アウディ「Q3」他2車種の仕様を一部変更へ

 
アウディは今月19日、「Q3」、「TTS」、「TTRS」の計3車種について、一部の仕様変更を発表しました。「Q3」については、アウディパーキングシステムやリヤビューカメラの搭載が大きな仕様変更点となります。仕様変更モデルは本日より発売開始。

ニュース

アウディ「Q3」他2車種の仕様を一部変更へ

2017年09月20日

アウディ・Q3

画像出典:audi-press

アウディは今月19日、「Q3」、「TTS」、「TTRS」の計3車種について、一部仕様を変更することを発表しました。

まず「Q3」については、アウディパーキングシステムやリヤビューカメラの標準搭載が大きな仕様変更点となります。さらに、運転席電動シートやシートヒーター等のオプションも新たに追加。

「TTS」にも新たにアウディパーキングシステムが標準搭載され、「TTRS」についてはスピードリミッターが280km/hへと変更されます。また「TT」全モデルにおいて、スマートフォンインターフェースとUSBケーブルが追加されます。

今回の仕様変更は、以前「A4」が仕様変更した際とほぼ同じ内容となっており、主に安全性の向上を意識したものとみられます。仕様変更モデルは本日より発売開始されます。

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント