【レクサス】次期「CT」はEVモデルに?PHVも導入し2020年に登場か

 
レクサスのコンパクトハイブリッドカー「CT」。レクサスの"プリウス"とも呼ばれている一台ですが、EVとPHVを加えた次期モデルを2020年に発表するとの噂が入ってきました。デザイン面では新型「UX」から多くのものを共有し、現行モデルからよりスタイリッシュになるとのことです。レクサスの次期「CT」最新情報をお届けします。

ニュース

次期「CT」はEVモデルに?2020年に登場するとの噂

2018年4月17日

レクサスの”プリウス”とも言われている高級ハイブリッドカー「CT」。そんな一台がEVモデルとして2020年に登場するとの情報をキャッチしました。

次期「CT」は、コンパクトSUV「UX」と同様のプラットフォーム”GA-C”を採用し、ボディ剛性の向上だけではなく軽量化も実現されるそうです。また、伝統のスピンドルグリルを取り入れる他、ヘッドライトの形状も「UX」のようなデザインを施すなど、現行モデルよりもシャープな顔つきになるとのこと。

レクサス CT 次期モデル

画像出典:autoexpress

EV以外にもPHVモデルも?

気になるスペックについては、2.0リッターガソリンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデルの他、航続距離約400~500kmにも達するEVモデルが新たに加わるようです。本家”プリウス”と同じようにPHV(プラグインハイブリッド)の導入も噂されており、ライバルとなるテスラ「モデル3」を意識した一台になるとも言われています。

デビューから約7年が経つレクサス「CT」ですが、次期モデルではどんなサプライズを見せてくれるのでしょうか。

レクサス CT 次期モデル

▲コンセプトモデル「LF-Ch」のようなデザインにもナルトの噂も…。

画像/記事出典:driversmagazine

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする