「あと何点残ってる?」は間違い!意外と知らない違反の点数・罰金について

 
交通違反の基本制度を徹底解説!法定速度を20kmオーバーしちゃったから減点、スマホをいじりながら運転したため罰金という覚え方をしている方もいるはず。ですが、交通違反の点数制度は、意外に複雑なのです。今回は、交通違反の点数や罰金についてご紹介します。

免停や免許取り消しの点数とクリアされる期間

自動車等の運転者の交通違反や交通事故に一定の点数を付けて、その過去3年間の累積点数等に応じて免許の停止や取消等の処分を行う制度のことを点数制度といいます。持ち点数は15点で、これを使い切ると取り消しになる制度であるのはドライバーの皆さんはご存知かと思います。
点数制度の主な内容は、以下の通りとなっています。

1. 特定違反行為(酒酔い運転・ひき逃げ等)に付けられている基礎点数
2. 一般違反行為(信号無視・放置駐車違反等)に付けられている基礎点数
3. 交通事故を起こした場合の付加点数
4. あて逃げ事故の場合の付加点数

point

画像出典:flickr/uta-kata

主要な交通違反の基準と違反点数・罰金額

主要な交通違反ですが、運転者が引き起こしやすい違反は以下の通りとなっています。

違反点数2点 反則金9,000円 信号無視(赤)、追い越し違反、踏切停止、安全運転義務違反、携帯電話使用(交通の危険)
違反点数1点、反則金7,000円 信号無視(点滅)、一時不停止、徐行場所違反
違反点数1点、反則金6,000円 携帯電話使用(保持)

累積点数とは

交通違反をすると反則金や罰金が課せられるだけでなく、違反に応じた点数が加算され、それを累積点数といいます。その累積点数が6点以上になれば免許停止処分、15点以上で免許取り消し処分となります。

累積点数の確認の仕方

それでは、自分の点数はどこで調べればいいのでしょうか?もちろん違反をしたことがない方は気にされなくても大丈夫ですが、小さい違反を何度か起こしてしまった方は確認したほうがいいですよね。
自分の現在の累積点数、違反経歴は自動車安全運転センターで発行される「運転記録証明書」や「累積点数等証明書」を申請すれば知ることができます。運転記録証明書は過去5年・3年・1年間の記録について、累積点数等証明書は現在の点数が何点になっているのかを知ることができます。

運転記録証明書

画像出典:jsdc.or.jp

仕事やプライベートで頻繁に車を使うことが多い人はいるでしょう。慣れによる油断で小さな違反を起こしてしまう・・・ただ、その小さな違反の積み重ねで、免許停止・取消処分にまで至ってしまいます。誰も見てないから、取り締まる警察がいないから少しくらい大丈夫かな、と考えずに何よりも自分のために交通ルールを遵守しましょう。

クチコミ情報

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする