日産が進める自動運転技術「プロパイロット」を解説!口コミ情報も掲載

 
日産の自動運転技術「プロパイロット」を徹底解説!新型「セレナ」に搭載して以降、世界でも注目を集め続けている「プロパイロット」。今回は、その自動運転技術「プロパイロット」とはどんな機能なのかをクチコミ情報と合わせてご紹介します。

自動運転技術とは?

まず自動運転技術とは、車に搭載された多数センサーとそのデータを用いてドライバーの運転をアシストする技術です。
自動運転ではテスラ・モーターズや日産が知名度としては高いですが、2016年、日産は自社が開発する自動運転技術「プロパイロット(ProPILOT)」を搭載した自動車の販売を始めました。
ここからは、この日産の「プロパイロット(ProPILOT)」の具体的な技術内容について紹介していきます。

日産 プロパイロット

画像出典:nissan

日産が進める自動運転の技術とは?

2016年に日産が開発した「プロパイロット(ProPILOT)」に搭載される技術は、「プロパイロット1.0」と呼ばれ、高速道路と自動車専用道路にて機能する運転支援システムです。搭載車は国内での販売に引き続いて、欧州・アメリカ・中国など世界各国へと展開していく予定です。
日産が開発を続ける自動運転技術は、今年を元年として続いて2018年には高速道路・自動車専用道路内における複数レーンの走行(車線変更)を可能にした機能の実装、2020年までには同等の機能を一般道でも動作させることを目標にしています。

今回のプロパイロット1.0は「高速道路での、単調な”渋滞走行”と長時間の”巡航走行”」に対するアプローチがメインです。高速道路の運転時に感じざるを得なかった、「イライラ」「ストレス」を大幅に軽減してドライブを更に楽しめる様にすることを実現しました。
ここからは、現在搭載されている日産の自動運転技術の具体的内容の紹介を行っていきます。

プロパイロット 日産

画像出典:nissan

「プロパイロット(ProPILOT)」とは?

搭載される技術

日本で販売される「プロパイロット1.0」は従来の運転アシスト技術に加えて、センサーとしての「単眼カメラ」をフロントガラス上部に設置し、カメラがとらえた映像の画像処理とデータを活用して車体の各部をコントロールするプログラムによって実現しています。また、「プロパイロット1.0」が動作する対象は高速道路または自動車専用道路の同一レーン上を走行している時です。

①追従と停止

カメラが捉えた先行車両より、先行車と自車の車間距離を保つように自動でアクセル・ブレーキを行います。

②速度制御

プロパイロットの設定でユーザーが任意に設定した速度で走行するようにアクセル・ブレーキを制御します。(30km/h〜100km/h)

③停止保持

「電動パーキングブレーキ」という、自車が3秒以上停止した場合(渋滞など)に自動でブレーキをロックする機能が搭載されており、渋滞で先行車両が停止した場合にも機能します。

④ステアリング制御

カメラが両側に白線が存在していることを認識すると、ステアリング制御を行い、自車が車線の中央付近を走行するようにサポートします。

以上がプロパイロット1.0に搭載される技術です。アクセル・ブレーキ・ステアリング制御を用いて渋滞時にも動作するパッケージシステムとしたのは日本初です。
※プロパイロット1.0で用いられている単眼カメラはモービルアイ(MobileEye)社が開発したものです。この単眼カメラは非常に高性能な画像処理アルゴリズムを搭載しており、日産以外にもアウディ・BMW・テスラモーターズ等多くのメーカーの自動運転技術にも用いられています。今回の搭載車(「セレナ」)にはEyeQ3というモデルのカメラが用いられています。

日産 プロパイロット

ドライバーの操作手順

エンジン始動後にハンドルに設置されたプロパイロットスイッチをオンにします。直ぐにモニター上にプロパイロットがスタンバイ状態に入ったことを示す画面が表示されます。運転中は10秒以上手を離してしまうと音と表示により警告が行われます。対してペダルは足から離したままでも問題ありません。

日産 プロパイロット 手順

従来の技術との組み合わせなど

「プロパイロット1.0」の構成としては単眼カメラでとらえた情報を処理して、従来から開発されていた運転アシストシステムを更に高機能に改良する形で運転支援を行います。ECM・EPS・VDCのそれぞれのユニットをコントロールするADAS ECUという運転システムがカメラとの組み合わせで機能します。

ECM(エンジンコントロールモジュール)

エンジンの運転制御をコンピューターで補助を行う技術です。

EPS(電動パワーステアリング)

ステアリング時の手に掛かる負荷を、電動アシストによって負荷軽減してより軽いハンドリングを行うことを可能にします。

VDC(ビークルダイナミクスコントロール)

路面が雨や雪などで滑りやすい状況で機能するシステムで、自車が路面の影響で進行方向から大きく滑りそうになった場合、アクセルとブレーキをコントロールして車線からの逸脱を最小限に抑える技術です。

「プロパイロット」の注意点とは?

「プロパイロット」は速度が30km/h以下かつ先行車がいない場合は動作しません。
減速は最大0.3Gまで作動する。
また、運転アシストを大きく向上させたシステムであるため、わき見運転などは危険であり、ドライバーが周囲の状況に注意を払って運転する必要があります。

実際に運転した感想〈クチコミ情報〉

参考動画

画像出典:youtube

搭載車

新型「セレナ」

2016年8月に発売された新型「セレナ」に初めて搭載しています。

画像出典:youtube

新型「エクストレイル」

2017年6月にマイナーチェンジを施した新型「エクストレイル」にもプロパイロットを搭載。

画像出典:youtube

新型「リーフ」

100%電気自動車として君臨する「リーフ」も7年ぶりのフルモデルチェンジを施し、プロパイロットを搭載予定。その他、自動駐車システム「プロパイロット パーキング」や1ペダルで加速や減速、停止を行うことが可能なシステム「e-ペダル」を初採用するなど、プロパイロットを中心に新技術をふんだんに取り入れた一台になります。

画像出典:youtube

まとめ

いかがでしたでしょうか?アクセル・ブレーキ・ステアリング制御を日本で初めてパッケージングした「プロパイロット1.0」。2018年・2020年のそれぞれの年に改良版のプロパイロットを開発する事を目標としているとのことで、今後ますます搭載の車種が増えることが期待されます。

自動運転に関連する記事

記事・画像出典:nissan.co.jp
nissan.co.jp/SERENA

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする