シボレー「カマロ」が大幅にマイナーチェンジ!2019年モデルのスペック内容とは?

 
2017年に日本でも販売を開始したシボレーの新型モデル「カマロ」。そんなスポーティーな一台となる新型「カマロ」に、早くも2019年モデルが登場!人気グレード「1LE」に、初の2.0ターボが追加されるなど、強靭な走りだけでなく内外装もグレードアップされています。シボレー新型「カマロ」の最新情報をお届けします!

ニュース

シボレー「カマロ」が大幅にマイナーチェンジ!2019年モデルのスペック内容とは?

2018年4月18日

2017年に日本でも販売されたシボレーの新型「カマロ」ですが、今回は内外装や走行面をアップデートさせた2019年モデルが公開されました。

マイナーチェンジが施された2019年モデルの「カマロ」は、フロントグリルやヘッドライト、前後バンパー、デュアルLEDテールランプに新デザインを採用。V8エンジン搭載の「カマロ SS」は、新たなエア通路となるフロータイ機能が追加され、よりエアロダイナミクスを意識したモデルに仕上がっています。

パワートレインにおいては、サーキット走行可能な人気グレード「1LE」に、初の2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載。最高出力275hp、最大トルク400Nmを発揮し、これまで味わえなかったスポーティーな走りを可能としています。また、この「1LE」には10速(Hydra-Matic)ATが設定される他、ブレンボ製ブレーキが装備されるとのことです。

シボレー 2019 カマロ

画像出典:digitaltrends

機能性も充実

安全面でも強化が図られており、前面衝突警告機能を含む先進運転支援システム(ADAS)を新たに装備。次世代のインフォテイメントシステム”インフォテインメント3″も導入され、従来よりも機能性と操作性がアップされている点も魅力の一つです。販売価格は公表されていませんが、一部メディアでは約300万円〜になると予想されています。なお、2018年後半に登場予定です。

画像出典:youtube
記事出典:digitaltrends

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする