雪の時にやる「車のワイパー上げ」実はやらない方がいい時もあるって知ってた?

 
雪が降ると一斉にクルマのワイパーをあげる光景が見られると思います。これはなぜやっているのか知っていますか? もしかしたら「みんなやっているからやらないといけないんじゃないかと思った」と言う方が多いかもしれません。 でも、中にはワイパーを上げないほうがいい時もあることは知っていましたか? 今回は雪の時のワイパー上げを実はしなくても良い場面についてお伝えしていきたいと思います。

ワイパー上げの理由

ワイパー上げ

画像出典:www.cleveland.com

雪になるとみんなが一斉にワイパーを上げる光景について疑問に思ったことはないでしょうか?そもそもどうして雪が降るとワイパーをあげるといい、といわれているのでしょうか?その理由は以下の通りです。

凍結防止

理由はいくつかありますが、最大の理由として上げられるのはワイパーの凍結防止です。これはどういうことかというと、ワイパーブレードとフロントガラスが凍りついてしまい動かなくなることを防ぐために上げておくのです。ワイパーが凍結してしまったからといって無理やり剥がそうとする方はいないと思いますが、ワイパーのゴムは弱いので無理に剥がそうとするとゴムがボロボロになってしまいます。ワイパーが凍結してしまったら凍結が溶けるまでワイパーは動かせないと思っておきましょう。

モーターの保護

また、ワイパーを動かしているモーター部分の保護の意味も兼ねています。ワイパーブレード同様このパーツも繊細です。それゆえに雪の重みに耐えきれずにパーツを痛めてしまいます。
このパーツがないとワイパーが動かなくなってしまうので、壊れた場合には修理をするしかなくなります。

雪下ろしのため

雪下ろし

画像出典:www.walmart.com

屋根なしの駐輪場に車を止めている方は、止まっている車に積もった雪をおろす作業をしなければなりません。その場合雪を取り除くための専用のスティックなどでウインドウに積もった雪を雪かきします。
しかし、ワイパーを立てておかないと雪かきの時にワイパーの位置がわからなくなってしまいワイパーを傷つけてしまう可能性があります。そのためワイパーを立てておく人が多いのです。

より詳しくワイパーをあげる理由を確認

ワイパーをあげたらダメな時とは?

雪の時にワイパーを上げることのメリットは上記の通りとなりますが、実は逆にワイパーを上げない方がいいケースがあることをご存知ですか?次に、ワイパーを上げてはいけないケースを説明していきます。

長時間の豪雪が続いている時

積もった雪

画像出典:www.reminetwork.com

ワイパーを立てておく人が大半ですが、中にはワイパーを立てたら逆にワイパーが折れてしまった、などというケースがあるんです。
例えば、長時間の停車や大雪などによってクルマのルーフに降り積もった雪がフロントガラスに落ちてきます。その時に上がった状態のワイパーブレードが雪の重みに耐えられなくなってしまって折れてしまうことがあります。雪かきをしたことある方はご存知だと思いますが、日本の雪は欧州の雪とは異なり水分を含んでいる為、とても重いです。ワイパーブレードはとても繊細なので、重い雪に耐え切れずに折れてしまうのです。
豪雪の予報や大雪が予想されている日、または長時間停車したままにすることが決定している時には、積もった雪が落ちてきそうな所でワイパーを上げて駐車しておくのはやめたほうがいいかもしれません。

雪かきの時に…

また、ルーフから落ちてきた雪の重みだけではなく、自分でクルマのルーフの雪かきをしている時に落とした雪の重みでワイパーを折ってしまうという可能性もなきにしもあらず、です。
屋外駐車場に止めている人は、周囲の建物から雪が落ちてくるかもしれませんのでくれぐれも注意しましょう。

いたずらされることも

欧米諸国ではよくあることらしいですが、ワイパーを上げておくといたずらに遭うこともあります。日本国内ではあまりそういった類のいたずらはないかもしれませんし、雪の弊害とは遠い話ではありますが、ワイパーは壊れやすく繊細なのでいたずらされ壊れてしまうなんて可能性もゼロではありません。また、欧米の方の雪はサラサラしており日本とは異なり水分は含んでいないので、そもそもワイパーを上げておかなくても凍結しないそうです。欧米に訪れて車に乗るかもしれない方はくれぐれも気をつけておいたほうがいいのかもしれません。

まとめ

ワイパー上げ

画像出典:www.rochester.edu

ワイパーブレードはとても繊細で弱いので、少量の雪の日なら立てておいたほうがいいかもしれませんが、豪雪が降るなどといった予測の日には積もった雪が落ちてこないところに駐車するのが賢明です。
また、最近ではリモコン操作で車内のエアコンをつけたりする機能があります。そのような機能を使ってあらかじめ車内を暖かくしておき、フロントガラスの雪を溶かすのも一つの手です。雪の日も安全な運転を心がけて、くれぐれも繊細なワイパーを壊さないように気をつけましょう。

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする