車中泊も快適に過ごせるゆったり室内な車ランキング

 
車中泊でも快適に過ごせる車を厳選してご紹介!車内泊ができる車があれば、アウトドアするのにとっても重宝しますよねが、一体どのようなタイプの車が人気があるのでしょうか?今回は車内泊におすすめの車をランキング形式でまとめました。

第5位 スバル「フォレスター」

スバル「フォレスター」の特徴は、なんと言ってもクッションが柔らかいこと。シートのクッション性が高いので、座席を倒して寝ても身体が痛くなることがあまりありません。車内泊するには非常に適した車です。居住性はミニバンなどに比べると、少し劣る部分があるようです。
フォレスターは「エクストレイル」と比べられることが多いですが、そこまで劣る車種ではありません。燃費・操縦性・小回りの面では「フォレスター」に軍配が上がるという声が多いです。ただ車内泊において「エクストレイル」と「フォレスター」は、互角の心地よさを誇っています。

Vehicle-night_01

画像出典:subaru.jp

第4位 日産「セレナ」

「セレナ」はなんといっても空間の広さが売りです。スマートマルチセンターシートというシートの機能があって、可動域を非常に広くすることができます。この機能を使えば、「セレナ」は7人乗りにも8人乗りにもなるようです。
ミニバンの中ではトップクラスのシートアレンジ性能を持っている日産の「セレナ」。使い道が何通りもあるのがこの車のよさかもしれませんね。

Vehicle-night_04

画像出典: nissan.co.jp

第3位 ホンダ「ステップワゴン」

ホンダ「ステップワゴン」は家族で使うことを強く意識して設計された車です。車の基本的な設備はすべて、子供が使うことを視野に入れているのでファミリー向けといえます。家族で車内泊する予定のある方にはとくにおすすめです。
シートアレンジや空間の広さもさることながら、連結マットやハンモックテーブルも兼ね備えています。磐石な機能を携えた、車内泊するのはピッタリの車となっているのです。

Vehicle-night_02

画像出典:honda.co.jp

第2位 日産「エクストレイル」

「エクストレイル」は日常使いよりもオートキャンプをしに行く目的で購入する人が多い車です。SUV特有の快適性によって、車内泊をどの車よりも楽しめるような設計になっています。シートエクステンダーという膨張式のクッションを搭載しているので、ガタイのいい男性ばかりの車内泊でも余裕の快適さです!

Vehicle-night_05

画像出典:nissan.co.jp

第1位 トヨタ「ハイエースバン」

トヨタ「ハイエースバン」のいちばんの魅力というと、積荷スペースの大きさです。荷室高が1,300mm以上の大容量で、キャンプ用品一式を車に乗せてもまだ余裕があるような車内設計です。本格的なキャンプをしたいという家族にはたいへんおすすめの車になります。
シートアレンジも自由自在なので、カスタマイズして車内泊を楽しむことができるでしょう。車内泊の王道とも呼ばれている車です。

Vehicle-night_04

画像出典:toyota.jp

【番外編】近年は軽自動車の車中泊も

広々とした室内で車中泊するには申し分のないSUVやミニバンですが、近年では軽自動車で車中泊するもの話題となっています。特に軽自動車でも人気の高いホンダ「NBOX+」は、シートがフルフラット(ベッドモード付き)になる他、オプションで車中泊専用カーテンとシェードを用意。本格的にアウトドアを楽しむ方や、ドライブ途中で仮眠する方にとっては心強い一台となっています。

N-BOX+

画像出典:honda

まとめ

車内泊はシートの心地よさに目が行きがちですが、やはり空間の大きさというのも注目しておきたいポイントですね。車を使う人の家族構成や車内泊する頻度によって、どんな車をチョイスすればいいのか変わってきます。下調べをじっくりして、車内泊できる車を購入したいですね。

画像出典:flickr/iskws

車中泊に関連おすすめ記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする