ジープ 新型「ラングラー」ピックアップトラックは2018年11月に生産へ

 
2018年に販売を予定しているジープの新型「ラングラー」。今回は「ラングラー アンリミテッド」をベースに開発されたピックアップトラックを、2018年11月から生産するとの情報が入りました!ジープとしては25年ぶりにピックアップトラックに挑むことになりますが、一体どんな一台になるのでしょうか。ジープ新型「ラングラー」最新情報をお届けします。

ジープ「ラングラー」に100台限定の特別モデル「JK」が登場!

2017年7月5日

次期モデルのデビューが待ち遠しいジープ「ラングラー」ですが、今回は特別モデル「JK」を100台限定で販売することをFCAジャパンが発表しました。

この特別モデル「ラングラーJK」は、4ドア仕様「ラングラー アンリミテッド」の上位グレード「サハラ」をベースに製造された一台。爽やかな印象を与えるブルーの「チーフ(20台限定)」とラングラーらしさを取り入れた「ゴビ(80台限定)」の2色をボディカラーに設定する他、ハードトップには同モデル初の試みとなるホワイトカラーを組み合わせています。また、オフロードの聖地と呼ばれるユタ州南東部に位置する都市「モアブ」の座標を刻印したロールバーカバーや、ブラック仕上げのレザーシートを装備。内外装に取り付けられた「ラングラーJK」のバッジも存在感があり、まさに通常モデルでは味わえない特別感が演出されています。
パワートレインは、最高出力284ps、最大トルク347Nmを発揮する3.6リッターV6ガソリンを搭載(トランスミッションは6AT)。販売価格は4,276,800円と設定されています。

ジープ ラングラー JK

画像/記事出典:fcagroup

ジープ次期型「ラングラー」の2ドアモデルの開発車両を目撃

2017年6月30日

ジープ次期型「ラングラー」の2ドアモデルの開発車両が目撃されました。

たびたび目撃されている「ラングラー」の開発車両ですが、2ドアモデルが撮影されたのは今回が初めて。開発車両は厚いカモフラージュに覆われていますが、大まかなスタイリングは現行からそのまま引き継がれる模様です。スパイショットでは新デザインのヘッドライトが少しだけ透けて見え、フロントフェンダーの上に配置されるデイタイムランニングライトの形状を少しだけ想像することができます。また、カモフラージュ車が2台並んでいることから新型においてもハードトップとソフトトップ2種類のルーフバリエーションが用意されることが推測できます。

画像出典:jlwranglerforums

PHVの設定も

新型「ラングラー」はアルミニウムを使用した新開発のプラットフォームを採用するとのことで、軽量化と燃費の向上が期待できます。また、標準の「ラングラー」に加えてピックアップトラックの開発車両も目撃されており、こちらは1年ほど遅れて登場するとみられています。エンジンは新型2リッター4気筒ターボチャージャー付きエンジンや、3.6リッターのV6エンジン、3リッターV6エコディーゼルエンジンなどをラインナップ。この他にジープ初となるプラグインハイブリッドエンジンの設定も噂されています。

画像出典:jlwranglerforums

新型「ラングラー」年内には公開され、生産が始まるとのこと。約10年ぶりのフルモデルチェンジに期待がかかります。

記事出典:jlwranglerforums

新型「ラングラー」のプロトタイプをキャッチ!

2017年5月17日

2017年8月に発表を控えているジープ新型「ラングラー」ですが、今回はプロトタイプの姿がキャッチされました。

新型「ラングラー」は、アルミ素材をエンジンフードやドア、リヤゲートに新採用することで現行モデルよりも軽量化が実現される模様。また、マルチリフレクター式ヘッドライトやテールライトはLEDへ変更されるとのことですが、カモフラージュが全体的に施されているため、どんなデザインとなるのか気になるところです。
インテリアでは、ステアリングホイールに3本のスポークデザインを採用し、マルチファンクションスイッチも搭載。中央部に設定されたフィアット・クライスラー製8.4インチのマルチファンクションディスプレイにはエアコンの操作も可能になるとのことです。
噂では、2.0リッター直列4気筒ターボ、3.0リッターディーゼルターボ搭載モデルがラインナップに追加予定とのことですが、燃費と走行面でも向上が図られた新型「ラングラー」がどんな姿で登場するのか今後の動向にも目が離せません。

ジープ ラングラー

記事/画像出典:autobild

ジープ新型「ラングラー」完成デザインが流出!?

2017年3月30日

海外サイトに投稿された白黒の画像が新型「ラングラー」の最終デザインを示しているとして話題になっています。

リーク画像の「ラングラー」は一見現行モデルとかなり近い見た目をしていますが、より長くなったフードや装飾が追加施されたバンパー、窓下のキャラクターラインなど、細やかな変化が見受けられます。また、フレームデザインは引き継がれるようで、完全に取り外しができるドアと屋根の仕様はそのままになる模様。全体としてはアイデンティティを踏襲しながら随所にモダンスタイルを取り入れたようなスタイルに仕上がりそうです。この画像の信憑性については議論の余地が残るものの、フォルムからして新型「ラングラー」である可能性はかなり高いと考えられます。ジープはこの画像についてコメントしていませんが、この画像が本物だったのかどうかは今年11月のロサンゼルスモーターショーで明らかになります。

ジープ新型「ラングラー」

画像/記事出展:jlwranglerforums

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする