【車検】刑務所に車検を依頼できる!?意外と知らない安く車検を済ます方法

 
普通はディーラーやガソリンスタンドなどプロに車検をお願いしてやるもの。意外と知らない選択肢として刑務所で車検をお願いできると言うことはご存知でしょうか?しかも、刑務所に車検・車整備を依頼すると安く済みます!今回は刑務所で頼める車検についてまとめました。

刑務所で車検・車両整備を受けられる!?

刑務所

画像出典:ja.wikipedia.org

刑務所と聞くとどのような印象を抱くでしょうか?犯罪者・・・怖いとか、恐ろしいとか思うのが普通かと思います。
その刑務所で、実は車検が受けられるということをご存知でしょうか?しかも刑務所で車検を受けると普段よりも安く・正確に受けられると評判になっています。

なぜ、刑務所で車検が受けられるの?

刑務所に入所している受刑者たちは、日々刑務作業と呼ばれる社会復帰を図るための職業訓練として様々な業務を行っています。最近では刑務作業で作った商品を販売しているなんてことがテレビで取り上げられていることも増えています。

刑務作業は,刑法に規定された懲役刑の内容であるとともに,受刑者の矯正及び社会復帰を図るための重要な処遇方策の一つです。受刑者に規則正しい勤労生活を送らせることにより,その心身の健康を維持し,勤労意欲を養成し,共同生活における自己の役割・責任を自覚させ助長するとともに,職業的知識及び技能を付与することにより,円滑な社会復帰を促進することを目的としています。
出典:法務省HP

その刑務作業の一つとして車検作業があり、受刑者たちは車の車検業務を行っており、一般人からの依頼も受け付けているんです。

車検が受けられる場所

府中刑務所

まずは車検を受け付けてくれる刑務所をご紹介します。車両整備を請け負っている刑務所は全国で8箇所あります。

北海道 函館少年刑務所
岩手県 盛岡少年刑務所
埼玉県 川越少年刑務所
東京都 府中刑務所
千葉県 市原刑務所
長野県 松本少年刑務所
愛知県 名古屋刑務所
兵庫県 神戸刑務所

意外にも全国各所の刑務所にて車検を受けることが可能なんです。

注意事項

ここで注意点が2つあります。刑務所で車検・車両整備を受ける際には代車はないので、預けてしまうと返ってくるまで車がないという状況になってしまいます。くれぐれも刑務所で車検を受けるときには車がなくても大丈夫な状況の時に受けましょう。また、おおむね平日4日程度で車検は終わる事が多いそうで、休日や週末を挟んでしまうとその分長く車検がかかってしまうので注意しましょう。

品質に問題はないの?

受刑者に「車検」を任せて大丈夫なの?と不安になる方も多いとは思いますが、職業訓練が前提のため、技術を持った人が指導にあたってチェックをしるので、技術的な問題はありません。ちなみにディーラーの方(府中刑務所では日産)が指導にあたっていたこともあるそうです。
とはいえ、車検・車両整備も職業訓練の一環なので、きちんとした作業をするとは思いますが、やはりプロのディーラーなどに出すのと比べると、ビジネスではないのでプラスアルファの整備がない点があるのが実情のようです。そのため、車の状態が100%でなければという方であれば、ディーラーなど頼んだ方がいいのかもしれません。
なお、「車検」以外にもタイヤ交換、エンジンオイルの交換、エンジンの調整などといった一般整備から鈑金の塗装までしてくれる刑務所もあるそうです。

刑務所車検・車両整備を受ける方法

整備2

画像出典:www.kushima.org

実際に刑務所に車検・車両整備を頼む流れをご紹介します。
陸運局のように予約制ではなく、刑務所に直接申し込みします。念のために車検・車両整備をやっているかどうかを確認もしておきましょう。

受付

申し込み完了後、車検当日は実際に車検・車両整備を受けるとなると、車を運び直接塀の中に入っていきます。一見不安になりますが、受刑者が受付しているわけではありません。
基本的に誰でも申し込みはできますが、「どうして刑務所で車検・車両整備をしていることを知っているのか?」「誰の紹介か?」等の質問をされるそうですが、インターネットで知ったと答えておけば問題ありません。

危険物は持ち込まないように

刑務所で「車検」を受ける場合には費用を先に支払うことになっています。現金は忘れずに用意しましょう。
現金を支払うとまず初めに車の中を調べさせられます。刑務所なので主にタバコの吸い殻などや危険物、小銭などを落ちていないかどうかを調べられます。
ここで取りきれなくても後ほど警察の方がチェックしてくれるので神経質になる必要はありませんが、時間を短縮するために、先に危険そうなものは取り除いておけばスムーズに行くでしょう。

期間

刑務所車検では、一般的な車検と比べ車検にかかる期間は長く、平均して4日間程度かかってきます。なお、刑務所に台車の確保はされていないので、その間の移動は不便になってしまいます。

費用

軽自動車・小型自動車の場合ですが、整備費用が12,420円、重量税が16,400、自賠責保険が27,840円、印紙代が1,100円の合計57,760円
ディーラーに頼むより4万円程度安い価格となります。

最近は車検専門店やガソリンスタンド・カー用品店も車検サービスを行っていることもあり、車検費用の価格競争が起き、どこも安く済ませられる場所があります。
刑務所での「車検」はだいたい車検専門店・ガソリンスタンド・カー用品店などと同等の費用ではありますが、他と比べ訓練であるので丁寧に対応してくれる可能性は高いです。

デメリット

整備

画像出典:www.kushima.org

なおデメリットも少なからずあります。前述の通り代車がない、作業期間が約4日間と長いこと以外にも、支払いは現金のみであったり、土日祝日には入出庫ができなかったりなどいくるか融通が利かない部分があります。
また、基本的には日本車ならば大丈夫ですが、外国車はできない場合もあるとのことなので、もし刑務所車検を利用する際には、直接こまかく確認を取るのが望ましいかと思います。

巷でも刑務所車検を知っている人も


▲刑務所車検の評価も上々のようです。

まとめ

刑務所車検について知らなかった方も多かったと思いますが、受刑者の社会貢献にもなり、普通よりも安く車検が受けられる刑務所車検や車両整備。普段は入ることのない刑務所に足を踏み入れることとなりますが、技術的にも安心でき、価格もそこそこ安いので一度利用してみてはいかがでしょうか?

「車検」に関するまとめ記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする