今さら聞けない”エコカー”の種類や特徴、代表車種を徹底解説

 
エコカーの種類や代表車種を一挙にご紹介!最近よく耳にする"エコカー"。車の買い替え時に"エコカー"も検討しようにもどんな特徴があり、どんな車があるのだろうか...そう思われる方もいるはず。今回は、"エコカー"の種類とその代表的な車種を解説します!

エコカーとは

簡単に言うと燃費が良くて環境にやさしい車のことをエコカーと言います。近年では世界的に資源や環境保護の意識が高まっていることから注目が集まっています。
日産 リーフ

エコカーの種類と代表車種

エコカーには様々な特徴があり、その普及率もバラバラです。どのような種類があるのか、また種類別の代表車もここでご紹介します。

ハイブリッドカー

当面の主力のエコカーとして君臨するだろうといわれているのがハイブリッドカーです。市場でも大きなシェアを誇っています。ハイブリッドカーはエンジンと電気モーターの二つを兼ね備えており、どちらも使って走ることが可能です。電気自動車と違い、電気だけでの走行ではないことから電池切れを心配する必要がない車です。通常、ハイブリッドカーは電気で動くモーターを使って低速から加速し、燃費が良い速度になったときにガソリンで動くエンジンに切り替えて走行するのが特徴です。また、ガソリン車と同様でガソリンを補給できれば長距離運転が可能となります。また、走行用バッテリーの耐久性、交換コストも改善されています。
代表的な車種はトヨタ自動車「プリウス」「アクア」、ホンダ「フィット」、です。

プリウス

画像出典:http://toyota.jp

ハイブリッドカーに関するクチコミ情報

プラグインハイブリッドカー

プラグインハイブリッドカーは通常のハイブリッドカーに家庭で使用するコンセントを使って充電もできる電気自動車(EV)と、ハイブリッドカー(HV)の長所をあわせ持つエコカーとも言われています。ガソリンで動くエンジンと電気で動くモーターの二つの動力を使って車の走行を効率化しています。近場なら電気自動車(EV)として、長距離ではハイブリッド車(HV)として利用出来るのも特徴です。しかし、電気自動車の急速充電器の設置も普及してきたものの伸び悩みは否めません。現時点で今後主流になっていくのかどうかは何ともいえないところです。
燃費でいうと、充電に伴う電気代のほうがガソリンよりも安いという事実があります。なのでEV充電を行うことが可能であれば、ハイブリッドカーに比べても燃費はかなり良いです。
代表的な車種はトヨタ自動車「プリウスPHV」、ホンダ「アコードPHV」、三菱「アウトランダーPHEV」です。

ekoka-2

画像出典:http://toyota.jp

プラグインハイブリッドカーに関するクチコミ情報

クリーンディーゼル車

日本ではハイブリッドカーが人気です。一方欧米ではディーゼル車の人気が高いです。
日本では排ガス規制が厳しく、クリーンディーゼル車といえば以前は公害車のイメージがありました。しかし、燃料を圧縮して効率よく燃焼させる技術が開発され、排ガス規制に適合するクリーンディーゼル車が登場してきました。
さらにディーゼル車といえばパワーがあり、燃費が安いのが特徴です。断続した高速走行や山道などブレーキを使わない環境ではあまり力を発揮出来ないハイブリッドカーに対してクリーンディーゼル車であればこの環境に適応し、ハイパワー&低燃費を維持出来ます。エンジンの大きさの問題で大型車が多かったクリーンディーゼル車ですが、近年ではエンジンの圧縮率を下げ小型化したエンジンの登場によって、取り扱う車種がふえていく可能性があるといわれています。
代表的な車種はマツダ「デミオ」、日産「X-TRAIL」などです。

デミオ

クリーンディーゼル車に関するクチコミ情報

第3のエコカー

軽自動車の低燃費車は第3のエコカーと呼ばれ定着してきました。
エンジン設定の改善、軽自動車用CTVミッション性能の強化。アイドリングストップ、回生ブレーキの掲載などにより、1ℓあたり30㎞を越えるハイブリッドカー波の燃費が実現しました。デメリットとして高速道路などでの全開走行を続けると燃費が落ちやすいという側面はありますが、維持費全般は安く、各自動車メーカーも販売・開発に力を入れておりそのシェアは拡大中です。今後も軽自動車は高い人気を維持するされており、ハイブリッド技術の導入もすぐそこまでといわれています。
代表的な車種はスズキ「アルト」や、ダイハツ「ミラ イース」、などです。

アルト

第3のエコカーに関するクチコミ情報

https://twitter.com/morya_0708/status/898960090455093248

燃料電池車

燃料電池車は水素と酸素を動力源として走る最先端の車です。電気自動車と比べ航続距離が長く、充電時間も約3分でできます。また電気自動車と同様に、走行中に温室効果ガスの二酸化炭素や、大気汚染の原因となる窒素酸化物などを全く出さない、新しいエネルギーで走る究極のエコカーといわれています。
現時点で水素ステーションの数は少なく、車体自体の価格がかなり高いので広く浸透するのには時間がかかりそうです。しかしながらその反響はEV車登場時よりも多大きいと言われています。
代表的な車種はトヨタ自動車「セダン型燃料電池車MIRAI」です。

mirai

燃料電池車に関するクチコミ情報

画像出典:http://toyota.jp

電気自動車

今最も注目されているであろう電気自動車(EV)は車の床にあるバッテリーを電気を充電する街の専用スタンドや家庭用に設置された専用充電設備から充電し、モーターを動かして走ります。燃費でいうとガソリンではなく電気のみなので、かかる費用もかなり安くなります。街で見かけるようになったものの、まだまだ、普及には時間が必要とされています。
代表的な車種はテスラ・モーターズの「モデルS」日産自動車「リーフ」三菱「i-MiEV」等です。

リーフ

画像出典:http://ev.nissan.co.jp

電気自動車に関するクチコミ情報

まとめ

「エコカー」といわれるくくりだけでもこれだけの種類があります。環境面、コスト面からしても利用者にお得であること変わりありません。もしかしたら世の中の車が全てエコカーになる日もそう遠い話ではないかも知れませんね。

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする