中古車を購入するときは”塩害車”に要注意!”塩害車”の特徴と見分ける方を解説

 
中古"塩害車"の特徴と見分け方を徹底解説!中古車は新車で購入するよりも安いという面がメリットですが、きちんと見ていないと購入後に修理しなければならない部分もあるかもしれません。今回は中古車で出くわすこともある"塩害車"についてまとめてみました。

塩害車とは?

塩害車とは、海水など塩分を含む物質に触れ車体に錆びが生じてしまっている車両のことを指します。錆は1つの小さな箇所からどんどん浸食していく性質があるので、中古車を選ぶ際、塩害車を選ぶのは避けたほうがよいとされています。「販売価格が安いから」という1点ばりで、見るべきポイントを見逃して塩害車を購入してしまった場合は後悔しかねません。車の各種パーツがサビつき浸食していくことで、そのパーツ自体の交換ならまだしも、換えなければ車の運転自体が出来なくなることも可能性としてはあります。

塩害車

画像出典:mazdadiscountparts

塩害車の多い地域は海と雪のある地域

趣味などでサーフィンを楽しむ人や海の近くに家を構えている人は塩害の被害に遭いやすい傾向があります。塩害というだけあって、海の潮風で塩分が車に付着してサビの原因となり、前術の通り徐々にボディを侵食していきます。
また、積雪量の多い地域に住んでいる場合も塩害の被害に遭いやすい傾向があります。海があるわけじゃないのに?と思うかもしれませんが、積雪量の多い地域でポイントとなるのは、雪を溶かす融雪剤です。融雪剤には塩化ナトリウム、つまり塩が含まれているのです。凍結路面を溶かすための融雪剤は一冬に大量に散布されています。積雪する度に車は塩害に遭っているといっても過言ではありません。

塩害の対策としては、海や雪のある地域にお住まいになっている関わらず、海の近くや雪が多く降る地域に行かれた際は、車を錆びつかせない為にも入念に洗車をするなどの手入れを行うことが重要です。
融雪剤

画像出典:hansmaautomotive

塩害かどうかを見分けるポイント

それでは、中古車選びの際に塩害被害を受けているかどうかをチェックするポイントは整理していきましょう。

車持ち主の居住地を調べる

前述の通り、海や積雪地域で乗られていた車は塩害を受けている場合が多いです。車を所有している前オーナーが海の近くや積雪地域に住んでいる場合は塩害を受けている可能性を頭にいれておきましょう。

目に見えないところまでサビのチェック!

塩害車は車のパーツが錆びついています。車は金属の塊で出来ているので、そのほとんどがサビつく可能性があります。とにかく錆がある車は疑いをもったほうがいいでしょう。誰でもチェックできる箇所はボディですが、ボディだけではなく下廻りなど各車の部位の確認も行いましょう。例えばエンジンルーム、サスペンション、マフラーなどの下周りなどです。エンジンルームのボルトや溶接部分が錆びついてねじが緩んでいることもあるので確認しましょう。
その他、フェンダーの内側、マフラーのタイコ部、トランク内部など細かいところの確認も必要です。塩害車は目に見えるところはもちろんですが、目に見えない細かいところにまで被害は及んでいる可能性があります。

サビ

画像出典:asautoparts

特に注意!危険な錆びつきの箇所

車のあらゆるところで錆び付きの可能性がありますが、錆びがついている箇所によっては車の運転が出来なかったり、安全に運転出来なくなってしまう可能性があります。特に注意すべき塩害箇所は以下の通りです。

■アクセルペダル・ブレーキペダル・ブレーキ周辺

サスペンション、マフラーなどの下回りの錆びの確認を行う際、アクセルペダルとブレーキペダルの確認も必ず行うようにしましょう。この部分が錆ついていると最悪の場合アクセルがかからない、ブレーキがきかないことになります。また、錆チェックの際に最も気を付けないといけないのがブレーキ周辺の錆です。ブレーキ部分は路面近いこともあり塩害を特に受けやすい箇所なので注意して確認を行うようにしましょう。

塩害車がリコールの原因になることも

自動車メーカーのマツダは2016年9月1日、「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」「プレマシー」と、日産自動車にOEM供給している「ラフェスタ」のリコールについて、対象台数は6車種29型式で計39万4941台を国土交通省に対して届け出たとのニュースがありました。
リコールの理由としてはリアゲート(車後方の荷物などの出し入れ扉)に使っているガス封入式ダンパーステーの外筒エンドキャップ部で塗装が不十分で、塩害地域で塩分などの影響を受けて腐食することがあるようです。そのままの状態で使用を続けると腐食が進行し、外筒が膨らんでエンドキャップが割れ、リアゲートを開くときに外筒が破裂して周囲の人が負傷する可能性があるとのこと。また同様の理由で日産「セレナ」(72万7000台)、ダイハツ工業「タント」(約80万台)でも同様の内容でリコールが行なわれています。塩害車というのは思っている以上に、危険なことも多いのでしっかり確認を行いましょう。

塩害車 中古車

画像出典:flickr

「塩害車」に関するユーザーの声

まとめ

塩害車の主な被害は錆びによるものです。はじめはどんなに小さな錆びであっても、その侵食は時間を経るごとに進み、パーツの交換が必要となる場合もあります。あなたにとって最良な中古車選びが出来るよう、価格に飛びつく前に錆びのチェックもしてみてくださいね。

中古車でチェックするべきポイントまとめ

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする