ロールスロイス「ドーン」に強靭さがアップ!”スポーフェック”がカスタムモデルを公開

 
ロールスロイスの高級オープンカー「ドーン」にカスタムモデルが登場!チューニングメーカー"スポーフェック(ノヴィテック・グループ)"が手掛けたワイド&ロースタイルを表現した一台は、まさに強靭の一言。気になる最新情報をお届けします。

ニュース

「ドーン」に強靭さがアップ!チューニングメーカー”スポーフェック”がカスタム

2017年11月27日

チューニングメーカー”スポーフェック(ノヴィテック・グループ)”が、独自のカスタマイズを施したロールス・ロイスの高級オープンカー「ドーン」を公開しました。

今回、公開されたロールス・ロイス「ドーン」は、カーボンファイバー素材のワイドフェンダーを装備。”ブリスターフェンダー”と呼ばれる手法が採用されており、ボディとオーバーフェンダーの境目を自然かつ滑らかに盛り出すことに成功しています。また、22インチサイズのタイヤ及びホイールを装着し、これに応じてホイールアーチも拡大されています。ボディサイズも13cmほど全幅を延長させ、ランボルギーニ”アヴェンタドール”と同レベルとなるワイド&ロースタイルを表現。

パワートレインは、6.6リッターV12エンジンを搭載し、最大出力686ps、0-100km/h加速は4.6秒と現行モデルよりも高いパフォーマンスが発揮されるとのことです。まさに、高級感と瞬発力に磨きをかけたカスタムモデルですが、一度実車の姿を見てみたいものです。

ロールス・ロイス ドーン

画像/記事出典:drivemag

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする