【車検】意外と知らない車検切れ時の交通違反罰則まとめ

 
車検切れで交通違反した場合の罰則を徹底解説!車検を切らさないのが一番ですが、もしも自動車の車検が切れてしまうとどうなるのか?罰金は?罰則は?何か罪になってしまうの?と思う方もいるかもしれません。 今回はそんな車検をうっかり切らしてしまった時の罰則等ご紹介していきます。

車検が切れてしまったら?

車検証

画像出典:www.saga-s.co.jp

2年に1度(新車時は3年)車検を受けないといけないことは、道路運送法に定められています。
基本的には車検の案内を見た、またはディーラーからの連絡で思い出すことが大半だと思います。車検の案内をすっかり忘れて車検の切れている車で走行した、生活が忙しくて車検の更新を忘れていた!なんてことが起きなくもありません。

車検に通していない車は「公道」を走ってはいけない決まりになっているため、運悪く検問にひっかかった、事故を起こしてしまった!なんて場合には最悪刑事罰が科せられます。もちろん、その逆で走らせさえしなければ車検が切れている車自体は違法にはなりません。
しかし、車検に行くために車を走らせることも違法となるため、業者などに手配をしてもらわないと車検を受けられません。

公道を走ってしまったら?

では車検切れの車で「公道」を走ってしまったらどうなるのでしょうか?

自賠責保険の加入切れの罰則

自動車損害賠償責任保険

画像出典:ja.wikipedia.org/

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、自動車・バイクなどを運転する場合に、自動車損害賠償保障法によって加入が義務付けられている強制保険の一種です。自賠責保険は、車検の時に一緒に加入するのが大多数であり、車検が切れるタイミングで一緒に自賠責保険も切れている可能性があります。その状態で走行した場合、違法となるため注意しておきましょう。

その際の罰則は、50万円以下の罰金又は1年以下の懲役違反点数6点免許停止処分が科せられます。
しかし、この自賠責保険は車検が切れて約1ヶ月くらいは期間がある契約になっているものが多いそうです。慢心はしてはいけませんが、車検が切れて少しの期間であれば加入している状態のまま、ということになります。

車検切れの車両走行時の罰則

では、車検が切れた車を走らせたら罰則はどうなるのでしょうか?
6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金違反点数は6点30日間もの免許停止処分が科せられてしまいます。無車検での走行は、意外にも罪が重いため注意しましょう。

自賠責保険が切れていた状態で無車検走行していたとしたら、合計12点ついてしまい90日間の運転免許停止期間と、懲役1年以下または50万円以下の罰金になってしまいます。
無車検走行に自賠責保険が切れた車での運転は、相当重い罪になってしまうということがおわかりいただけたでしょうか。

車検が切れた状態の罰則 ①違反点数6点
②30日間の免許停止
③6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金
自賠責保険が切れていた状態の罰則 ①違反点数6点
②90日間の免許停止
③1年以下または50万円以下の罰金

車検切れで事故を起こしてしまった!

事故

画像出典:898bell.com

車検切れの状態で事故を起こしてしまったとしましょう。自賠責保険が残っている場合には自賠責保険による補償されておりますが、適用期限がすぎている場合には自賠責保険による補償がない状態です。
無車検走行、無保険走行による交通事故は不正行為による損害賠償請求となる可能性が高いため、罰則も重く自己破産をして支払いを科せられる可能性が極めて高くなります。任意保険に加入していても、車検を通していないということは『整備不良』とみなされ、任意保険も意味をなさないかもしれません。

前科がつく

さらにこの無車検走行で捕まってしまった場合、前科がついてしまいます。
前科がつくと、資格の取得に制限がかかったり、今後転職や就職をする際に職業に制限がかかったりします。もしかしたら、車関係の職業などには就けなくなるかもしれません。くれぐれも無車検走行をしないように気をつけましょう。

仮ナンバー制度

仮ナンバー

仕事の事情などで車検の有効期限が間に合わない場合や、どうしても車を移動させないといけない場合もあるかもしれません。基本的に無車検の車の公道走行は違法ですが、こういう時のために「仮ナンバー取得」という方法があります。

「仮ナンバー取得」とは、ナンバープレートに赤い車線がはいったナンバーで、自分の住んでいる市町村の役所か陸運局で申請できます。この「仮ナンバー」があれば車検が切れていても公道を走ることができます。
しかし、注意点として「仮ナンバー」を借りるためには自賠責保険に加入していないといけません。車検とともに自賠責保険が切れている場合には新規契約で自賠責保険を取得する必要があります。「仮ナンバー」を代行で借りてくれるお店もありますが、代行手数料も取られてしまうため、自分で発行に行く方が簡単な手続きで、安く習得することができます。

【車検に関する最新情報】

車検切れの車は厳しく対応!自動検出装置を新たに導入

国土交通省は車検切れの車による公道走行を防ぐため、カメラでナンバーを読み取る新たな自動検出装置を2018年度から本格的に導入する事を明らかにしました。

テスト段階である新たな自動検出装置は、持ち運び可能なカメラで車のナンバーを読み取り、車検切れの車をその場で取り締まる装置となります。カメラが設置された場所で車検切れの車が通過すると、連動されたパソコン上に警告が表示。警告された車は公道を走ることができなくなる他、レッカー車の手配も行う必要があるとのことです。現在、車検や廃車手続きを行なっていない車は全国に約500万台(推定)も存在。そのうち約20万台が公道を走行している可能性があるようですが、車検が切れたままで放置している方は必ず車検を受けるようにしましょう。

車検切れ 

画像出典:flickr

車検切れに関する声

車検切れになる前に有効期限を改めて確認し、ゆとりを持って更新手続きを行うことを心掛けましょう。

まとめ

あまり知られていませんが、事故などを起こしてしまうととても重い事態になってしまう、無車検走行や自賠責保険が切れていたケースについてまとめました。最悪の場合、自己破産するほど多額のお金を支払わなければならない上に、前科者という扱いになってしまいます。数万の車検をうっかり切らしてしまっただけでそのような事態にならないように、車検のタイミングをきちんと確認しておきましょう。

「車検」に関するまとめ記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする