【車検】ユーザー車検の申し込み方法と持ち込み手順・費用を徹底解説

 
ユーザー車検はディーラーを通さずに自分で車検を行うことですが、安いと非常に注目がされています。しかし、ユーザー車検の申し込み方法や持ち物、費用などが分からないという方も多いかと思います。 そこで今回はユーザー車検についてご紹介していきます。

なぜ車検が必要なのか?

車検

画像出典:paysafeescrow.com

そもそもなぜ車検が必要なのでしょう?
公道を自動車で走らせるためには、国が定める「安全基準」を満たしていることが必要となります。「安全基準」を満たしていない車は、事故を起こしたり、不備があることから危険なので公道で走らせてはいけません。さらに、車は経年劣化や使用によって構造や装置の劣化・磨耗がおきてしまいます。
そこで、定期的に点検・整備を行うことが必要であり、車の所持者は車の定期点検・整備は義務とも言えることなので2年に1度「自動車検査(車検)」を行うことを、道路運送車両法にて規定しているのです。

ユーザー車検

車検2

ユーザー自身が陸運局に赴き車検を行うことをユーザー車検といいます。ユーザー車検はディーラーなどに車検を出す代行車検より安いと言われる理由について確認していきましょう。
ディーラーなどの代行車検には「点検・整備料金」を含む値段が入っています。自分でこまめにメンテナンスをしない人や、知識に地震のない人には「点検・整備」があると心強いですよね。しかし、その点検・整備の手間分、費用は高くなります。ユーザー車検の場合には「点検・整備」は基本的にはありません。
プロの目できちんと点検もしてほしいけど、なるべくコストは抑えたい…という方は車検の毎ではなくてもいいので、定期的にディーラーの車検に出した方がいいかもしれませんね!

ユーザー車検に行こう

さて、では「ユーザー車検に行く際の準備についてここからまとめていきたいと思います。

事前予約

「ユーザー車検」は陸運局にて行うので、陸運局への事前予約をしましょう。運輸支局への予約は、平日の時間帯限定ですが電話、またはインターネットでの予約が可能です。予約が終わると予約番号が発行されるので、忘れずにメモしておきましょう。

自動車検査インターネット予約システム:yoyaku.naltec.go.jp

最低限のチェックをしておこう

ライトついた車

画像出典:www.nzta.govt.nz

さて、車検に行く前に最低限のチェックは自分でしておきましょう。
「ウィンカー」がちゃんと動作するかどうかや、「ブレーキランプ」「スモールランプ」などのランプ類などはもちろん、タイヤの残り溝などのチェックも行われるので点検しておきます。ホイールキャップの取り外し方やボンネットの開閉方法もちゃんとチェックしておきましょう。また、フロントガラスに何かを貼っていたりしても車検に引っかかるので、先に外しておきましょう。
車検場の近くには予備車検場というテストする場所があるので、そこを利用するのもいいかもしれません。

ユーザー車検当日の流れ

「ユーザー車検」の当日にはまず事務手続きから入ることになります。受付にて予約番号を伝え必要書類を渡します。必要書類に記入したら、次「自動車重量税」と「検査手数料」の支払いをします。「自賠責保険」の継続加入の手続きもしなければならないので、その手続きをして支払いもします。
検査は場所や車種によって異なる場合もありますが、基本的には同じとなります。

「定時書類と自動車が同じかどうかの確認」をしたのちに「タイヤやライト、ランプなどを検査員による外観の検査」をします。「サイドルリップの検査」「ブレーキの検査」「スピードメーターの検査」「ヘッドライト検査」「排気ガスの検査」を重ねていき、最後に「自動車の下側検査」を行います。
検査に合格すれば車検証を交付され、車検は無事に終了になります。

もしも不合格だったら?

自動車検査証

画像出典:ja.wikipedia.org

不合格だった場合にはその日のうちに「限定自動車検査証」の交付を受け、不合格だった理由を教えてもらいましょう。
当日中の再検査なら無料ですが、2週間以内だと不合格の理由だった場所のみの検査を1,300円で終わらせられます。しかし、それ以上かかると全ての検査を再び行い、1,800円ほど費用がかかります。不合格になった場合にはすぐに再検査を受けるようにしましょう。

持ち物

自動車損害賠償責任保険

画像出典:ja.wikipedia.org

「ユーザー車検」に必要な持ち物は以下の通りです。
「車検証」、新旧二枚必要となりますが「自動車損害賠償責任保険証明証」と「自動車納税証明証」、法定点検が終わっている場合には「定期点検整備記録簿」、「自動車検査証」は事前に用意するものとなります。
「自動車重量納税付書」と「継続検査申請書」は当日に陸運局から買うことになります。
また、忘れやすい印鑑の準備も忘れずにしておきましょう。

費用について

「ユーザー車検」の費用も車種などによって変わります。

軽自動車の費用例

自賠責保険に2万6,370円
自動車重量税に2,500円から8,800円
検査手数料が1,400円
総額は30,270円から36,570円くらいとなります。

普通自動車の費用例

自賠責保険が27,840円
自動車重量税が2,500円から75,600円
検査手数料が1,800円
総額で32,140円から105,240円となります。

値段は自治体や法改正によって変わって行くので最新の情報を確認しておきましょう。なお、軽自動車は陸運局ではなく「軽自動車検査協会」という場所で車検を受けるので、普通自動車に乗っている方も覚えておくと良いかもしれません。

まとめ

手間はかかるものの、ユーザー車検の方がディーラーに車検を頼むよりは安くすむことがお分かり頂けのではないでしょうか?4年に一度のペースでディーラーに車検を頼むようにすれば費用も浮きますし安心感もあると思います。上手にやりくりをして維持費を少しでもお得になるようにしてみてください。

「車検」に関するまとめ記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする