アルミホイールのガリ傷は自分で修理可能!必要な修理道具や正しい手順を解説

 
アルミホイールの"ガリ傷"を自分で修理する方法をご紹介!アルミホイールのガリ傷は業者に依頼するよりもなるべく自分で修理したいところですが、実は思ったよりも安価で修理可能です。特に修理費用が気になる方は、今回ご紹介する方法を一度挑戦してみることをおすすめします。アルミホイールのガリ傷の修理道具や修理手順も含めて解説していきましょう。

アルミホイールのガリ傷はいつの間にか付いている

アルミホイール・ガリ傷

画像出典:flickr

アルミホイールのガリ傷は自分でも修理できることをご存知でしたか?また業者に依頼するよりも安価で修理できるため、特に修理費用が気になる方は一度挑戦してみることをおすすめします。今回はアルミホイールのガリ傷の修理道具や修理手順を解説!

アルミホイールにガリ傷がつく場面は?

アルミホイール ガリ傷

画像出典:flickr

アルミホイールのガリ傷は、立体駐車場のような幅の狭い場所や縁石、段差などで付いてしまうケースが多いようです。またパンク時にホイールに負担がかかってガリ傷が付いたり、雪道走行時に雪の下に隠れた石にぶつかってガリ傷が付いてしまうこともあります。アルミホイールは非常に傷付きやすい材質であるため、駐車時だけでなく走行時も注意が必要です。

アルミホイールのガリ傷を修理する方法

アルミホイールのガリ傷の修理動画

まずは修理動画を参考にして大まかな修理工程を把握しましょう。特に初めてアルミホイールのガリ傷を修理する方は、動画を見ながら行うことをおすすめします。

画像出典:youtube

アルミホイールのガリ傷の修理に必要な道具

アルミホイールのガリ傷を修理するために、まず以下の道具を用意しましょう。

①カーシャンプー
②スポンジ
③マスキングテープ
④耐水ペーパー(400番~2000番)
⑤脱脂剤
⑥パテ剤
⑦ヘラ
⑧コンパウンド
⑨塗料

アルミホイールのガリ傷の修理手順

①水洗いで汚れを落とす

まずアルミホイールのガリ傷を修理する前に、カーシャンプーとスポンジを使って砂や泥などの汚れを綺麗に掃除しましょう。

②マスキングテープを貼る

研磨粉やパテの付着を防ぐためにマスキングテープを貼ります。この時、タイヤとホイールの境界ギリギリの部分まで丁寧に貼り付ける点がポイントです。

③耐水ペーパーで研磨する

マスキングテープを貼った後は耐水ペーパーを使って研磨していきましょう。

④脱脂剤で油分を拭き取る

脱脂剤を使用して傷に付着した油分を拭き取りましょう。もし脱脂剤を使用しないと、パテを塗った際に剥がれ落ちてしまうことがあります。

⑤パテを塗って乾かす

パテは主剤と硬化剤とで区別されています。これをよく混ぜ、ヘラを使って塗っていきます。この時多めにパテを盛る点がポイントです。塗り込みが終わった後は5~6時間ほど乾燥させて固まったことを確認し、再び耐水ペーパーで研磨します。また傷がそれほど深くない場合には、パテではなくホイール専用補修シートを使って傷を覆っても良いでしょう。

⑥ホイールをペイントする

この時点でガリ傷の修理は完了ですが、修理箇所と他箇所で色みが異なる場合があります。その際にはホイールをペイントして色みを整えましょう。

おすすめ商品


ホルツはアルミパテをはじめ、アルミホイールのガリ傷修理に必要なアイテムを多く取り揃えています。販売価格もリーズナブルで、修理アイテム選びに迷った際にはこちらから選んでおけば間違いないでしょう。

簡単に補修を済ませたい方はシートタイプを

一時的にガリ傷を補修したいという方には、”ホイール貼るだけシート”がオススメです。こちらは、傷ついた箇所に上からシートを貼るだけであり、難しい作業は必要ありません。アルミホイールと同じ色を採用しているので、違和感のない補修が期待できるでしょう(アルミホイールの色によっては若干変化する可能性があります)。

リムガードも便利!

ガリ傷防止だけではなく、ホイールにもドレスアップを施したいという方は、「リムガード(特殊ゴム)」を装着するといいかもしれません。この「リムガード」は、”ホイール貼るだけシート”と同様に両面テープを採用しているので簡単に施工可能。耐久性に優れている他、カラーリングも豊富に用意されているので、好みに合わせてカスタムしてみるといいでしょう。なお、5000円〜1万円程度(4本セット)で販売されています。

リムガード

画像出典:amazon

アルミホイールのガリ傷を修理する際の費用

アルミホイールのガリ傷の修理を業者に依頼した場合、5,000円〜30,000円ほどの修理費用がかかります。一方自分でアルミホイールのガリ傷を修理する場合、道具購入費のみのため3,000円〜5,000円ほどで済みます。変形や破損が激しく自分で修理しきれない場合を除いて、出来る限り自分で修理した方がお得です。

アルミホイールのガリ傷についての口コミ

まとめ

アルミホイールのガリ傷を修理する際の注意点として、必ず天気が晴れの日に行いましょう。雨の日に行うと湿気で仕上がりが悪くなるほか、乾きも遅くなります。また、アルミホイールのガリ傷を長い間放置しておくと腐食することもあります。こまめなメンテナンスを忘れず丁寧に扱いましょう。

アルミホイールに関する記事

その他修理に関する記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする