ジープ 新型「ラングラー」ピックアップトラックは2018年11月に生産へ

 
2018年に販売を予定しているジープの新型「ラングラー」。今回は「ラングラー アンリミテッド」をベースに開発されたピックアップトラックを、2018年11月から生産するとの情報が入りました!ジープとしては25年ぶりにピックアップトラックに挑むことになりますが、一体どんな一台になるのでしょうか。ジープ新型「ラングラー」最新情報をお届けします。

新型「ラングラー」の姿がリーク!初披露は11月のロサンゼルス・モーターショー?

2017年10月17日

ジープ ラングラー 01

話題の尽きない新型「ラングラー」ですが、その外観の姿がユーザーガイドのリーク画像によって明らかになりました。

リークされた新型「ラングラー」の外観を伺うと、今までの予想通りスタイリングを維持。大きく異なる点は、ヘッドライトと、ウィンカー、フロントグリルのみとなりそうです。また、パワートレインも明らかとなり、2.0リッター4気筒エンジンと、3.6リッターV6エンジンを採用。2.0リッターは907kgまで、3.6リッターは1587kgまで牽引が可能となります。その他、機能面では横滑り防止装置、自動緊急ブレーキ、フロントワイパー連動ブレーキ除滴機能を搭載。インテリアでも、従来通り2ドアまたは4ドアの選択を可能とし、インフォテインメント・システムは7.0インチと8.4インチの2種類をラインナップするとのことです。11月のロサンゼルスモーターショーでの初披露が噂されていますが、どんなデザインに落ち着くのか実車の姿を早く見てみたいものです。

画像/記事出典:nydailynews

ジープ新型「ラングラー」368馬力は誤り?リストが無評価へ修正

2017年10月13日

▼リスト修正前
スペック・修正前

画像出典:jalopnik

▼リスト修正後
スペック・修正後

画像出典:motor1

ジープの新型「ラングラー」の2.0Lターボエンジンモデルについて、これまでは368馬力と伝えられていましたが、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)による公式文書の馬力項目について、無評価へ修正されていたことが分かりました。

今回の修正によって、これまでの368馬力という情報が誤りであった可能性が高まっています。なお、3.6Lエンジンモデルについては変わらず285馬力となっており、ジープからの公式な情報発表が待たれます。

ジープ新型「ラングラー」2018年に発売? 価格など最新情報

2017年10月10日

ジープの新型「ラングラー」のテスト走行が行われており、徐々に生産モデルに近づいてきている様子が見られます。しっかりとカモフラージュに包まれているようですが、外装に大きな変化はないそうです。それでは、約10年ぶりのモデルチェンジはどのようになるのでしょうか。

ラングラー

画像引用:wranglerforums

賑やかなラインアップにスペック

現行モデルの「ラングラー」は、4速AT・5速MTでしたが、新型モデルは8速ATになる見込みです。また、新しく登場する、通称ハリケーンの新型2.0L 4気筒ターボチャージャー付きエンジンは、最新の情報では368psにも到達するのではと言われています。他にも、3.6L V型6気筒ガソリンエンジンは285psにもなり、3.0L V型6気筒エコディーゼルエンジンやPHVモデルも追加される予定です。2ドア、4ドアモデルにピックアップトラックモデルと賑やかなラインアップになることが期待できます。

公式発表は11月のモーターショー?

ジープ新型「ラングラー」の正式な発表は、2017年11月に開催されるロサンゼルスモーターショー2017になると考えられています。現在時点では、11月28,29日に詳細も含めてJEEPより公式発表がなされる予定です。

発売日は、北米で2018年の初旬になるのではと言われてます。そこから考えると、日本での発売は最短で2018年初旬、遅くとも2019年の初旬になるでしょう。

気になる販売価格

現時点での価格は公表されていませんが、予想としては約450〜500万円の価格帯になると見込まれます。現行モデルに大幅な改良が施され新装備も加わり、大幅な性能アップが見込まれるため、価格も上がるのではないでしょうか。登場が楽しみな1台です。

新型「ラングラー」の予想レンダリング画像が公開!

2017年9月22日

現在、プロトタイプの走行テストが行われている次期型「ラングラー」ですが、今回は予想レンダリング画像が新たに公開されました。

現行モデルの型番「JK」から「JL」へ変更予定の4代目「ラングラー」。およそ10年ぶりにフルモデルチェンジすることになりますが、今回の予想レンダリング画像では伝統を引き継ぐボクシーなフォルムに、LEDデイタイムランニングライトを装着した新デザインのヘッドライトやテールライトの様子を伺うことができます。また、サイドミラーにはウインカーランプ、バンパーにはフォグライトが装着されており、全体的にシンプルな内容となっています。

ジープ ラングラー

画像出典:autoblog

話題のピックアップトラックは導入なるか

また、ルーフに関してはオープン仕様のハードトップとソフトトップを用意するほか、これまで導入されなかったピックアップトラックも登場するのではないかと噂されています。パワートレインは、最高出力300ps以上を発揮する3.6リッターV型6気筒ディーゼルエンジンに加え、新たに開発される2リッター直列4気筒ターボ”ハリケーン”エンジンやプラグインハイブリッド(PHV)もラインナップされる可能性が高いとのこと。初披露は早ければ2017年以内とされていますが、どんな姿で登場するのか今から楽しみなところです。

ジープ ラングラー

画像出典:auto
記事出典:autoblog
買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする