走行中の”パッシング”にはいくつかの意味がある!状況ごとの意味とや使い方を徹底解説

 
車で運転中に"パッシング"をされたことがあるかと思いますが、対向車からの"パッシング"と後ろに走っている車からの"パッシング"は意味が異なります。そんな今回は、正確に意味を読み取れないという方のために、"パッシング"のサインについてご紹介します。

パッシングとは?

パッシングとは、車のヘッドライトを瞬間的にハイビーム状態にすることをいいます。パッシングをすると前を走っている車や対向車が眩しく感じるため、他の走行車へメッセージを伝える手段として利用されています。

パッシングのやり方は?

パッシングのやり方は、多くの車ではライトのスイッチを手前に2、3回ほど引くことでできます。必要以上にやりすぎると、挑発的に受けとられることもありますので、注意しましょう。

パッシングの意味は?

多くの場合、後ろを走る車からパッシングをされた場合は「邪魔だからどいてくれ」という強いメッセージとなります。サインに気づかず道を譲らないままでいると、無理に幅寄せをされたり、その後もしつこく後ろを走られたり、煽ってくる車もいます。
過度なパッシングをする人はあまりいませんが、中にはそういったマナーの悪いドライバーもいますので、トラブルを避けるためパッシングをされたら速やかに道をゆずりましょう。一般道の場合は左ウィンカーを出し「お先にどうぞ」サインをだすとよいでしょう。

■パッシングによる「どいてくれ」サイン

画像出典:youtube

パッシングでできる色々なサイン

後ろを走る車からパッシングをされた場合は「邪魔だからどいてくれ」というメッセージが多いですが、対向車からのパッシングはシチュエーションによって色々なサインになります。

パッシング

画像出典:moneysupermarket.com

「ライトがつけっぱなしですよ」というサイン

日中にトンネル内を走行した後などに、ライトをつけっぱなしにしていることをすっかり忘れて走っていると、対向車がパッシングしてくることがあります。この場合、「ライトがつけっぱなしですよ」のサインとなります。また、ライトの片方が切れている場合などにも、パッシングで教えてくれる場合もあります。一般道を走行中にパッシングをされたら、自分の車のライトを確認しましょう。

「ライトが眩しいです」というサイン

夜間に遠目で走っていたときに、対向車にパッシングをされた場合は、対向車からの「眩しい」というサインになります。
なお夜間に道路が暗くハイビームで走っている時は、対向車を確認次第すぐにライトを通常に切り替えましょう。対向車がまだ遠くにいる場合でも、相手側からはとても眩しく、運転に支障がでる場合があります。

「警察がいます」のサイン

対向車にパッシングをされたが、自分のライトに特に問題がない時は、「この先で『ネズミ捕り(速度違反の取締り)』や『検問』をやっている」というサインの可能性があります。制限速度を超えていないか、このタイミングで確認するとよいでしょう。

■実践動画

画像出典:youtube

「道をゆずります」のサイン

右折のタイミングを見計らっている時などに対向車がパッシングをしてきた場合は、「右折をしてどうぞ」という意味です。親切な相手の車を待たせないためにも、サインを読み取って速やかに右折をしましょう。曲がり際に、手をあげたり会釈をすると、「ありがとう」と伝えることができます。

【逆パターン】道を譲ってくれて「ありがとう」のサインにも

画像出典:youtube

関東と関西でパッシングの意味が逆?!

先ほどパッシングは「道をゆずります」のサインと述べましたが、関西地方では全く逆の意味になります。
関東では右折してレストランや店舗に入りたい時に対向車にパッシングをされた場合、ドライバーは道をゆずってもらったと認識し、その車の前で右折をしようとしますが、関西では「先に行きます」のサインとなりますので、少なくともその車が先に通るのを待たなければなりません。
逆に自分が譲る際も、関西では逆の意味になってしまうので注意が必要です。日中であればパッシングの代わりにジェスチャーで「お先にどうぞ」とサインをしてあげましょう。

交差点などでも、関西ではパッシングは「先に行く」サインだという認識をしておかないと、正面衝突の事故も起こりかねません。地方によって意味が逆になる場合もありますので、サインはあくまでもサイン、100%たよらず、最終的には自ら状況を見て、安全を確認した上での運転を心がけましょう。

地域によるパッシングの意味を確認しよう

【番外編】アメリカではパッシングはNG!

日本ではパッシングすることで注意を促すサインとして様々なシーンで活用されていますが、アメリカではパッシングは威嚇的な行為となるそうです。パッシングの代わりとしてクラクションを2回鳴らすことで「警察がいます」のサインや「道をゆずります」のサインとなるので、もしアメリカで運転する際は覚えておくと良いでしょう。

パッシング

画像出典:nytimes

パッシングに関するクチコミ情報

昨日14日 18時40分頃 東名高速上り線、横浜青葉インター付近の13キロポスト追越し車線上でフルブレーキをした白のBM M3?さん、 アレは殺人行為ですよ! 全然関係のない2台後ろの俺がもらい事故ですよ! 後、BMにパッシングした車! クラクション鳴らしたりパッシングをすると、された方はイラっとして喧嘩腰に成るんですよ! 注意の仕方も考えた方が良いですよ。 まあ、今回は怪我人が出なく物損事故で済んだのですが、高速道路での急ブレーキは今後しないで下さい! #東名高速 #事故 #エリシオン #オカマ事故 #bmw #m3 #急ブレーキ #フィット #停車出来ず #パッシング #殺人行為

A post shared by Haruhiko Yazaki (@haruhikoyazaki) on

https://www.instagram.com/p/BKnZGE2gqSa/?hl=ja&tagged=%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0

まとめ

パッシングによるサインは法律で定められたものではなく、教習所で習う項目でもありませんが、ドライバーたちが必要な情報を限られた機能で伝えるべく自然と生まれたコミュニケーションです。正しく理解することで、自分も相手も、気持ち良く運転ができるようになるでしょう。是非上手に使用してみてください。

パッシングの正しい使い方とは?

画像出典:moneysupermarket.com

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする