【ホンダ】「シャトル」全車両にホンダセンシング標準装備

 
ホンダ「シャトル」、9月15日より販売開始。全車両にホンダセンシングを標準装備したことで安全性能が向上。さらにパワートレイン部にも改良を施し、低燃費かつパワフルな走りも実現しているようです。

ニュース

【ホンダ】「シャトル」全車両にホンダセンシング標準装備

2017年9月15日

ホンダ・シャトル

画像出典:honda

ホンダは9月14日、「シャトル」全車両にホンダセンシングを標準装備することを発表しました。発売は9月15日より開始。

ホンダセンシングとは、ミリ波レーダーと単眼カメラからなるシステムで、誤発信抑制機能や標識認識機能、車線維持支援機能等、計8つの安全機能を搭載し、ドライバーの負荷を軽減してくれます。

また、ハイブリッド・ガソリンそれぞれのパワートレイン部にも改良を施し、さらに低燃費の走りが実現している模様。特にハイブリッドモデルにおいては、34.4km/Lという、クラストップの燃費性能を記録しているようです。

今回の改良によって、よりパワフルかつ安定した運転が楽しめそうです。

画像出典:youtube
画像出典:honda

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする