ほどもお話ししたように、在庫車の中から選ぶことしかできません。
これは「新古車(未使用車)」に限らず「中古車」でもそうですが、自分が欲しいと思っている車種でも在庫車の中になかったら購入することができません。
たまたま自分が欲しいと思える車種やあまりこだわりがない方にはいいかもしれませんが、こだわりがあったりこの車種ではないと嫌だ!という考えの方には向いていないかもしれませんね。

人気車種は売り切れてしまう

さらに、在庫車の中から選ばなければならないために、人気車種は売り切れてしまうことが多いです。
人気車種を見かけて欲しいと思ったらすぐさま購入を決めた方がいいかもしれませんね。
特に出てすぐの人気車種なんかだと中古車市場に出回るのも珍しいと思いますし、すぐに売り切れてしまうのも納得できるかもしれませんね。

新品同様の「新古車(未使用車)」といえども、やはりデメリットはありますね。
自分で好きにオプションなどをつけたい人にはオススメできないかもしれません。

【補足】走行距離もチェックしてみよう!

新古車(未使用車)の購入を考えている方は、走行距離も念のため確認しましょう。試乗車として使用されていることがある新古車(未使用車)は、本来なら数km~数十kmほどしか走っていないことが多いですが、中には走行距離1000km以上のものも含まれたりします。

画像・記事出典:instagram

まとめ

「新古車(未使用車)」についてどんな車両か理解いただけましたでしょうか。「新車」同様なのに一度登録がされているために「中古車」と同じ扱いをされるので安く、お得に車が購入できます。自分でオプションや在庫車の中からしか車種を選べませんが、安く「新車」同様の車を購入したい方は「新古車」の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする