右折矢印でのUターン(転回)は可能!意外と知らない交通ルールをご紹介

 
右折矢印が点灯しているときはUターンも行えると知っていましたか?確かに以前は違法行為だったため迷う方もいるかもしれませんが、2012年に法律が改正されて以来合法となっています。これを機にルールを覚えてより快適なカーライフを送りましょう。

矢印信号時のUターンはOK!

矢印信号

画像出典:flickr

特に右折時に活躍する矢印信号ですが、実はUターンしてもOKだということを知っていましたか?知らなかったというかた結構多いのではないでしょうか?

それもそのはず、元々は矢印信号点灯時にUターンを行うことは禁止されており、もし行った場合は信号無視との判断で検挙の対象になっていました。しかし2012年4月に道路交通法が変更され、右折矢印信号の際にもUターン(転回)を行うことが可能になったんです。

矢印点灯時の転回は安全との判断から

矢印信号でUターンはOK

画像出典:pref.nagano.lg.jp

なぜルールが改正されることになったのでしょうか?理由は大きく2つあって、まず一つ目は右折矢印が点灯しているときに対向車が来ることがないため、青信号よりも安全に転回が出来るということ。もう一つは矢印で転回出来ないことで右折レーンに車両が溜まり、渋滞の原因になっていたからです。以前は法令を忠実に解釈していたため禁止していましたが、合理性をとる判断が下されて法律が改正されることとなりました。

認知度はイマイチ…

しかし、もともとは「信号無視」の扱いであったことから、本当に転回していいかどうか迷う人も多く、それほど認知されていないようです。

転回禁止場所ではもちろんNG!

ちなみにUターン(転回)禁止の場所では当然転回できませんので、注意ください。

転回禁止標識
▲転回禁止標識

画像出典:wikipedia

まとめ

右折矢印のときにはUターンができます。これまで泣く泣く諦めて遠回りしてい方もこれからは堂々とUターンしてください。また、これは補足ですが、転回するときは後方への注意がおろそかになりがちです。特に2輪車との接触事故は交差点で多発していますから頭にとどめておきましょう。
よく確認して安全にUターンを行って下さい。

交差点

画像出典:flickr

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする