【レクサス】新型「NX」カスタマイズアイテム発売!

 
トヨタモデリスタは今月14日、新型「NX」用カスタマイズアイテムの発売を開始しました。「F SPORT PARTS」として売り出され、エアロキットとして4パーツ、その他2パーツ展開となっています。個別オーダーも始め、店舗で対応可能とのこと。

レクサス「NX」9月にマイナーチェンジ!安全性能強化でデザインはタフに

2017年3月27日

レクサス「NX」が9月頃マイナーチェンジをするとの情報が入ってきました。

今回の改良ではオートハイビームやレーダークレーズコントロール搭載の「レクサスセーフティスステム+」を標準化し、安全性能を強化。インテリアでは以前より大型化を望む声も多かった7インチパネルを10.3インチに変更します。パワートレインに変更はないと予想されていますが、ヘッドランプやグリルなどエクステリアには変更が施されるようで、最近のレクサスSUVの傾向から推し量るとよりタフなスタイリングが予想されます。
レクサス「NX」は発売当初年間1万台を売り上げる人気を誇っていましたが、3年が経ち現在はその勢いも落ち着き気味。マイナーチェンジで人気回復を狙います。公開は4月の上海モーターショーを予定とのことです。
レクサス

画像出典:lexus
記事出典:bestluxurysuv

マイナーチェンジを施したレクサス「NX」が2017年登場予定との噂

2017年1月6日

レクサスのミドルサイズSUV「NX」が、マイナーチェンジを施し2017年に登場するとの情報が入ってきました。

マイナーチェンジを予定している新型「NX」では、新たなグレード「NX300」がラインナップに追加されるとのこと。3.5リッターV6気筒エンジンを搭載し8速ATとの組み合わせが実現され、これまで展開してきた「NX200t」や「NX300h」といったグレードでは味わえないハイパフォーマンスな走りが楽しめることになりそうです。また、速度域を問わず衝突回避が可能な安全支援システム「レクサス セーフティー システム+」が新たに採用される見込みであり、昨年マイナーチェンジした新型スポーツセダン「IS」と同様にオプション装備ではなく標準装備されるのではないかと噂されています。

レクサス NX

新型「NX」予想スペック

エンジン 3.5リッター V6気筒エンジン
トランスミッション 8AT
最高出力 262ps/6,000rpm
最大トルク 34.2kgm/4,600rpm
画像出典:lexus
記事出典:record

レクサス「NX」に特別仕様車「アーバンスタイル」が登場

2016年11月25日

レクサスは、ミドルサイズSUV「NX」に特別仕様車「アーバンスタイル」を新たに設定し、11月24日から販売を開始しました。

レクサス NX アーバンスタイル

この特別仕様車「アーバンスタイル」は、同車のグレード「I パッケージ」がベースとなり、標準モデルよりスタイリッシュかつ都会的なイメージを与えるスタイリングが印象的となっています。具体的には、スピンドルグリルやドアミラー、アルミホイールといったパーツをブラックカラーに仕上げるほか、ボディカラーと同じカラーリングを採用したフェンダーアーチモールにより全体を引き締める効果を発揮。ボディカラーにおいては、全5色と豊富なバリエーションとなり、インテリアカラーでも全3色を用意しています。ワイルドさもアップした特別仕様車「アーバンスタイル」ですが、実際にどんな乗り心地なのか気になるところです。

特別仕様車「アーバンスタイル」販売価格

NX300h アーバンスタイル 5,160,000円(FF)
5,420,000円(AWD)
NX200t アーバンスタイル 4,520,000円(FF)
4,780,000円(AWD)
画像・記事出典:lexus

レクサス「NX」が一部改良を施し全国販売開始

2016年08月29日

レクサスの高級SUV「NX」は一部改良を施し、8月25日から全国販売が開始されました。
今回の一部改良では、ボディーカラーに「Fスポーツ」専用となるラヴァオレンジクリスタルシャイン、ヒートブルーコントラストレイヤリングの2色を追加。このカラーを選択すると内装でも同色のステッチが施された空間を楽しむことが出来ます。機能面ではLTE通信を可能としており、G-リンクサービス内の「LEXUS Apps」又は「マップオンデマンド」をスムーズに操作可能。一層の購入者の満足度向上が期待出来る変更となっています。

LEXUS_NX300h_01

画像/記事出典:lexus
買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする