各自動車メーカーが進めるテレマティクス技術を総まとめ

 
自動車のIT化「テレマティクス」は国土交通省が推進する「ITS」や「ATIS」「VICS」などがあります。そのほか、各自動車メーカーも独自でテレマティクスサービスを進めています。 今回は各自動車メーカーが進めるテレマティクス技術を調べてみました。

テレマティクスとは?

まずテレマティクスとは、簡単に言えば自動車のIT化による様々な技術やサービスのことをさします。国土交通省が推進している「ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)」などがあります。
すでに道路の渋滞情報や道路を通過するのに所要する時間の情報、事故や故障車、工事による道路の規制情報などを表示できる技術はありますが、将来的にはその情報をリアルタイムに発信し、道路の混雑を少なくできると言われています。また、盗難などの車が今どの位置にいるのかなどや、盗難を自動的に通報するなどといった便利な機能も開発が進んでいます。
このテレマティクス開発には、ITSをはじめとした政府が主導で行なっているものとは別に、自動車メーカーが独自で行なっているものがあります。今回は各自動車メーカーが進めているテレマティクス技術をご紹介していきたいと思います。

テレマティクスとはどんなものか

トヨタ:T-Connect

トヨタテレマティクス1

画像出典:telematicsnews.info

まずは「トヨタ」のテレマティクスを見て見ましょう。トヨタは「T-Connect(ティーコネクト)」というテレマティクスを展開しています。このT-Connectでは、「カーナビの地図更新」「渋滞回避ルートの案内」「オペレーターによる目的設定」「ニュース」などの情報サービスの他、「エアバッグと連動した緊急通報」「盗難車の追跡」などといった車をより便利に、安心に利用するためのサービスの提供を既に行なっています。

ヘルプネット

まずは「ヘルプネット」という機能についてです。
事故や急病の際にヘルプネットボタンを押すだけで警察や消防に緊急通報ができるサービスです。エアバッグの作動感知で自動的に警察や消防に通報してくれる一部車種もあります。

プローブコミュニケーション交通情報

VICS交通上場の過去統計データ、トヨタ専用車載器通信機搭載の車両から収集した走行情報の両データから生成する独自のルート案内の機能です。普通ルートの他に渋滞回避ルートが表示され、その時に最適なルートを案内してくれます。

エージェント

「エージェント」と呼ばれるカーナビに話しかける事で音声に答えて目的地や情報検索をしてくれるサービスがあります。目的地までの設定が全て音声操作できるため、快適に運転ができます。また、エージェントで答えられない場合には有人のオペレーターへ転送され、有人オペレーターが回答してくれます。

Apps

走行情報や車両の位置情報を活用した様々なカーナビ専用のアプリケーションが用意されています。専用ストアがあるので好きなアプリをインストールすると、ドライブがもっと楽しくなりそうですね。

T-Connectスマホアプリ

便利なスマホから利用可能なアプリもあります。マイカーの燃費や走行距離、目的地などといった走行履歴データを管理することができる「マイカーログ」や駐車場で車を降りた後でも最終目的地まで経路案内をしてくれる「ラストワンマイル」などが利用できます。

TransLog

2016年1月20日よりサービスの提供が開始されたもので、従来の運転日報自動作成、安全・エコ運転診断、危険運転警告サービスなどに加えて「エコドライブサポート・燃費管理」サービスやドライブレコーダー機能による動画と地図データが連動した状態での運転状況の確認が可能な「危険挙動記録」、勤怠管理・業務担当エリア飲み直しに活用可能な走行軌跡表示といった新機能が追加されました。

スバル:G-BOOK

スバル

画像出典:www.groovecar.com

2004年にはトヨタと富士重工業はスバルにテレマティクスサービスの「G-BOOK」を提供しています。
現在は「SUBARU G-BOOK mX」として必要なサービスが全てナビに標準装備されたテレマティクスがあります。必要な時に携帯電話を利用して楽しめる、基本料金無料・申し込み不要のサービスです。

ヘルプネット

消防や警察と連携しや緊急通報システムです。
基本的には「トヨタ」のものと一緒で、事故や急病時にヘルプネットボタンにタッチするだけでヘルプネットセンターへ接続し、自動で送信された所領位置に基づいて速やかに所管の警察や消防に回線を接続してくれます。

ドライビングインテリジェンス

ドライビングインテリジェンスは通信による地図の更新サービスの提供やプローブコミュニケーション交通情報による渋滞情報の提供などの快適なドライブを実現してくれます。
「マップオンデマンド」はナビに設定された自宅周辺と目的地周辺、全国主要道路を即座に更新し、新しいマップの情報を収集できます。
「プローブコミュニケーション交通情報」では従来の「VICS」のリアルタイム情報のみではなく、マップオンデマンドによる最新地図にプローブコミュニケーション交通情報がリアルタイムに「VICS」の情報のない場所の情報も提供してくれます。

また、口頭で情報検索やサービスの検索などを行なってくれる「オペレーターサービス」やパソコンや携帯電話からナビの目的地を簡単に設定できる「ドライブプラン」などがあります。

アミューズメント

手軽に音楽を楽しむことができるオンデマンド・カーオーディオの機能です。
「Gracenote CDDB」がインストールされており、CDを再生すると曲名などの情報を表示してくれる「CDタイトル情報取得」や文字情報を音声で読み上げてくれる、ドライバーのためのweb情報サービスである「ドライブポータル」といった娯楽のような機能も充実しています。

ホンダ:インターナビ

ホンダ

画像出典:telematicswire.net

「ホンダ」が展開をするテレマティクスサービスは「インターナビ」の名前で既に導入されています。

基本機能

全国のインターナビから集めた交通情報・VICS情報を束ねたホンダ独自の交通情報であるインターナビ交通情報や、ニーズに合わせたナビを表示してくれるインターナビ・ルートがあります。
また、ホンダが通信費を負担する高精度なルート案内、気象情報や防災情報を無料で提示する「リンクアップフリー」があります。

internavi

スマートフォンアプリです。愛車の給油記録やメンテナンス記録などが行える「LINC」と一部有料の地図上に渋滞情報・目的地までのルートを表示してくれる「POKET」があります。
他にもお気に入りの場所の登録ができるパソコン専用の「パーソナルホームページ」や事前のドライブの計画が立てやすくなる「ドライブプランニング」、「駐車場セレクト」や燃費情報などを教えてくれる「メッセージセンター」などもあります。
ドライブ中の周辺に厳選されたグルメや名所の情報をおすすめしてくれる「ROAD HONTS」など、純粋に観光アプリとしての魅力も充実しています。無償でナビの地図データを更新できる機能もついています。

ドライブの安全・安心

雨や雪などの気象情報、台風や地震などの防災情報をカーナビで受け取ることができる他、地震発生時などにカーナビやスマートフォンの位置情報をもとに安否情報を家族などに送信できる「インターナビ安否確認システム」があります。
「ヘルプネット」もあり、やはり簡単なボタン操作で警察や消防などを手配できる機能や、ガス欠やバッテリー上がりの応急処置などができる「QQコール」も準備されています。
その他、警告灯のサポートや危険性のある交差点に近づいた際にカーナビにお知らせしてくれる機能もあります。

ドライブの記録

当月・前月の燃費や燃料消費量などの情報がカーナビに記録され、パソコンやスマートフォンアプリから確認することができます。
また、同じくカーナビやパソコン、アプリから過去に訪問したことある場所を記録してくれたり、ドライブごとの燃費や燃費消費量を記録してくれるなど、燃費を記にするドライバーの細かい情報管理にはもってこいですね。

日産:カーウイングス

日産

画像出典:telematicswire.net

続いては「日産」です。日産では「カーウイングス」と呼ぶテレマティクスサービスを提供しており、「情報センター接続することでつながる実感を届ける」ことをコンセプトにしています。
「最速ルート検索」のほか、音声読み上げコンテンツ、インターネット情報を気軽に聞ける機能など様々なものがあります。

オペレーターサービス

オペレータースイッチでオペレーターを呼び出し口頭で要望を伝えるだけの簡単な機能です。
曖昧な目的地でもオペレーターが目的地を絞り込みナビの目的地を設定してくれます。また、リアルタイム交通情報を利用した最速ルートの検索もオペレーターに口頭で伝えれば案内してくれます。

情報チャンネル

インターネット上に配信されてるあらゆるニュースやブログなどのRSSを走行中に簡単な操作でインターネットコンテンツにアクセスできる機能です。また、現地付近の飲食店やレジャースポット、天気予報やニュースなどの情報を簡単な操作で利用できるサービスでもあります。

Googleとの連携

グーグルマップを利用して調べた施設の位置情報・Googleカレンダーに記入しておいたスケジュールなどをカーウイングスの情報チャンネルで受け取ることができるサービスです。
Googleに登録している人にはとても便利な機能ですね。

おまかせ再生

設定した目的地や現在地・時刻などによってカーウイングスが情報センターから随時おすすめ情報を携帯電話を介して受信して自動的に表示、さらに音声でお知らせしてくれる機能です。

この街ガイド

「食べる」「遊ぶ」「見る」などのテーマからドライブルート上の最寄りの施設を探すことができます。また、ニーズにマッチした場所を自動的に表示して音声で教えてくれる機能です。

メール機能

車でメールを受信できます。また、受信したメールは読み上げることも可能です。
また、車の位置情報をメールで送信できるサービスもあり、家族へ帰る時に「帰るコール」をしたり、友人との待ち合わせで利用することができます。

まとめ

テレマティクス1

自動車メーカーによって様々なテレマティクスがありました。どのメーカーの機能も車を利用する上では便利な機能が多いので、ぜひテレマティクスを活用して快適なカーライフをお過ごしください。

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする