【トヨタ】新型「カムリ」カスタマイズカー「SEMA 2017」で初公開!

 
トヨタが、10月31日より開催中の「SEMA 2017」にて、新型「カムリ」のカスタマイズカーを公開しました。これは自動車アナリストのラトリッジ・ウッド氏がカスタマイズしたモデルになります。トヨタは他にも3種のカスタマイズカーを公開中です。

概要

トヨタ「カムリ」ってどんな車?

トヨタ「カムリ」は、「セリカ」の派生モデルとして1980年に登場したセダンです。デビュー当初は「セリカ・カムリ」の名で販売されましたが、2代目以降に「カムリ」として正式に販売。また、世界販売台数1000万台以上(累計)の記録を持つトヨタのベストセラーモデルであり、特にアメリカでは爆発的な人気を誇っています。

トヨタ カムリ

画像出典:toyota

スペック

トヨタ「カムリ」のスペックとライバル車比較

エンジン 直列4気筒DOHC+モーター
総排気量 2.487cc
最高出力 131kW[178ps]/5,700rpm
88kW[120ps]※モーター
最大トルク 221Nm(22.5kgfm)/3,600~5,200rpm
202Nm[20.6kgfm]※モーター
出典:toyota

ライバル車:ホンダ「アコード」

エンジン 水冷直列4気筒横置+モーター
総排気量 1.993cc
最高出力 107kW[145ps]/6,200rpm
135kW[184ps]/5,000-6,000rpm(モーター)
最大トルク 175Nm[17.8kgm]/4,000rpm
315Nm[32.1kgm]/0-2,000rpm(モーター)
出典:honda

燃費性能

トヨタ「カムリ」の燃費とライバル車比較

燃費 33.4km/L
出典:toyota

ライバル車:ホンダ「アコード」

燃費 31.6km/L(HYBRIDLX)
出典:honda

走行性能

バランスのとれた上質の走り

搭載される2.5リッター2AR-FXEエンジンは排出ガス再循環システムなどにより高い燃焼効率を実現。バランスシャフトの採用などにより静粛性も向上しています。VVT-iが搭載されたことでトルクフルな走りを全域で体感できるほか、F1で蓄積された技術を転用したことで空力性能にも優れ、燃費性も高い数値を記録。オールラウンドな魅力を持った上質の走りを見せてくれます。

カムリ

画像出典:toyota

安全性能

先進的な予防安全に加え歩行者への配慮も

安全装備にはミリ波レーダーを用いて衝突を回避する「プリクラッシュセーフティシステム」を搭載。こちらは緊急時にはブレーキを強力にアシストするほか、自動減速機能が付いており不注意時にも大幅に被害を軽減してくれます。ほかにも死角に障害物や車両があることを知らせるブラインドスポットモニターや車間距離を自動調整するレーダークルーズコントロールなどを搭載し充実の予防安全機能を備えています。さらに万が一衝突してしまった場合にも7つのエアバッグが乗客を守り、ボディフロント部は歩行者のダメージ軽減のため衝撃緩和構造が採用さえています。

カムリ

画像出典:toyota
Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント