【最新版】2017年下半期SUVランキング!上位10モデルの価格や性能を比較

 
各メーカーが最も力を入れる車種といえば「SUV」。小型モデルから高級ハイパフォーマンスモデルまで幅広くラインナップされていますが、今回は人気が高いモデルをランキングでご紹介します。SUV車のご購入を考えている方は是非、参考にしてみてください。

SUVが人気の理由は高い燃費性能

2017年 SUV 人気ランキング

画像出典:flickr

アメリカが生んだSUVは、乗用車よりも少し高い車高と大きなボディが特徴の、遊び心満載なモデルとしてアウトドア派ユーザーにから大な指示を獲得しているモデルです。ここまで売れるようになった大きな理由の一つとして、なんといってもその燃費の良さ。もちろん、スタイリングのかっこ良さや、大きな荷物もスッキリ格納できる広々とした室内空間など魅力的な要素がたくさんありますが、国産SUVはどのメーカーもハイブリッド、電気自動車、燃料電池車などエコカーとしての技術を盛り込んだ傑作品であることに間違いありません。それでは早速人気の国産SUV車のランキングを見ていきましょう。

2017年度版人気の国産SUVランキング

10位:トヨタ/「レクサスRX」

高級セダンの風格と快適性をそのままにSUVとしての機能を兼ね揃えた「レクサスRX」。2005年からはハイブリッドモデルも登場し、日本国内ならず世界でも人気の高い車種です。

レクサスRX

エンジン V型6気筒DOHC
最高出力 193kW(262ps)/6,000rpm
最大トルク 335Nm(34.2kgm)/4,600rpm
燃費 18.8km/L
販売価格 4,450,000円〜
出典:lexus

9位:日産/「エクストレイル」

国産SUVとしては、リーズナブルな価格で購入することができ、オフロード走行でも充分な力を発揮するスポーティーなモデルです。インテリアにおいても防水フレキシブルラゲッジを採用しており、悪天候な日でもアウトドアを楽しみたい方にはオススメです。また、話題となっている自動運転技術「プロパイロット」も搭載しています。

エクストレイル

エンジン DOHC筒内直接燃料噴射直列4気筒
最高出力 108kW(147PS)/6000rpm
最大トルク 207N・m(21.1kgf・m)/4400rpm
燃費 16.4km/L
販売価格 2,230,000円〜
出典:nissan

8位:スバル/「フォレスター」

スバル「フォレスター」はステーションワゴンのようなボディラインが特徴的であり、SUVの中でも車高を低く設定されているため、どんな道路でも安定感のある走りを体感することが出来ます。
室内では、6:4分割可倒式リヤシートを採用したことでシーンに合わせてシートアレンジが可能。大容量でゆったりとした空間が広がり、心地いいドライブが楽しめます。

フォレスター

エンジン 2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS
最高出力 109kW(148ps)/6200rpm
最大トルク 196Nm(20.0kgm)/4200rpm
燃費 16.0 km/L
販売価格 2,149,200円〜
出典:subaru

7位:トヨタ/「ランドクルーザー プラド」

三菱「パジェロ」の対抗車として登場した「ランドクルーザー プラド」は、新開発のクリーンディーゼルにより走行性能がパワーアップ。状況に応じてブレーキ制御、トラクションを切り替えるマルチテレインセレクトでは5つの走行モードを楽しむことができ、オフロードでも走破性のあるモデルとして人気があります。

ランドクルーザー

エンジン 直列4気筒DOHC
最高出力 130kW(177ps)/3,400rpm
最大トルク 450Nm(45.9kgm)/1,600~2,400rpm
燃費 11.2km/L
販売価格 3,340,0100円〜
出典:toyota

6位:マツダ/「CX-5」

2012年に誕生したマツダ「CX-5」は、新世代技術「SKYACTIV テクノロジー」を初めて取り入れたモデル。2015年には世界累計生産台数を100万台に伸ばしており、快適性を求めたシンプルな室内空間とスタイリッシュなボディスタイルが、どの世代にも受け入れられているようです。

マツダCX-5

エンジン 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力 114kW〈155ps〉/6,000rpm
最大トルク 196Nm〈20.0kgm〉/4,000rpm
燃費 16.4km/L
販売価格 2,835,000円〜
出典:mazda

5位:スバル/「レガシィ アウトバック」

「レガシィ アウトバック」は、ツーリングワゴンをベースに製造された、ステーションワゴンとSUVの性能を兼ね揃えたモデルです。しなやかなルーフラインと貫禄のあるフロントフェイスが印象的で、2015年にはグッドデザイン賞を受賞。デザイン性だけでなく、EyeSightの安全性能も備え、オフロード走行でも力を発揮する一台です。

レガシィ アウトバック

エンジン 2.5リッター DOHC 16バルブ AVCS
最高出力 129kw(175ps)/5800rpm
最大トルク 235Nm(24.0kgm)/4000rpm
燃費 14.6km/L
販売価格 3,186,000円〜
出典:subaru

4位:ホンダ/「ヴェゼル ハイブリッド」

コンパクトサイズのSUV「ヴェゼル」は、丸みを帯びたフォルムの独特なデザインが特徴的です。安全運転支援システム「ホンダ センシング」を採用するほか、高級セダンでも使用されている防音材を取り入れることで、高い静粛性を実現しています。2015年には、新車登録販売台数を69,018台に伸ばし、SUV新車登録販売台数1位を獲得する人気のモデルです。

ホンダ ヴェゼル

エンジン 水冷直列4気筒横置
最高出力 97kW[132ps]/6,600rpm
22kW[29.5ps]/1,313-2,000rpm(モーター)
最大トルク 156Nm[15.9kgm]/4,600rpm
160Nm[16.3kgm]/0-1,313rpm
燃費 27.0km/L
販売価格 2,270,000円〜
出典:honda

3位:マツダ/「CX-3」

2014年に登場した「CX-3」は、コンセプトカーのような斬新で洗礼された高級感のあるボディスタイルが人気を呼んでいます。
インテリアも同様に、ダッシュボード周りをシンプルなデザインに仕上げたことで、スイッチ類やメーターパネルが認識しやすいようになっています。

マツダCX-3

エンジン 水冷直列4気筒DOHC16バルブ 直噴ターボ
最高出力 77kW〈105ps〉/4,000rpm
最大トルク 270Nm〈27.5kgm〉/1,600-2,500rpm
燃費 23.0km/L
販売価格 2,376,000円〜
出典:mazda

2位:トヨタ/「ハリアー」

1997年に「カムリ」をベースに製造されたトヨタの「ハリアー」。高級感のある外観と、快適な室内空を追求した一台であり、常に人気のあるモデルです。
オフロードはもちろんのこと、高速道路などでも高い走行性能を発揮することから、ロングドライブを楽しむユーザーからの「ハリアー」の指示は絶大です。

ハリアー

エンジン 直列4気筒DOHC
最高出力 112kW(152ps)/5,700rpm
最大トルク 206Nm(21.0kgm)/4,400~4,800rpm
燃費 21.4 km/L
販売価格 2,880,000円〜
出典:toyota

1位:トヨタ/「C-HR」

C-HR

画像出典:flickr

2016年12月に鮮烈なデビューを果たしたトヨタのコンパクトSUV「C-HR」。最新プラットフォーム「TNGA」を採用したことで、より安定感のある走りを実現しており、SUVの中でも運転しやすいとの声も上がっています。また、ハイブリッドモデルでは、30.2km/Lというトップレベルの低燃費を誇っています。優れたSUVとして話題性が広がり、わずか1ヵ月にして受注台数は約4万8000台を獲得。まさに、SUV市場に旋風を巻き起こした一台と言ってもいいでしょう。

ハイブリッド2WDモデル

エンジン 直列4気筒DOHCエンジン
最高出力 98ps+72ps(モーター)
最大トルク 142N・m+163N・m(モーター)
燃費 30.2km/L
販売価格 2,905,200円〜
出典toyota.jp

まとめ

今回は、国産SUV車をランキング形式でご紹介してきましたが、スタイリングも燃費性能も申し分ないモデルが揃っていました。
SUVはコンパクトモデルも合わせるとその幅は一層ひろがる上、更にミニバンよりもSUV派が多くなってきた昨今の状況を鑑みると、各メーカーの市場争いは今後も激化が予想されますね。SUVに乗ったことがない方も、SUV好きの方も、人気のSUVの乗り心地を試してみてはいかがでしょうか。

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする