自動運転車を日本で普及させるために、解決していくべき“課題”とは

 
世界中で開発が急がれている自動運転車。しかしそこにはまだまだ多くの課題を抱えていることを知らなくてはいけません。今回はそんな自動運転車の普及までに解決すべき課題について、考えていきましょう。

オリンピックまでに自動運転車の普及は可能か

オリンピックで自動運転車を有効利用するために、日本では2020年までの自動運転車普及を目指しています。しかし、数多くの課題が残っていることも確かです。まずは自動運転車の普及ために、乗り越えなくてはならない課題について見ていきましょう。

法の整備

自動運転車では、車の操縦は人間ではなく人工知能(AI)が行います。それにより、事故防止・事故件数の減少が期待できますが、ゼロにすることは難しいでしょう。そこで問題になることは、事故が起こった際の「責任の所在」がどこにあるのかということ。車の所有者は運転に関与していないわけですが、人工知能が事故の責任を負うことは無理ですよね。そうなると、製造した自動車メーカーが責任を負うしかないのでしょうか?全自動運転の場合、車の所有者がどこまで運転から解放されるのかも、現時点の法律では定められていません。この「責任」が、最も難しい課題と言えるかもしれません。

法律

メーカーによって自動運転の責任の考え方が違う

開発技術不足

法律を整備したとしても、高性能な自動運転車を開発できなければ意味がありません。現在、各自動車メーカーが必死に開発を進めていますが、センサーの誤作動や雪などによる道路状況変化への対応など、やはり完璧な安全性を備えているとは言い難いでしょう。

運転手の技術不足

運転が全自動化すれば、もちろん人間が車を運転することはなくなります。しかし、緊急時のみ人間に運転が委ねる車も出てくるでしょう。自動運転に頼っていた人間が、緊迫した状況で冷静な判断をもって運転することは可能でしょうか?最近では、「自動運転車限定免許が誕生する日が来るのではないか」「そもそも免許が必要なくなるのではないか」とも言われています。実際、アメリカのカリフォルニア州は「自動運転車のドライバーは免許を必要としない」という方針を連邦政府に対して発表し、許可を求めています。

自動運転車社会が実現後の働き口

現在、バスやタクシーといった公共の車が自動運転化した場合、ドライバーの働き口はどうなるのでしょうか?バスの降車時、「ありがとうございました」と言われると、ちょっと嬉しくなりますよね。そんな温かみのようなものはなくなってしまうかもしれません。

バス運転手

画像出典:standard.co.uk

コスト削減

消費者にとってコスト問題は、とても重要です。現在販売されている「安全運転支援システム」搭載の車は、価格が200万円台まで下がっているようです。しかし、全自動運転車の価格相場はまだ掴めません。一般家庭でも手が出せる値段にまで下がってくれることを期待しましょう。

交通環境整備

車の自動運転化のためには、交通環境の整備も必要となります。自動運転のメリットを最大限引き出すための交通環境を、全国的に行わなくてはなりません。自動運転車の開発だけでなく、こうした環境整備でも時間やコスト面で課題が出てくるでしょう。

解決への糸口は?

現在、多くの自動運転車の実験が世界中でなされていますが、その中で事故が起きてしまっているのも確かな現実です。そんな事故を起こさないために、各社メーカーは開発を急いでいますが、われわれ消費者が問題解決に協力できることはないのでしょうか?

まとめ

自動運転車が普及するためには、これら多くの課題を解決していく必要があります。特に法律の決定や交通環境の整備には時間がかかることでしょう。2020年の東京オリンピックまでに自動運転車を一般普及させることは、厳しい目標かもしれません。急がずとも、誰もが安心できる自動運転車を利用できる、そんな社会になることを期待しましょう。

画像出典:miguweb.com

世間の声

自動運転に関する記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする