ペーパードライバー卒業の鍵は「車幅感覚」ポイントと実践方法を解説

 
ペーパードライバーの方に必要なテクニックとポイントをご紹介!ペーパードライバーを卒業するコツはズバリ”車幅感覚”です。でも、車幅感覚を覚えるには一体...。そんな今回は、ペーパードライバーの方に教えたい車幅感覚のコツと実践方法をピックアップします!

車幅感覚

幅取って並んでる車

車幅感覚とはどのような感覚のことを言うのでしょうか?
まず、運転するためには運転席に座らないといけません。運転席に座った際に自分の車がどのくらいの幅なのか、車の全長はどのくらいなのか、突起物になるものがどこにあるのか、ハンドルを切った時にどの程度タイヤがはみ出てしまうのか、などといったことを把握しているかどうかを車幅感覚といいます。

車体だけ把握していればいい?

車体

画像出典:www.the-blueprints.com

さらに、自分の車の車体だけを把握していればいいわけではなく、車がその隙間を入れるかどうか、というのも考えなければいけません。隙間が0.1mmしかないといった状況になってしまうと少しでもハンドルを切りすぎたり曲がったりしたらぶつかって事故を起こしてしまいます。また狭い道路で対向車線から車がきてすれ違いざまにぶつけないかなどといったことは少し運転に慣れてきた方でも緊張すると思います。

ハンドルとは反対の車幅をつかむのは大変

主に、運転席から見える右側はまだしも、左側の車幅感覚がほとんどない、と言う方は多いかもしれません。
免許を取ったばかりの人が一番傷つけてしまう場所が助手席側のミラーだと言われたりしています。また、新車を買ったばかりでまだ慣れていない車に乗った場合でも傷つけてしまうことが多いそうです。

車幅感覚をつかむポイント

狭い道

特に道路の狭く土地が狭い都内などでは気をつけなければならない感覚であり、安全に運転をするためには必須になる感覚です。ここからは、その車幅感覚を覚えるコツをご紹介していきます。

車に慣れる

一番手っ取り早く車幅感覚を身につけるには、自分の車に慣れることです。長時間同じ車に乗っていると車幅感覚が掴みやすくなるのです。
しかし、慣れるまで待っていられない、すぐにでも車幅感覚をつかみたいと言う方もいるかもしれません。

位置を把握しよう

これよりも簡単に、シンプルで重要な車幅感覚を簡単に得られる方法があります。それは車に乗る前に車体を一度目視で確認をしておくことです。
これは例えば運転席側ならば、タイヤや車体など車の端にあたる部分がどれくらいの位置にあるのかを確認する、ということです。これはぶつかる部分が前だけとは限らないので、必ず後ろも確認しておくべきです。
さらに、自分の足元やハンドルを握る手元が、ボディのどのあたりの位置に当たるのか、など車内と車外をリンクさせて目標にできるものの位置を把握しておきましょう。「アクセルの位置がタイヤの内側にあたる部分」などといった把握の仕方ひとつでも、感覚の自信のなさを少しでも拭うことができます。

注意点

この時の注意点としては、シートのリクライニングなどで運転席の位置が変わったり、運転手の姿勢が変わってしまうと目標物とクルマの端との位置関係は変わってしまいます。なるべく運転する時の姿勢は決めたら動かさないようにしましょう。それさえなければ簡単に車幅感覚は身についてきます。

他にも…

道路

画像出典:www.promain.co.uk

また、他にも運転席から見てフロントウインドウ下端中心の延長線上が左前タイヤラインの延長線上、右側ウインドウ角に停止線を合わせるとほぼボンネットの先端が停止線にあう、走行中は速度表示の数字(例えば50なら0)の上を通過するように走ると道路の中央を走っている、などの位置関係も覚えておくといいかもしれません。

なお、しばらく運転しなかったりすると車幅感覚を忘れてしまうことがあると思いますが、その場合にはまた一から感覚を掴み直すまで慎重に運転しましょう。

車幅感覚をつかむ方法実践動画

一人で練習するのが運転が怖い方は…

まずは、車幅感覚を抑えることが出来るかどうかがキーポイントとなりますが、それ以外にも運転には様々なスキルが必要となってきます。ここ数年ハンドルを握っていない方は、ペーパードライバー講習を受けることも検討するといいかもしれません。

まとめ

ペーパードライバー

画像出典:flickr

最近は車両周辺の状況をカメラで撮影してカーナビで確認できる機能を備えたクルマも増えています。だからといって車幅感覚を覚えなくていいというわけではありませんが、車幅感覚について不安を覚えている方はこの機能を利用すれば安心感が増すのではないでしょうか。左右の位置を覚えておくことも大事ですが、第一に大事なのは安全運転です。事故を起こさないよう無理に狭い道を進んだりせずに、他に選択肢があれば、自分が無理なく運転できると思った場所を運転するように心がけていきましょう。

ペーパードライバーの方におすすめなまとめ記事

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント