車検切れ車両の取り締まり強化!2018年からナンバーを自動照合するシステム導入

 
車検切れの車両は公道を走行をしてはいけないというルールは車を所有している方であればほとんどの方が知っていると思います。その為多くの方が2年(新車の場合は3年)で車検を通しているとは思いますが、では一体車検切れの車両ってどうやって取り締まられるのでしょうか?これまでは簡単には捕まらないものと考えている人も多かったのですが、その取り締まり規制が強化される予定です。

車検切れ車両認識の新システムが導入へ

国土交通省は、2018年より車検切れ車両を取り締まる新たなシステムを導入する方針であることを明らかにしました。
そのシステムとは、路上にナンバーを読み取る専用のカメラを設置し、その場でナンバーからデータを瞬時に照合。その上で車検切れであることが明らかになればその場で停車をされ、車両がレッカー移動されるというものです。これまで検問があった時程度しか注意をしていなかった人も今後は逃れることは難しいそうです。

車検切れ取り締まり強化!新システム導入へ

画像出典:asahi.com

現在車検切れ車両は20万台も

今回システムが導入される背景には、車検切れでありながら公道を走行している車両がおよそ20万台にものぼっており、その車両を少しでも減らすのが狙いです。そこまで多くの車検切れ車両が走っていることに驚きを隠せませんが、もし車検切れの車両が事故を起こしてしまった場合には、通常車検時に更新を行う自賠責保険などの法定費用はもちろん払っていないため、被害者の方への補償を負担することが行えない恐れがあります。そのことを考えると、車検切れ車両取り締まりの強化は然るべき対応であると考えられます。

車検切れの取り締まり罰則

車検取り締まり強化
先程お伝えした通り、現時点では取り締まりに遭いにくいということで20万台もの車検切れ車両が走行をしていますが、車検切れでもし捕まった場合には重い罰則があるのです。

車検切れの罰則

違反点数 6点(30日間の免許停止)
罰金 30万円以下

【自賠責保険も切れている場合】

違反点数 12点(90日間の免許停止)
罰金 50万円以下x

車検切れの罰則詳細を確認しておこう

まとめ

今回紹介のシステムは来年よりテスト運用がはじまり、2018年より本格的に運用をしていく方針とのことです。車検を通している方がほとんどかとは思いますが、車検をもし通していないという方は必ず車検を通すようにしてください。
最近の車では壊れづらくなり2年に1回の頻度は多すぎるという意見もあるとは思いますが、もしものことが起こってしまうと手遅れになってしまうので、そのために決められたとおり、車検を通し、自賠責保険も更新するようにしましょう。

車検に関連するまとめ記事

記事参照元:asahi.com
画像出典:photo-ac.com

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする