コーティング剤は撥水タイプ?親水タイプ?おすすめランキングを紹介!

 
コーティング剤は、雨水や汚れ等から車を守るカーアイテムの一つです。最近では艶出し効果に優れたタイプや、超撥水タイプなども登場しています。今回はコーティング剤の種類やおすすめランキングを紹介します。

Contents

コーティング剤とは?

車 オススメ コーティング剤

画像出典:flickr

コーティング剤は、雨水や汚れ等から車を守るカーアイテムの一つです。最近では艶出し効果に優れたタイプや、超撥水タイプなども登場しています。今回はコーティング剤の種類やおすすめランキングを紹介します。

コーティング剤の種類

親水タイプ メリット:ウォータースポットができにくい
デメリット:コーティング効果が実感しにくい
撥水タイプ メリット:防汚性に優れている
デメリット:ウォータースポットができやすい
疎水タイプ メリット:適度に防汚性に優れている
デメリット:大雨などの場合は効果が薄い
超撥水タイプ メリット:最も防汚性に優れている
デメリット:効果持続時間が短い

コーティング剤は大きく分けると上の4種類に分類されます。撥水タイプについてピックアップすると、防汚性に優れている一方で「ウォータースポット」という、太陽光焼き付き現象が起こる可能性があります。特にボディカラーが濃い(黒色・紺色など)車への使用は避けた方が良いでしょう。コーティング剤を選ぶ際には、それぞれの特性についても知っておきましょう。

コーティング剤の人気ランキングTOP10を紹介!

コーティング剤は、現在非常に多くの商品がラインナップされています。そこで今回はコストパフォーマンスの高さに重点を置いてピックアップしました。

第10位 SONAX(ソナックス) ブリリアントシャインディテイラー

洗車後に吹きかけて拭くだけで効果を発揮するという、簡単なスプレータイプのコーティング剤です。撥水力が高いうえに持続期間は3ヶ月と優秀。汚れだけではなく雨にも強い点が特徴的です。

「ブリリアントシャインディテイラー」参考動画

画像出典:youtube

クチコミ情報

第9位 ピカピカレインPREMIUM(プレミアム)滑水性[TOP-PREMIUM] HTRC3

滑水タイプで、一度使用することで3年間もワックスいらずという驚異的なコーティング剤です。他と比較すると金額はやや高めですが、3年間ノーワックスで済むという点を踏まえると、コストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。ガラス成分が塗装面に入り込むため小キズ程度であれば目立たなくなり、さらにガラスコート保護膜により抜群の光沢力を発揮します。

「ピカピカレインPREMIUM」参考動画

画像出典:youtube

クチコミ情報

第8位 ミラリード(MIRAREED) コーティング剤 ペルシード(pellcid) ナチュラルガラスエッセンス

塗装表面のクリア層をガラス化させて透明に保つという、ガラス系浸透タイプのコーティング剤。塗装された本来の色を綺麗に浮き立たせます。また施工方法が簡単という点が特徴的で、汚れた際のメンテナンスも水洗いのみという手軽さです。

「ミラリード」参考動画

画像出典:youtube

クチコミ情報

第7位 WAKO’S(ワコーズ) SH-R スーパーハード 未塗装樹脂用耐久コート剤 W150

このコーティング剤は、水晶の構成物質の一つであるケイ素が使用されている点が特徴的です。使用するとボディに硬い被膜をはり、色落ち気味の箇所も蘇らせてくれます。艶感は非常にナチュラルで持続期間はなんと半年から1年。そのうえ耐熱温度は300℃もあるため、エンジンに近い部分にも使用できます。

「SH-R スーパーハード」参考動画

画像出典:youtube

クチコミ情報

第6位 PROSTAFF(プロスタッフ) コーティング剤 CCウォーターゴールド

ボトルのパッケージのように、購入時同様の輝きが取り戻せるコーティング剤です。洗車後にスプレーを吹きかけて専用クロスで拭き上げるだけ、という手軽さが魅力的です。また艶出しだけでなく透明感や輝きを与え、紫外線による劣化を防止するUV吸収剤も配合。ボディ以外にも窓、ホイール、ダッシュボードなど様々な箇所にも対応しています。

「CCウォーターゴールド」参考動画

画像出典:youtube

クチコミ情報

第5位 SurLuster(シュアラスター) コーティング剤 親水 ゼロウォーター

使用方法はとても簡単です。洗車後のボディの水滴を拭き終える前に、シュッとひと吹きするだけ。ボディだけでなくダッシュボードやホイールにも使用できます。さらに重ねれば重ねるほど被膜の層が厚くなり、汚れが落ちやすくなるという優れモノ。効果を持続させたい場合は、数ヶ月に1度の頻度で使用すると良いでしょう。また単体購入からお得なバリューパック購入もでき、撥水タイプもあるという幅広い商品展開も魅力です。

「ゼロウォーター」参考動画

画像出典:youtube

クチコミ情報

第4位 CARMATE(カーメイト) 脱脂剤 コーディング剤 黒樹脂復活

強い日差しを浴びたり雨風にさらされているうちに、樹脂部分が白っぽく変色してしまうことがあります。この商品はそれを新品のように戻すことができるコーティング剤です。口コミによると、塗り終えてから1日おいた後に拭き取り作業を行うと仕上がりがキレイになるそうです。黒色の樹脂以外にも使用できます。

「黒樹脂復活」参考動画

画像出典:youtube

クチコミ情報

第3位 SOFT99(ソフト99) コーティング剤 フッ素コート鏡艶

このコーティング剤は、塗り広げていくだけで拭き取る必要がないため非常に簡単です。雨水を弾くだけでなく油汚れにも強いため、美しい車体を保つことができます。何度も塗り重ねると艶が出るうえに強度もアップします。ボディだけでなくメッキ部品などにも使用可能。こちらはダークカラー専用ですが、ライトカラー専用もラインアップされています。

クチコミ情報

第2位 CCI(シーシーアイ) スマートミスト ボディコーディング

洗車後に吹きかけ、柔らかい布で拭き取るだけというお手軽さが魅力的なコーティング剤。しかもどのようなカラーにも使えるという点は特徴的です。塗布後は雨水をしっかり弾き飛ばしてくれます。撥水効果の高さについては多くの利用者が太鼓判を押しています。これ1本で中型車12回分を賄うことができるため、ぜひコスパの良さを実感してみてください。

「スマートミスト」参考動画

画像出典:youtube

クチコミ情報

第1位 WAKO’S(ワコーズ) VAC バリアスコート

新開発のWハイブリッドポリマーが採用されており、スッキリとした透明感を持たせつつ奥深い発色効果が期待できます。口コミでは非常に多くの方が「手軽に高い効果が実感できた」と感じているようです。中性の保護剤なのでボディはもちろん、樹脂などにも使用できて便利です。

「バリアスコート」参考動画

画像出典:youtube

クチコミ情報

まとめ

コーティング剤は種類によって特徴が異なり、価格についても非常に幅広くラインナップされています。どのコーティング剤が自分の愛車に合うか悩みどころですが、ぜひ比較検討しつつ最適な商品を選んでくださいね。

コーティング剤に関する記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする