サンルーフ付きの車は買うべき?サンルーフのメリット・デメリットまとめ

 
サンルーフ付きの車はドライブ中の開放感を味わえるだけでなく、買取査定額のアップも期待できます。メリット尽くしにも見えますが、もちろんデメリットも存在します。そんなサンルーフ付きの車にはどのようなメリットとデメリットがあるのか解説します。サンルーフを愛車に装着するか迷っている方は必見!

サンルーフとは?

サンルーフとは自動車の屋根に装備される開口部である。ガラスや透明な合成樹脂の場合は天窓と呼ばれ、通常、その中で開閉式のものを指します。

出典:wikipedia
出典:youtube

サンルーフが設置された車は開放感を味わうことができるだけでなく、買取査定額もアップするようです。ただデメリットもあるため、サンルーフ付きの車購入を検討している方は気を付けましょう。今回はサンルーフのメリットとデメリットを解説します。

サンルーフにはどんな種類があるの?

サンルーフにもいくつかのタイプがあります。まずは、サンルーフの種類についてご紹介します。

チルトアップ式サンルーフ

サンルーフ

画像出典:webasto

「チルトアップ式サンルーフ」とは、天窓部をヒンジで開閉するタイプのサンルーフです。開放面積は小さいものの、十分換気することが可能です。

スライディング式サンルーフ

サンルーフ

画像出典:yenra

「スライディング式サンルーフ」とは、天窓部を屋根と天井の間にスライドさせて開閉するタイプのサンルーフです。大きく開くため換気はもちろん、開放感も十分あります。現在多くのモデルで採用されているタイプのサンルーフです。

パラノマウィンドウサンルーフ

パノラマルーフ

画像出典:porsche

「パラノマウィンドウサンルーフ」とは、ボディの肩口にガラス面が採用されたタイプのサンルーフです。他の2タイプよりも、ウィンドウ部が大型である点が特徴です。

サンルーフのメリット

サンルーフ付きの車を購入するべきか悩んでいる方のために、メリットとデメリットをご紹介します。

サンルーフがあることで開放感が味わえる

サンルーフ

画像出典:toyota

サンルーフの大きなメリットとして、開放感を味わうことができるという点が挙げられます。サンシェードを開けると室内が明るくなり、晴れやかな気分にもなるでしょう。桜並木の下を走って車内から桜を見上げたり、車内から星空を眺めたりすることもできるため、デートにもピッタリですね。

サンルーフを開けて換気できる

サンルーフ

画像出典:addittoit

サンルーフを開けることで、快適に換気できる点も大きなメリットです。窓を開けて換気することもできますが、自分の車のエンジン音や隣の車の走行音などが煩くて会話すらできないこともあります。しかし、サンルーフであれば外の音も拾いにくく、静かに換気しながら運転できます。また「チルトアップ式サンルーフ」であれば冬でも寒さを感じることなく換気できるため、特に愛煙家の方にはおすすめです。

サンルーフ付きの車は買取査定が高値

サンルーフ付きの車は販売価格が高めに設定されています。またオプションとして設置する際には、100,000~200,000円程の費用がかかります。そのぶん希少性も高く、買取時にはプラス査定事項となる場合がほとんどです。ただし例外として、サンルーフが故障している場合には減点されてしまうことがありますので、サンルーフの取り扱いは丁寧に行いましょう。

サンルーフのデメリット

サンルーフにはデメリットもあります。しっかりと知っておきましょう。

サンルーフ付きの車は販売価格が高い

サンルーフの付いた車の販売価格は、サンルーフ無しの車よりも高く設定されています。車種やサンルーフの種類によって価格差は異なりますが、基本的には販売価格が高くなると考えておきましょう。

サンルーフが付いていると燃費が悪い

サンルーフに使われているガラスは20kg〜30kgほどあるため、燃費も悪くなります。走りに重きを置くユーザーにとっては、大きなデメリットと言えるでしょう。

サンルーフがあると夏場は過酷

サンルーフ

画像出典:avtoz

サンルーフ付きの車は天井がガラスになっているため、特に夏場は太陽の光でかなり暑くなります。日除け窓が別途搭載されたタイプもあるため、日光が気になる方はそちらの購入をおすすめします。

サンルーフの設置によって天井が低くなることも

サンルーフを設置する際には、ガラスや開閉装置など多くの部品を取り付ける必要があります。そのため、モデルによっては、サンルーフを設置することで天井が低くなるものもあるようです。特に身長が高い方は、実際に試乗して高さを確認しておきましょう。

サンルーフが劣化すると雨漏りが起こる

サンルーフ

画像出典:autoshite

サンルーフは使用していくうちに劣化します。特にゴム部品は劣化が早いようです。サンルーフの繋ぎの役割を果たすゴム部品が劣化すると、雨水が車内に浸入することがあります。

サンルーフについての口コミ

サンルーフは四季問わずに開放的な気分を味わうことができますが、やはり雨漏りするケースも多々あるようです。また、純正ではなくDIYでサンルーフを後付けする方もいますが、鉄板や内装の切断など電源を使用する大掛かりな作業となるため、車に詳しくない方はプロにお任せしたほうがいいでしょう。

また、サンルーフから顔を出して爽快感を味わいたいという方もいるかと思いますが、これは危険な行為なのでやめておいたほうがいいです。ごく稀に急ブレーキの衝撃で怪我をしたり、街路樹や高架下の表示板に頭を打つなど、大きな事故に繋がる可能性があります。

後付けサンルーフの手直し、補強前 ベコベコ~ #後付けサンルーフ #jzx100 #cresta #toyota

あらまささん(@ara_masa_1995)がシェアした投稿 –

まとめ

サンルーフがあることで、お昼は暖かい陽気を取り入れて、夜は星空を眺めながら換気をすることができます。その一方で、燃費が悪くなりサンルーフ分の購入費用も掛かってしまいます。サンルーフ付きの車の購入を検討している方は、これらのメリット・デメリットをよく考えた上で決断しましょう。

サンルーフに関連する記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする